結婚したい!一生独身から逃れるための方法とは?

結婚したいけど出来ない、そこには必ず何か理由があるのでしょう。このままでいると一生独身かもしれない、と不安や焦りで眠れない夜をすごしている人もいるかもしれません。
一生独身であることを受け入れるのか、結婚するための努力をするのかどちらが幸せなのでしょうか。独身でいることのメリットやデメリットなどについて、考えてみましょう。

結婚はするべき?しなくてもいい?

結婚はするべきものなのか?とは、答えのない難題です。人それぞれと言ってしまえばそれまでですが、この人となら一生を共にしたいと思える人に出会うことがなければ、焦って無理に結婚しても長続きしないかもしれません。
結婚するのが義務である、というわけではないので、無理をしてまでする必要はありません。結婚が遠のいている人には、結婚を必要としていない理由がそれぞれにあることが多いです。
結婚なんてしなくてもいい、結論付けるのは早急ですが、必要も感じないのに自分にうそをついてまで結婚にこだわる必要はないのかもしれません。

一生独身女性の特徴 1 理想が高い

一生独身女性の特徴として、とにかく理想が高いことが挙げられます。年収は最低でも1000万で、身長は180センチ以上、できれば次男でイケメン、性格が良く優しい、素敵な趣味があって、ファッションのセンスもよい、などなど、たくさんの条件があることが多いです。そのような条件の揃った男性を、結婚相手として求めているような女性は、一生独身で決まりでしょう。
このような男性も地球上のどこかには存在しているかもしれませんが、実際巡り合って結婚できるかというと、難しいのではないでしょうか。

2 周りとの人間関係が豊か

一生独身女性の特徴として、周囲の人間関係が豊かなことが考えられます。一生独身でもいいかな、と考え始めているような女性は、職場でも地位を確立し自立しているため、多忙で充実した毎日を送っています。
ある程度の地位にあれば、周囲の人間との付き合いも多く、知り合いも多いでしょう。仕事以外の自分一人の時間も充実させようと考える傾向にあるため、趣味や習い事などを通じての出会いも多く、様々な人間関係を築いていることが考えられます。
そのため、一人の寂しさを感じることも少ないです。

3 恋愛に必要性を感じていない

一生独身の女性は、そもそも結婚の前にある恋愛というものに必要性を感じていないのです。日常生活でも仕事でも自立していて、金銭面でも男性に頼る必要がないため、恋愛に価値を見出すことができないということが考えられます。
自分より優れていると思える理想の男性になかなか出会えないということもありますが、毎日が仕事に趣味に忙しくて、十分充実しているのに、この上恋愛にまで割く時間などないというのが、本当のところかもしれません。
結婚して支え合う相手がいなくても、一人で生きていくことができるという自信があるのです。

独身女性の「独身」に対する考え

独身女性は、独身であるからこそ分かる心配事や不安なことなどを抱えています。主には老後に関する不安が考えられます。
一生独身を貫くとなれば、頼る夫や子供もなく、一人で迎える老後への不安は募る一方です。不安を感じる一方で、覚悟を決めている人が多いので、何らかの対策を考えています。
安定した老後を過ごすための貯金や、老後の資金計画といったことだけでなく、もしも働けなくなった時にどうしたらよいのか、といったこと、さらには老後になってまで賃貸で暮らすことを避けるため、早いうちにマンションの購入を検討する人もいます。

独身のメリット

一生独身でいるメリットとして大きなものは、お金を自由に使うことができるということでしょう。将来のために貯蓄していくことも必要ですが、基本的に自分で稼いだ分だけ自由になります。例えどのような使い道であろうととやかく口出しをする家族はいません。
さらに時間を自分のために使うことができます。夫や子供の世話などに振りまわされることなく、仕事以外の時間はすべて自由に使うことができるのです。仕事帰りに飲みに行ったり、映画を観に行ったりして、有意義な時間を毎日過ごすことができます。

独身のデメリット

一生独身でいることのデメリットは、精神的なものが大きいかもしれません。年を重ねても結婚をしないことで、周囲から心無い目で見られることもあるかもしれません。
あることないこと偏見に充ちた意見をぶつけられることもあるでしょう。結婚生活によりストレスを抱えることはないにせよ、社会や周りの目が気になって、ストレスを感じることはあるかもしれません。
さらに、それを必要とするか否かは個人差があるとしても、出産などの一般的に言われているような女性の幸せを味わうことはできません。

まとめ

独身の女性の中には、一生独身でいることを自ら選んでいる人も多くいます。独身で生きる覚悟を決めた女性は、あらゆる意味で自立していて、自分一人で生きていくための準備を怠らず、さらには人生を楽しんでいる人が多いです。
結婚して出産をして家族とともに生きることだけが、女性の幸せとは限りません。やりがいのある仕事をこなして、自分の時間とお金を有意義に使って生きていくのは、周囲から偏見の目で見られるようなことではないはずなのです。
女性の生き方、幸せの感じ方はそれぞれです。理想をごまかして結婚する幸せも、覚悟を決めて独身を貫く幸せもあるのです。