こんな女友達がいたら…理想の女友達と出会うために

多くの人たちが友達といえる存在を持ち、彼らと一緒に長い時間をすごしています。しかしふとした瞬間にいつも一緒に楽しんでいる友達に対して疑問を覚えたり、気を遣っている自分を発見したりすることは少なくありませんよね。
心から打ち解けられる交友関係を築くためには、まず自分の中にある理想的な友達の定義を見直してみましょう。自分が人に何を求めているか分かれば、人間関係の築き方も変わるでしょう。

理想の女友達って?

一般的に「友達」と呼べる人とは楽しい時間を共に過ごせる人ですが、そうした存在は職場の同僚にもいるでしょう。しかし職場からプライベートな時間まで一緒にいたいと思える存在は多くありません。

時間の過ごし方と距離感が等しい人

心から打ち解けて友達と呼べる人は、時間の過ごし方と距離感が等しい人です。例えば旅行に行った際、どのくらい自由に単独行動する時間を作るかは人によって異なります。
そうした時間と距離感が近い同性は、いつも一緒にいても苦痛にならない理想的な友達でしょう。日常的に連絡を取ったり会ったりする頻度も、自然とお互いにとって負担にならないものです。

1 相談に乗ってくれる

どんな人でも長い人生を生きている過程で挫折することがあります。人間は悲しみを一人で克服することはできませんから、そばにいる人に打ち明けて共有したくなるでしょう。
本当に自分のことを大切に思ってくれる女友達は、必ず相談に乗ってくれるものです。
世の中には人が苦しんでいることを喜んだり避けたりする人がいますが、そういう人とは浅い次元の友達にはなれても真の友情は結べません。

人生を前向きにしてくれる

家庭の悩みや失恋の苦しみを受け入れて聞いてくれる友達がいれば人生が前向きになります。人の苦難を自分の悲しみとして受け止めてくれる女友達がいれば心が救われますよね。

2 ライバルだと思えるような存在

休日を一緒に楽しめたり愚痴を聞いてくれたりするような女友達は魅力的ですが、一方で刺激が足りないと感じることもありますよね。どのような人間関係であっても、本当に密度が濃いのは相手をライバルとして意識できた時です。
特技の世界や会社で自分のライバルだと思えるような女友達ができれば、その人の存在を意識してより一層努力できるため理想的でしょう。その人がいるおかげで、前向きに自分を成長させられるのです。

自分の欠点に気づけることも

またライバルがいることで意識できなかった自分の欠点を理解することもありますので、そうした女友達は成長の幅を拡大してくれます。

3 自分にはないものを持っている

馬の合う人とは友達になりやすいですが、一方で自分にはないものを持っている人から受ける影響は大きなものです。あまり悩まないポジティブな女性だからこそナイーブな女性から人の機微を学べることがありますよね。
理想的な友達関係とは、二人が一緒になることでお互いに成長できる関係です。

選択肢の幅を広げてくれることも

また将来へのビジョンが全く異なる友達ができれば、選択肢の幅が広がるでしょう。例えば社会的なキャリアを積んで生きて行きたいと思っている女性が専業主婦になりたい友達を持った場合、家庭生活に対する憧れを刺激されることもあるのです。
また互いの趣味が異なるからこそ足を運べる場所が広がることもあるでしょう。

4 正しい倫理観を持っている

“男性との関係に関わらず、経済的な価値観や人道的なモラルなど、人間には譲れない倫理観があります。こうしたモラルが噛み合っていない女性とは一時期だけ友達になれても長くは続かないものです。倫理観は互いのマナーを築く基盤ですから、我慢を重ねるような関係になってしまうでしょう。

岐路に立ったとき力を貸してくれることも

逆に倫理観を共有できる女友達がいれば、自分が人生で間違った方向に進みそうになった時に矯正してもらえるでしょう。好きになってはいけない男性を好きになりそうになった時、止めてくれる人がいれば自分の未来が守られます。

5 人と人を結びつける力を持っている

同性同士の関係は気楽ですが、異性が絡むと破綻してしまうことが少なくありません。同じ男性を好きになったり合コンで魅力的な男性を取り合ったりした場合、傷つけあうことになる関係は友情とは呼べません。
尊敬できる女性は人と人を結びつける力を持っています。男性の問題が絡んだとしても自分の立場を立ててくれるような人は理想的な友達になれます。

男女関係でトラブルを起こす人には注意

逆に男女関係でトラブルを引き起こすような人には気をつけましょう。自分の彼氏と連絡先を交換してしまうような友達は一見フランクですが、注意が必要です。

6 素のままの自分を見せられる

人は一歩外に出ると社会的な仮面を被るものです。世間体を守りながら話せる友達も大切ですが、素のままの自分をさらしても安心できる人こそ本当の友達ですよね。物理的にも、いつもバッチリメイクで着飾っていないと会えないような友達は気を遣ってしまいます。

相手も素を出せることが理想

失敗してしまったことや人には言えない一面を打ち明けても認めてくれるような人だからこそ、真実の絆が結べます。
またそこからネガティブな方向に叱責するのではなく、素の自分にポジティブな言葉を投げかけてくれる人こそ理想的な友達でしょう。

まとめ

学生から社会人まで長く様々な環境で生きていくと、時に失敗したり寂しさを覚えたりすることがあります。同性と密度の濃い理想的な友達関係を築いていればそうした時間を前向きに埋められますので、人生を充足させるためにも欠かせない存在ですよね。
距離の近しい友達がいる人は自分を見直したり成長させたりするチャンスが増えますから、人よりも成熟した大人になれます。今いる友達と結んでいる関係が希薄だなと感じる時は、自分が相手にとって理想の友達になれる努力をすることも大切でしょう。
また理想の友達を得ることができれば、仕事や生活に対するアプローチが変わるでしょう。