一緒にいるために!めんどくさい女性の特徴とそう感じるポイント

好きな男性にはいつまでも愛されるような女性でありたいですよね。しかし女性の何気ない行動や態度が、男性から見ればめんどくさいと思われてしまうこともしばしばあるのです。
それが原因で別れを切り出されたりしないようにするために、まずはどのような女性がめんどくさいと思われるのか、その特徴をいくつか紹介していきます。

今の彼氏と長く一緒にいたい…

大好きな彼と長く一緒にいたいと思うのであれば、相手にもそう思ってもらえるような女性になる必要があります。ただ相手のために尽くせば良いというものではないのです。男性はどんな彼女を求めているのかを考えながら、彼女としての在り方を考える必要があります。実際にめんどくさいと思われる女性の特徴は様々で、1つだけではありません。人によっても感じ方が異なるので、目の前に彼がどう思っているのかを知ることが必要不可欠なのです。
ずっと一緒にいたいという願いを叶えるためにも、自分がめんどくさい女になっていないか一度チェックしてみましょう。

1 連絡をしつこく要求してしまう

どんなときでもやり取りをしていたいという願望や、どこにいて何をしているのかを逐一把握しておきたいという願望を持つ女性は、その束縛の強さからめんどくさいと思われてしまいます。付き合っているとは言え、男性にも1人の時間がほしいですし、友達や家族との時間を大切にしたいというときもあります。
そんな気持ちを無視して、こまめに連絡を要求するようなことをすると、男性も疲れてしまいます。

適度な距離を保って

付き合い始めは恋人同士のやり取りが楽しくて頻繁に連絡を取る人もいますが、慣れてくると徐々に減っていくのは自然なことです。それに対して「前みたいに連絡をちょうだい」と要求したりしていないでしょうか?彼の事情やペースがあるということを考えてあげるようにし、連絡をしつこく要求しないように気を付けましょう。

2 感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しいということはありませんか?人間なのですから、楽しい時には笑い、怒りたいときには怒るというのはごく自然なことです。しかし、その起伏が激しすぎると、男性はどう接していけばいいのか分からなくなってしまいます。普通に会話をしていたにもかかわらず、突然怒り出してしまったり、何も言っていないのに突然何かを思い出して泣き出したりと、感情が激しいとついていけません。

感情の出し方

最初は優しく対応してくれるかもしれませんが、あまりにも頻繁だとめんどくさくなってしまうのも無理はありません。常に笑っていなければならないというわけではありませんが、会話やその場の雰囲気などから自然と導き出されるような感情の出し方を心がけるようにしましょう。

3 常に自分が正しいと思っている

今までの生活環境の違いなどから、人はそれぞれ考え方が違います。女性にとって普通のことでも、男性からすれば普通ではなかったり、その逆もあります。これは人間として当たり前のことですし、それを話し合って歩み寄っていくことが大切なのです
。しかし自分の言動がすべて正しいと思い込み、それを軸としてしまうと、男性はひたすらそれに合わせていかなければならなくなります。それを指摘されると怒り出したり、泣き出したりしてしまう場合があるので、男性はめんどくさくなってしまうのです。

相手の意見も聞くことが大切

意見が対立するようなことがあれば、必ず相手の意見も聞くことが大切です。その上で自分の主張も行い、お互いに歩み寄っていくような付き合い方をすれば、めんどくさく思われないでしょう。

4 必要以上に期待をしてしまう

必要以上に男性に期待をする女性もめんどくさいと思われがちです。誕生日にはサプライズを行ってくれると勝手に期待されたり、デートのプランは率先して練ってくれるなど、男性が言ったわけでもないのに勝手に期待をされてしまうのです。
男性からすればイベントがあるたびにサプライズをしなければならないのかと思ってしまいますし、デートプランを一緒に練るということはやってくれないのかとガッカリしてしまいます。

交際そのものに疲れを感じさせてしまう

こういった必要以上の期待は、めんどくさいというだけではなく、交際そのものに疲れを感じさせてしまいます。まったく期待をしないというのも男性のプライドを傷つけてしまうことになりますが、過度な期待はしないというのが大切です。

5 他の女性との絡みに嫉妬してしまう

他の女性を褒めると機嫌を損ねるというところにめんどくささを感じる人もいます。好きな男性には自分だけを見てほしいですし、他の女性を褒めたりしてほしくないという人もいるでしょう。
そんな女性を可愛らしいと思う男性も多いのですが、場合によってはめんどくさいと思ってしまう可能性があります。例えば、女性が自分から「あの人どう思う?」と聞いてきたのに対し、素直な感想を述べたら機嫌を損ねるというケースです。それなら最初から聞かなければいいのにと思うのが率直な男性の意見です。

6 過去の恋愛を掘り返す

大好きな彼は、過去にどんな恋愛をしてきたのかが気になりますよね。しかし男性は、過去のことは思い出として胸にしまっているのに、それをわざわざ話すのは嫌だと思っている場合もあります。
そんな彼に対してしつこく聞くのはめんどくさい女そのものです。過去の恋愛を参考に、より幸せな2人になるためにはどうすればいいのかを考えたいという前向きな気持ちであれば、彼も素直に話してくれるかもしれません。

話すことが後悔につながることも

しかし、昔好きだった女性との話しを聞いて、やきもちを妬いたり機嫌が悪くなったりするのであれば「やっぱり話すべきではなかった」という後悔に繋がります。大好きな彼のすべてを把握したい気持ちも愛情の1つかもしれませんが、彼が話したくないという場合にはしつこく聞くのはやめましょう。

まとめ

男性に愛される女性というのは、外見の良さや気配り上手というだけではありません。男性が嫌だと思うことを理解し、それを避けた付き合い方ができるのです。
しかしめんどくさい女性になってしまうと、自分中心で振舞うのが当たり前になってしまい、何が悪いのかにも気づけなくなってしまいます。
せっかく素敵な男性と付き合うことができたとしても、徐々に相手の態度が素っ気なくなっていって愛想を尽かされてしまう可能性もあるのです。そうならないようにするためにも、女性がやってしまいがちなめんどくさい言動には注意をしましょう。