パトロンとは?パトロンを作る5つの方法と上手な付き合い方

パトロンという言葉を聞いた事がありますか?
ドラマや映画などで、家賃や生活費をパトロンに出してもらっているというセリフを耳にしたことがあるでしょう。

しかし、最近、女子高生や女子大生が口にする「パパ活」と言葉もあります。
パトロンとパパ活は同じなのでしょうか。
そこで、パトロンについて見ていきましょう。

「パトロン」とは?

高級外車に乗るパトロンの男性

意味

パトロンとは、経済的に恵まれている人や権力を持っている人達が、特定の人を経済的に支援したり、人脈や特権を使って貢献したりすることです。

後援者や支援者、奨励者とも呼ばれています。
そのため、男性が女性に援助をするだけではなく、男性が男性に、女性が男性を支援する場合も含まれます。

例えば、無名の音楽家の才能に目をつけて、その音楽の才能が開花するまで金銭的にサポートしたり、宣伝活動を無償でしたりするでしょう。

語源

ラテン語で”pater”(パテル)は父という意味で、その言葉から派生したラテン語”patronus”(パトロヌス)に由来しており、意味としては「客に利益を与える者」となります。

パトロヌスとは父親のような保護者という意味を持っており、被保護者からすると守ってくれる人、雇い主など、経済的なことを含むバックアップをしてくれる人で、それらの役割を担う人と言う意味でパトロンと呼ばれるようになりました。

「パトロン」と「パパ活・愛人」の違い

パトロンからお金をサポートしてもらった女性

パトロン、パパ、愛人は全て別物と考えて良いでしょう。
特定の人を支援するという意味では同じですが、その見解は異なります。

まず、この中で肉体関係のあるものは愛人です。
中には、パパ活やパトロンで肉体関係を結んでしまう人もいますが、通常は愛人のみが肉体関係が発生します。

パパとパトロンは、夢や願望を支援してくれる立場の人なので、肉体関係を迫るのはおかしいという考えです。

では、パパとパトロンの違いは何でしょうか。
パトロンよりもライトなイメージがパパ活です。

一時のデートやおしゃべりでおじさんからお小遣いをもらうような活動です。
そのためパパ活で、肉体関係を結んでしまうのは、援助交際となってしまい違法性が出てきます。

パトロンは、スポンサーと言えばわかりやすくなるでしょう。
つまり、一時の時間ではなく、生活全般、仕事全般など、広くサポートしてくれる人です。

パトロンを作るメリット

資金援助している女性に連絡を取るパトロン

パトロンがいることによってどのような利益があるのかを見ていきましょう。

  • 仕事や夢のサポート
  • 高い生活レベルを味わえる
  • 金銭面以外のサポート

具体的に見ていきます。

メリット①:仕事や夢のサポート

パトロンの本来の意味である仕事や夢のサポートが受けられます。
芸能人やスポーツ選手や芸術家などにはパトロンが必ずいると言われています。

それらのサポートとは、その人達のスポンサーになるということ。
知名度が上がるまで仕事がないことも多いので、金銭的に援助したり、練習場所を提供したり、スポンサーとしてCMに出演させたりと、仕事のバックアップをしてもらえるでしょう。

メリット②:高い生活レベルを味わえる

パトロンは、経済的なサポートや援助をしているので、その人がどのような状況であるかを知る権利があります。

そのため、食事に行ったり、お店で打ち合わせをしたりする場合もあります。
その時に、高級なお店や高い食事をごちそうになることもあるでしょう。

中には、住まいを提供してくれるパトロンもいるので、自分の稼ぎでは住めないような物件を無料で貸してくれることもあるでしょう。

また、車を与えてくれたりするパトロンもいます。
すなわち、贅沢が味わえる可能性があるでしょう。

メリット③:金銭面以外のサポート

パトロンはお金だけではありません。
パトロンになる人は、一流企業の社長だったり、代々裕福な家庭だったりと、地位や名誉がある人も多いでしょう。

そのため、各方面に顔が利くこともあり、様々なコネクションを持っていることがあります。
それらを使って物事を有利に運んだり、タイアップに持ち込んだりすることもできます。

