一人暮らしの寂しい夜に…寂しさを埋める方法5選

1人暮らしを始めたけど…

一人暮らしには、家族と一緒の生活とは違って自由な時間が過ごせると言うイメージがあるので、それに憧れを抱く人は大勢います。
また自分から進んででなかったとしても、進学や就職と言った理由で必然的に一人暮らしを始めることになり、その自由さを実感する場合もあるでしょう。
確かに、一人暮らしには誰にも干渉されることなく自由に生活できると言う魅力があります。

一人暮らしで寂しさを感じる人は少なくない

ただ実際に一人暮らしを始めた人の中には、寂しさを強く感じてしまう人が少なくありません。まだ昼間や夕方であれば、学校や職場で多くの人たちに囲まれたり、友人と遊んだりすることで、寂しさを感じることは少ないでしょう。
しかし、夜になって誰も待っていない部屋に一人で帰った後には、言いようもない寂しさに襲われてしまうことがあるのです。そうなってしまった場合に実行できる、一人暮らしの夜に寂しさを埋める方法を5つ紹介しましょう。

寂しさを埋める方法 1 テレビを見る

寂しいと言う気持ちは、何もすることがなくて色々と考え込んでしまうとさらに大きくなってしまいがちなので、考え事をしなくなるように何かに集中すると効果があります。そのための方法として特に手軽で、すぐにでも実践できるのがテレビを見ることです。
一人暮らしを始める際には、多くの人がテレビを部屋に設置するでしょうから、それにしっかりと役立ってもらうのです。

悲しいドラマを見ることは避ける

基本的には、ドラマでもバラエティーでも自分の好きな番組を見ればいいのですが、自分が寂しい状況にあることを改めて認識してしまってはいけないので、そういう境遇の登場人物が出て来る番組は避けた方がいいでしょう。
ただし、夜には自分の見たい番組が放映されていない場合も考えられるので、寂しい夜に備えていくつか自分好みの番組を録画しておくのがおすすめです。

寂しさを埋める方法 2 本を読む

漫画や小説などの本を読むことも、寂しさを埋めるためには良い方法となるでしょう。向こうのペースに合わせて見ることになるテレビとは違って、本は自分のペースで進めることができるので、集中力が多少落ちることのある夜に向いているかも知れません。
この場合には寂しさを感じなくするために、内容に引き込まれるようなストーリーのある本を選ぶのがおすすめですが、資格のための勉強をするための参考書や、仕事で生かせる知識が得られるビジネス書のような、自分のためになる本を選んでもいいでしょう。

電子書籍もオススメ

また近年では、本は印刷されたものだけではなく、ネットを通してすぐに手に入る電子書籍の形でも販売されています。なので、夜に急に読みたい本ができた場合には電子書籍を利用するといいでしょう。

寂しさを埋める方法 3 ネットサーフィン

スマホやパソコンを使って、ネットサーフィンをすると言う方法も考えられます。現在ネット上には無数のサイトが存在しており、そのジャンルも非常に豊富です。
自分の興味のあることや知りたいことなどに関連するワードで検索をかけると、すぐにいくつものサイトがヒットするでしょう。

ネットサーフィンには終わりがない

それらのサイトを訪問して新しい知識を得た後、そこで知ったワードでまた検索をかけて別のサイトを訪問すると言ったように、ネットサーフィンならテレビ番組や本とは違って終わりがないので、長い時間続けて楽しむことが可能です。

寂しさを埋める方法 4 創造的な趣味

何か想像的な趣味を持つと言う方法も、寂しさを埋めるためには効果的です。
例えばお料理を作ったり、絵を描いたり、小説を書いたりと言ったように、自分が打ち込めそうな趣味を持つのです。

趣味を長い時間楽しめる理由

そのような趣味は、行動している時間はもちろん楽しいものですし、でき上がった料理を食べたり描き上がった絵を見たりして、次はこの点をもっと工夫しようと言ったように思いを巡らせることもできるので、長い時間楽しめると言う魅力があります。
特に料理を練習して上手くなっておくと、彼氏を家に呼んだ時に感心されたり、友だちに振る舞って優越感が得られたりなど、将来の自分の役に立つことがあるかも知れません。

寂しさを埋める方法 5 電話をかける

ここまでは自分一人でできる方法について紹介してきましたが、それではどうしても寂しさが埋められない場合には、親しい人に電話をかけると言うやり方があります。
例えば家族、彼氏、友だちなど、声を聞くと心が温かくなるような相手と電話で会話をするのです。

メッセージでなく電話をする理由

近年ではLINEなどのSNSで親しい人たちとコミュニケーションをとる人が多く、それを利用すると言う方法も効果的ではありますが、寂しさを強く感じてしまう夜には、やはり直接相手の声が聞ける電話の方がいいでしょう。
ただしこの方法は相手の迷惑にならないようにする必要があるので、そう頻繁には実行できないと言う難点もあります。

まとめ

ここまで見て来たように、一人暮らしの夜に寂しさを埋める方法には色々なものがあるので、その中から自分に合っていそうなものを選んで試してみるといいでしょう。
それらは自分の部屋の中だけでできますし、また中には電話のように相手が必要なものもありますが、それ以外は自分一人だけで行える方法なので、実行するためのハードルは低いはずです。
それらによって寂しさを埋める日々が続いて行くと、一人暮らしが自分にとって当たり前の生活になって行き、寂しさをあまり感じないようになるかも知れません。”

ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
メル友も恋人も探しちゃおう~★
運命のお相手との出会いもきっとある
簡単無料登録