女性ホルモンとは?役割や効果を基礎から解説!

女性ホルモンの影響で女性の身体に不調が起こるという話をよく耳にしますが、そもそも女性ホルモンとはどういったものなのでしょうか?
女性ホルモンによって起こる不調を回避するためには、正しい知識を得ることが必要です。そこで女性ホルモンの種類や、女性の身体に与える影響、またホルモンバランスの乱れにより引き起こされる様々な問題などについて調べてみます。

女性ホルモンとは?

女性ホルモンとは、一生涯、女性の身体や肌、精神面や脳にまで影響を与え続ける物質の総称です。
女性の身体や心をすべてコントロールしています。わけもなくイライラ怒りっぽくなったり、不安が押し寄せてきたり、夜眠れないといった症状も女性ホルモンが影響していると言えます。

ホルモンの乱れは様々な不調を引き起こす

また、生理痛や生理不順をはじめ、腹痛や頭痛、むくみや肩こりなどの身体の不調もホルモンの影響であると考えることができますし、シワやシミなどのお肌に関するトラブルもホルモンが絡んでいると言えます。女性ホルモンは、卵巣から分泌されています。

女子ホルモンの種類

女性ホルモンには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があります。女性ホルモンの分泌は、脳(視床下部)が下垂体にホルモンを分泌するように命じることから始まります。
この命令を受けた下垂体は、性腺刺激ホルモンの分泌を促します。この性腺刺激ホルモンには、「卵胞刺激ホルモン」と「黄体化ホルモン」の2種類があり、これらが卵巣に働きかけることで、卵巣からエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されることになるのです。

女性ホルモンのはたらき

2種類の女性ホルモンのはたらきについてみてみましょう。まずエストロゲンは、子宮に作用して子宮内膜を厚くするはたらきがあります。子宮内膜とは受精卵のベッドとなります。
また、一般的な女性らしさをつくるホルモンとして、乳房の成長や、骨や筋肉、脳のはたらきなどにも関係しています。思春期頃から分泌量が増え、30代でピークに達します。
次にプロゲステロンには、子宮内膜を受精卵が着床しやすい環境に整え、体温を上昇させ、妊娠を助けるはたらきがあります。妊娠していれば、分泌が続きますし、妊娠していないと分泌量は減少します。

生活への影響

女性ホルモンが低下すると、女性の身体には様々な部分で影響が出てきます。女性ホルモンは、女性の身体全てに働きかける大事なホルモンです。
女性ホルモンは、脳の指令によって分泌されていますが、分泌量が急激に低下することによって、自律神経にも影響を及ぼします。そのため、精神面で心のバランスがとれなくなり、イライラしたり、落ち込みがちで憂鬱な気持ちが続いたりしてしまうことがあります。
女性ホルモンは強いストレスなどにも影響されやすく、分泌が低下すると心も身体も女性らしさが減少していく可能性があります。

女性ホルモンの分泌促進方法

女性ホルモンの分泌を促進するには、ツボ押しが効果的です。女性ホルモン分泌に効果的なツボは、左右のバストトップの中間の位置にある「壇中」、おへそとみぞおちを縦に結んだラインの中間地点である「中院」、バストトップから10センチほど外側の脇の下にある「渕腋」があります。
基本的には、程よい痛みを感じる程度の強さで、3から5秒圧をかけていくようにし、さらにゆっくり離すことを繰り返してください。ツボ押しは、場所さえ知っていれば、どこでも簡単にできるので手軽に取り組むことができます。

女性ホルモンが乱れるとどうなる?

女性の身体は、2種類のホルモンがバランスよく分泌されることが理想と言われています。そのため、ホルモンバランスが乱れることにより、身体に様々な不快な症状が出ることがあります。

pmsを引き起こす場合も

ホルモンバランスの乱れは、pms(月経前症候群)や、月経困難症、月経不順(月経異常)、さらには無月経などを引き起こす可能性があります。
特にpmsは、頭痛や腹痛、精神的なイライラや鬱など様々な症状が報告されており、悩んでいる女性は多いと言われています。また月経困難症においては、生活に支障をきたすほどの重い生理痛を引き起こすことがあります。

女性ホルモンがどれくらい分泌されているかを知る方法

女性ホルモンの分泌量は、クリニックや産婦人科のある病院であれば検査によって知ることができます。検査の種類には、「エストロゲンの検査」、「卵胞刺激ホルモンの検査」、「プロラクチンの検査」があります。

検査の費用

検査費用は5000円程度ですが、初診の場合は初診料が必要になります。検査によって、それぞれの数値を把握することができれば、理由の分からない自分の不調の原因を知ることができるかもしれません。色々と悩んでストレスを抱えてしまうと、ホルモンバランスの乱れに繋がるため、気になる時は検査を受けるとよいでしょう。

まとめ

女性ホルモンは、女性の身体全体に大きく関わっていることが分かりました。肌の調子が悪いといった軽い症状から、ひどい腹痛や精神的なイライラなど、ホルモンバランスの乱れによって起こる不調はたくさんあります。
女性の身体には常に何らかの症状が出ていると考えてもおかしくはありません。日常生活を見直すなどし、ホルモンバランスを正すことが必要です。女性である限り、いつまでも若々しく女性らしくいたいと考えている人も多いでしょう。
年齢と共に減少してしまう女性ホルモンを維持し続けられるよう努力していきましょう。