パトロンを作るデメリット

パトロンを申し出てくれた人と話し合う人々

パトロンがいることによって起こる弊害を見ていきましょう。

  • 認識のズレが起こる
  • パトロンがいなくなった時の危険性
  • パトロンとの関係性

具体的に見ていきます。

デメリット①:認識のズレが起こる

パトロンについての認識が異なることで問題が起こる場合があります。
こちらはパトロンだから、性的なことは求められないと考えているのに、相手はそれを求めたりしてきた時です。

また、サポートしているという立場から、やることに口を出して来たり、仕切ったりされると、衝突することもあるでしょう。

デメリット②:パトロンがいなくなった時の危険性

パトロンに生活全般のサポートを受けていると、そのパトロンが下りた時に、生活が成り立たなくなる恐れがあります。

既に、夢が達成していれば良いですが、芽が出なくてパトロンから打ち切りがあれば、夢も途絶えてしまう事もあるでしょう。
つまり、自分の力では生活出来ていないと、何かあった時の不安材料になります。

デメリット③:パトロンとの関係性

パトロンと、特別な取り決めをしていないとトラブルになることもあるでしょう。
パトロンとの関係はいつ辞めるか、どこまでサポートしてもらったら終わりなのか、夢が実現したとして、その後はどうするのかなどです。

そういう関係性はサポートしてもらっていたという理由からスパッと切ることが出来ないのでしょう。

パトロンに気に入られる女性の特徴

高級品を身につけるパトロン

パトロンがサポートしたくなる女性とはどのようなタイプなのか見ていきましょう。

  • 若さがある
  • 会話が上手
  • 甘え上手
  • 思いやりや尊敬がある人
  • 前向きな姿勢

具体的に見ていきます。

特徴①:若さがある

パトロンは若い女性を応援したがります。
これは、性的な事ではなく、若いから無限の可能性があると考えるからです。

また、若い女性であれば失敗してもやり直す時間も充分ありますし、方向転換することもできるでしょう。

そして、若いので経済力もなく、コネクションもありません。
そういう女性のパトロンになって育てたいと考えます。

特徴②:会話が上手

パトロンとは何らかのコミュニケーションをしていくことになります。
その時に、会話が上手であればパトロンとしてもやりがいがあるでしょう。

この先、何がしたいか、どういう人になりたいか、何を希望しているかをはっきり伝えたり、こちらの疑問や質問にも明確に答えられたりすると好印象です。

また、一緒に食事に行ったりする機会もあるので、会話のキャッチボールが楽しくできると良いでしょう。

特徴③:甘え上手

さり気なく甘えられる女性が良いでしょう。
パトロンは頼りにされたいという願望があるので、望まれることはなるべくしてあげたいと考えています。

しかし、お金が必要だからいくら振り込んでとドライに言われると、サポートしたい気持ちも萎えてしまうでしょう。
そのため、同じ頼み事でも、パトロンの気持ちを汲み取った言い方が出来る人が好かれます。

