pmsって何?pmsの症状や、症状を和らげる方法を徹底解説

1ヶ月に一度、何だかイライラしてしまったり、だるさを感じたり、とにかく甘いものが無償に食べたくなったりする、そんな症状に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?それらの症状はpms(月経前症候群)と呼ばれるものかもしれません。pmsとはどのような症状のものなのか?改善する方法はあるのかなどについて調べてみました。

pmsとは

pmsとは日本語では、月経前症候群と呼ばれています。生理が始まる前の約2週間の黄体期に起こる身体や心の様々な不調のことを言います。黄体期とは、基礎体温で言うと高温期の時期にあたります。個人差はありますが、生理が始まるとそれらの症状は自然と治まり、軽くなっていくことが多いです。
多くの女性が、pmsによる何らかの症状を抱えていると言われていますが、まだpmsという名称の認知度は低いため、何が原因で不調が起こるのかわからずに苦しんでいる人もたくさんいるようです。

これってpms?pmsの症状

pmsには様々な症状があります。身体だけでなく精神面にも影響を及ぼすため、その症状は多岐にわたります。身体の症状で言うと、眠気や不眠の症状、便秘や下痢、頭痛などがあります。さらには乳房に張りや痛みを感じる人もいるようです。わけもなく食欲が増進して、甘いものがやたらと食べたくてたまらなくなったりする人もいます。

精神面での症状

精神面では、イライラして憂鬱な気分になる人が多いようです。怒りっぽくなってしまったり、仕事などに集中できなくなったりするなど、様々な症状があります。それらのpmsの症状は、約200種類もあると言われています。

実際のpmsの症状経験談

実際によく報告されているのが、身体面では頭痛や腹痛といった症状です。頭痛は、鈍い痛みが長く続くことが多く、治まったかな?と思ってもまた重たい痛みが襲ってきます。
頭の中からドンドンと叩かれているような、割れるような痛みが続くときもあり、最終的には頭を抱え込むほどになってしまいます。

生理痛にも近い腹痛

腹痛は、下腹部に鈍い痛みが起こります。生理痛にも近いような痛みですが、内部からお腹を押されているような嫌な痛みが続き、便秘を伴うことが多いのでさらにお腹の張りなども加わって苦しくなってしまうことがあります。

知っておきたいこと

様々な不快な症状を引き起こすpmsですが、実際にはどのくらいの女性がその症状に悩んでいるのでしょうか?データによると約8割の女性がpmsの症状に悩んでいると判明しています。20から30代の女性に特に多く見られるため、pmsだと気づかない人もいます。

まずはpmsと認識することが大切

pmsの症状と上手に付き合っていくためには、まずは毎月起こる症状がpmsのものであることを認識することが重要です。周期がわかれば、今の苦しい状態は一時的なものだと理解し、乗り切ることができます。先に触れたように、pmsの症状は多岐にわたり個人差もあるので、他の人と違う症状があることも十分に考えられます。

pmsを緩和させる方法

pmsの症状を緩和させるには、食事の内容を見直すことも効果的です。食生活は身体をつくるためだけでなく、精神面にも影響を与えています。具体的には、血糖値が急激に上がるようなものは避けましょう。
果物やチョコレートなど糖分が多いものが該当しますが、血糖値が急激に上がることで、食欲が増進し、イライラが増してしまうこともあります。でんぷんを含む穀物類など、ゆっくりと時間をかけて血糖値を上昇させることができる食品を選びましょう。食事を1日に4から6回に分けて摂る方法も効果的です。

pmsを緩和させる薬

pmsの症状を緩和させるために作られた薬に、プレフェミンという市販薬があります。プレフェミンは、日本で初めてpmsへの効能を取得した西洋のハーブを使用した薬ですので、効果が期待できます。
プレフェミンの有効成分であるチェストベリーという西洋ハーブは、ヨーロッパにおいてはpmsや、月経不順、その他婦人系の疾患に使用されています。
チェストベリーには、女性ホルモンの分泌を正常化させる働きがあるため、女性ホルモンの分泌不足による婦人系の症状や、pmsなどに効果的であると言われています。

上手な付き合い方

pmsの症状と、セルフケアを行いながら上手に付き合っていくには、日常生活を見直すことが効果的です。不規則な生活や、バランスの悪い食生活を送っていないか、見直してみましょう。ライフスタイルが乱れていると、免疫力の低下を招き、様々な身体の不調や病気を引き起こしかねません。バランスの摂れた食事をし、アルコールやカフェインはなべく控えましょう。
特にアルコールやカフェインは、pmsのイライラの症状を悪化させる可能性があります。さらに、適度な運動を少しずつでも行うことを心がけていきましょう。

まとめ

pmsの症状は個人差があり、ほとんど感じない人もいれば、その時期になると起き上がるのも嫌なほど、身体的にも精神的にもダメージを受けてしまう人もいます。数ある症状の中には、日常生活を見直すなどのセルフケアで改善されるものもあれば、頭痛や腹痛などの激しい痛みを伴うものは薬の使用なしでは症状の緩和が難しいものもあります。
耐えきれないほどの痛みを感じていたり、自分ではどうにもできない程イライラしてしまうような精神面での辛さを抱えている人は、一人で悩まずに、医療機関に相談してみることも必要です。