ソフレは本当に安全?ソフレのメリットとデメリットを解説

添い寝するだけの異性の友達ソフレは、異性と深い関係に進展しなくても、恋している時のときめきやドキドキを味わえることで話題です。恋人関係になると、喧嘩やヤキモチなど面倒なことが増えます。
しかし、ソフレはちょうど良い距離感でお互いが甘えあえる特徴があり、一人きりで眠る寂しさも解消できる心地よい関係です。今回はソフレの関係について調べて行きましょう。

ソフレとはそもそもどういう相手?

ソフレとは添い寝フレンドの意味で、一緒に寄り添って眠る関係のことをいいます。肉体関係はありません。お互いを癒し合う効果を期待できます。肉体関係に発展はしないものの、キスをしたりいちゃいちゃしたりと、濃密に触れ合うことも多く、実際にはただ一緒に眠るだけというわけではありません。
お互いの鼓動や温もり、触れ合いから安心感やリラックス効果も得られ、ストレスを緩和できたりとメリットは盛り沢山です。もちろん添い寝とともに、いろんな話や相談もできる友達のような関係です。

セフレとの違い

セフレはセックスフレンドの略です。恋愛感情はないけれど肉体関係を結び、お互いが快感を求め合う関係といえます。ソフレは肉体関係を持ちません。その部分が最大の違いでしょう。
セフレは癒しというよりも、主に肉体が目的で快感を得るための関係です。ソフレは肉体関係の快楽の追求などは一切せず、ただお互いに触れ合ったり、話をしたりして一緒にぐっすり眠ることが目的ですから、全く別物になります。

精神的な寂しさを埋める相手

寂しさを埋め合うなど精神的な部分に重きを置いているのがソフレと考えてよいでしょう。
また、セフレのように肉体関係を結んでしまうと、後ろめたさなどのネガティブな感情を感じやすいですが、ソフレはそういったこともなく、もう少しライトな関係です。

どういうパターンからソフレになる?

ソフレになる過程はさまざまです。例えばSNSで知り合いかもの欄に、懐かしい昔の友達が表示されて連絡を取り合うようになり、何度か会ううちにソフレの関係になっていたなんてこともあります。
また、ブログやSNSを通じて、ゲームやスポーツ、イベントなどの発信をしていたら、共通の趣味の男性と出会い、やり取りを重ねるうちに会ってみたくなり、実際に二人きりで会ううちに、いつのまにかソフレの関係にステップアップしていたというケースもあります。
他にも、知人の異性に恋愛相談していたところ、お互いが寂しい気持ちを抱えていることがわかりソフレへと発展する過程もあります。

ソフレを作る心理

ソフレになる心理は基本的には寂しさから来ることが多いようです。一人きりで眠りたくない、人肌の温もりが欲しい、ただ誰かとひっついて眠りたい、不安を少しでも忘れたいなどの心理が働きソフレを求めたりします。
異性の温もりで温めてほしいけれど、男女関係の付き合いを一から始めるほど気力がなかったり、今は恋をする余裕を持てないけれど、手軽に温もりが欲しいなどの心理からソフレを欲します。

楽な関係を求める人が多い

また、友達という関係性のままでキスしたり、添い寝したりできるのは、恋人の重さを感じずに楽な関係です。手軽に異性に触れたいふれあいたいけど、恋人になるのは面倒だと考える人もソフレになることがあります。辛い気持ちや寂しい気持ちを一時的に発散したいという気持ちから、ソフレになる場合もあります。

ソフレとの間に本当に性交渉は存在しない?

ソフレを求める人は、性交渉は必要ないを思っている人がほとんどですが、男女が2人きりで密着し添い寝するのですから、性交渉が絶対にないとは言い切れません。
万一何かあった場合は自己責任となってしまいます。そのため、純粋にソフレが欲しいだけで、性交渉はいらない場合は、ソフレの相手を慎重に選択しましょう。

リスクの高い関係性だということを理解して

最悪、肉体関係になっても良いと思える相手を選択しておかないと、女性にとってはリスクが高い関係性です。知り合って間もない人は避け、心から信頼できる人を選択しましょう。二人でお酒を飲みながら過ごしていたり、雰囲気が良くなってしまって自然と性交渉の流れに発展することも十分にあり得ます。男女で二人きりで長時間過ごすなら、それなりの覚悟はしておきましょう。

ソフレのメリットその1. 恋愛の楽しいところだけを味わえる

ソフレのメリットは、性交渉まではしないため、セフレより罪悪感などの後ろめたい感情に捉われずに、恋愛の楽しいところだけを存分に味わえることです。
ソフレはステディな関係として付き合っているわけではありませんから、束縛や嫉妬など恋愛においてなにかと面倒な部分を省くことができるのです。

ソフレのメリットその2. 異性の温もりを感じながら眠ることができる

その上、異性の温もりを感じながら眠れます。面倒くささや後ろめたさなどの煩わしさを感じることなく、ときめいたり高揚感を楽しめるのです。
また、長期間恋愛をしていない状態が続くと、どんどん異性から遠ざかってしまいます。男性の魅力である大きな背中や包容力のある腕、胸板などをリアルに肌で感じられることもソフレの大きなメリットです。

ソフレのメリットその3. 気楽な関係

ソフレの3つめのメリットとして、関係性自体が気楽なものという特徴が挙げられます。お互い本命ではないという前提のもとにソフレという関係を結びますし、好きなタイミングで相手と連絡を取り合うことができ、好きなタイミングで別れを告げることができます。

ソフレのデメリットその1. 本気で好きになってしまうことも

添い寝する関係を続けるうちに、だんだんと気持ちが傾き、本気で好きになってしまう可能性も考えられることが、最大のデメリットでしょう。
形としては付き合っていなくても、会うたびに相手に触れながら心地よく眠るため、心の距離が徐々に近づいてしまい気付けば離れられない関係になっているかもしれません。

ソフレのデメリットその2. 関係性に依存してしまう

また、どちらかに恋人ができた時、ソフレの関係を終わらせられればいいのですが、だらしなく関係を継続してしまう可能性も十分考えられます。情が湧いてしまい、関係を断ち切れない状態が続くと、後にも先にも進めません。
本当に好きな相手ができた場合には、その相手のためにもきっぱりと関係性を終わらせるようにしましょう。また、相手が関係を終わらせたいと言ってきた場合にも、しっかりと清算できるといいですね。

ソフレのデメリットその3. 一緒に寝る以上リスクがある

ソフレのデメリットとして、一緒に寝る以上こちらは望んでいなくても、相手から関係性を迫られてしまうリスクが存在します。特に出会い系アプリやSNSアプリからの出会いで発生しうるリスクですが、こちらの思惑とは関係ないところで、相手の意思によって無理矢理肉体関係を迫られるというリスクは、常に頭の中に入れておきましょう。

まとめ

異性のぬくもりや恋愛している時の心地よい高揚感などが手っ取り早く手に入るソフレは、お互いのニーズがぴったりと合っているときは順調な関係を継続できるでしょう。
しかし、相手に大切な女性ができた時や、将来を共にしたいパートナーを見つけた時など、お互いの心情が変化すれば関係が泥沼化したり、一気に居心地の悪い関係に発展する可能性もあるのです。
肉体関係は持たないためライトな関係といわれるソフレですが、心と体が触れ合うことには変わりありません。関係を継続するにつれて、本気で愛し始めたり、嫉妬や束縛など煩わしい気持ちの変化が生まれるかもしれないことを知っておきましょう。

ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
メル友も恋人も探しちゃおう~★
運命のお相手との出会いもきっとある
簡単無料登録