特徴④:思いやりや尊敬がある人

パトロンは、援助したことに見返りは求めませんが、人として感謝はして欲しいと考えています。

そのため、パトロンの存在を当たり前のように考えないで、パトロンの有難味を充分理解して、尊敬してくれる人が好かれるでしょう。

また、せっかくパトロンになってもらったのだから、パトロンに対して恥をかかせたり、裏切ったりしないことも大切です。

特徴⑤:前向きな姿勢

パトロンは若い人たちの夢や野望を実現するために活動しています。
そのため、夢を持って全力を尽くして、少々の事ではへこたれない人を好みます。

そして、絶対に夢を叶えるという熱い想いを持ち続け、エネルギッシュに貪欲に行動する人が良いでしょう。
そういう人には、サポートし甲斐があると考えます。

パトロンを作る方法

高級マンションでくつろぐパトロン

では、パトロンを見つける方法を見ていきましょう。

  • パパ活アプリ
  • 夜の世界で働く
  • 交際クラブ
  • パーティーに出席する
  • 職場の上司

具体的に見ていきましょう。

方法①:パパ活アプリ

パトロンを探すには、パパ活アプリを活用しましょう。
女性は無料というサイトがほとんどなので、探す費用はかかりません。

また、パトロンの年収を見たりできる機能もあるので、自分が望むパトロンを探すことが出来るでしょう。

方法②:夜の世界で働く

キャバクラやスナック、クラブなどで働くと、パトロンをしてくれるような男性に会える確率が上がるでしょう。

特に、高級クラブは利用するのにお金がかかります。
それらに通える人の多くは、年収が高く、自分で事業をしている人も多いでしょう。

そのような席でお店を持ちたいと話すことで、お店に来ていたお客さんがパトロンになってお店を持つ女性もいます。

方法③:交際クラブ

交際クラブとは、男女が恋愛、愛人関係を楽しむ場所です。
会員制で会員になるにはある程度の制約があることも多いのが特徴です。

容姿や年収など男性のレベルも高いので、それに見合う女性が求められます。
デートに行くお店も高級店が多いので、それなりの振る舞いが出来る女性でなくてはなりません。

そのため、交際クラブはハードルが高いですが、それだけ申し分ないパトロンを見つけることが出来るでしょう。

方法④:パーティーに出席する

世の中でお金持ちと言われる人は、横の繋がりがあると言われています。
そういう人たちは、様々なパーティーに参加しています。

例えば、誕生日パーティーや会社の設立パーティー、新商品発表のパーティーなど、数多くのパーティーが開催されています。

そういうパーティーに参加すれば、パトロンになってくれる男性に出会えるかもしれません。
パーティーに参加するには、誰かのツテを利用するのが良いでしょう。

方法⑤:職場の上司

勤めている会社が有名企業ならば、上司がパトロンになってくれる可能性もあるでしょう。
また、社長や上司と仲良くなれば、その付き合いのゴルフや食事会にも呼ばれるので、そこで知り合うチャンスも広がります。

パトロンとの上手な付き合い方

会社の社長をしているパトロン

パトロンと付き合う方法を見ていきます。

  • 甘え上手になる
  • 適度な距離感を保つ
  • 相場を知っておく
  • 常識的な範囲にする
  • 明確なルールを決めておく

具体的に見ていきましょう。

付き合い方①:甘え上手になる

パトロンに経済的支援をしてもらうにしても、事務的な対応ではなく、甘えるようにするのが良いでしょう。

事務的ならば、自分でなくても良いのではとパトロン側としては考えてしまうからです。
パトロンは自分がサポートしているという実感が欲しいので、何かあれば頼りにして相談したり、用意してほしいものを直接お願いしたりする方が関係性は良くなるでしょう。

付き合い方②:適度な距離感を保つ

パトロンとの距離は、支援する側と支援してもらう側ときっちりと認識しておきます。
その関係が崩れていくと、パトロンではなく愛人関係になってしまいます。

パトロンならば様々な援助をしているだけなので問題はありませんが、愛人関係になってしまうと、パトロンに奥さんがいたりすると訴えられるかも知れないからです。

そのため、この人はパトロンであると一線を引いて、なし崩し的な関係にならないように気をつけましょう。

付き合い方③:相場を知っておく

パトロンの相場を知っておきましょう。
あまりにも法外な金額のサポートであれば、おかしいと疑った方が良いかもしれません。

また逆に、パトロンが支援しきれないようなことをお願いしたりするのもパトロンを困らせてしまうことになります。

付き合い方④:常識的な範囲にする

いくらパトロンができたからといっても、贅沢三昧の暮らしをしたり、必要のない高額なものを買ったりはやめておきましょう。

例えば、仕事をするのに便利だから近くにマンションを買ってほしいとお願いしたり、移動するのに車がするからと高級車をねだったりすることです。

それでは愛人になってしまうでしょう。
そのため、常識的な範囲でのサポートをお願いするようにするのがベストです。

付き合い方⑤:明確なルールを決めておく

パトロンの関係性がおかしくなってしまうのは、何の取り決めもせずにパトロン関係を結んでしまうからです。

そのため、禁止事項や厳守事項などを決めておきましょう。
そうすることで、お互いがこんなはずではなかったという思いがなくなります。

そして、そのルールを破ったらパトロン関係を解消するなど、その後の事も決めておけば後々楽でしょう。

パトロンを作る時の注意点

数人を同時にサポートするパトロン

パトロンを作る際に気をつけることを見ていきましょう。

  • 条件を確認しておく
  • 当初と違ってくることもある
  • 依存しない
  • 騙されている可能性

注意点を具体的に見ていきます。

注意点①:条件を確認しておく

パトロンとトラブルになるのは、パトロンという言葉の認識違いから起こるものです。
男性側でもパトロンは女性と性的関係を結べると考えた認識をしている人もいます。

それを知らずにパトロン関係を結んでしまうと、女性は性的な事を要求されてしまいます。
そのため、パトロンになってくれると申し出があれば、どのような認識なのかを確認しておくことが重要になってくるでしょう。

注意点②:当初と違ってくることもある

初めはパトロンが全力でバックアップしてくれていても、相手の経済状況が急変する場合もあることを覚えておきましょう。

それによって、夢が頓挫することもありますし、住んでいたところから追い出されることもあります。

それによってパトロンを恨んでも何も変わりませんし、パトロンが責任を負う必要もないことを覚えておきましょう。

注意点③:依存しない

パトロンに依存してしまうと、パトロンが離れてしまった時に、生活が機能しなくなることもあるでしょう。

そのため、依存し過ぎないように注意しておきます。
ある程度の貯金をしておく、贅沢な暮しに慣れ過ぎない、サポートしてもらっている間に夢が叶えられるように一生懸命頑張るなどです。

注意点④:騙されている可能性

パトロンを申し出てくれた人が、逆にあなたを利用しようとしているかも知れません。
援助するほどのお金がないのにパトロンと言って近づき、性的関係を強要してきたり、パトロンという立場を利用して、思い通りにしようとしたりする人もいるでしょう。

また、パトロンという契約をしておいて、契約違反だと難癖つけて、逆にお金を払わそうとする人もいるので注意が必要です。

パトロンとWin-Winの関係を

パトロンに援助を受けている女性

パトロンと聞くと悪いイメージを持ってしまう人もいるのが事実です。
しかし、パトロンは若い人の夢を叶えたり、活動を無償でサポートしたりと、無くてはならない存在です。

パトロンにとっては、サポートした人たちが、大きく成長して社会に貢献してくれれば良いと考えています。
そのため、パトロンとサポートしてもらう側がWin-Winの関係になることが大切でしょう。

パトロンを探すのにおすすめのパパ活アプリは、今回の記事提供元である、最大級のパパ活・マッチングアプリ比較メディア「balloon(バルーン)」の【月100万稼ぐパパ活女子直伝】おすすめパパ活アプリ・サイト人気ランキングを参考にしてみてはいかがでしょうか。

ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
メル友も恋人も探しちゃおう~★
運命のお相手との出会いもきっとある
簡単無料登録

ABOUTこの記事をかいた人

balloon

おすすめマッチングアプリ・出会い系サイトの比較メディアballoon編集部です。恋愛や婚活のプロが、出会いを成功させるマッチングアプリの攻略法を伝授します。