2人だけの空間で!おうちデートでできることとオススメの映画

おうちデートとは

おうちデートとはその名の通り恋人の家でするデートの事を指します。もちろん同棲していてもおうちで特別な事をするのならおうちデートと言っても良いでしょう。
恋人同士になってから初めてのおうちデートは特に緊張するもの、部屋のインテリアはどうか、きちんと片付いているか、と悩みは尽きません。

家でならできることの幅も広い

また外デートなら色々な刺激があるので会話も途切れにくいけれど家の中では二人っきり、自分達で工夫をする必要があります。ですがそれは逆に自分達次第で自由に過ごせるという事です。
おうちデートにはおうちデートだけの良い所があります。今回はそんなおうちデートのメリットやお勧めの映画を3本ご紹介します。

家でのデートのメリット

おうちデートのメリットは何と言っても二人っきりになれる事、誰にも邪魔されず二人だけの時間が過ごせます。また人目を気にせずいつもより密着できるという所もポイントです。
誰にも気兼ね無くいられるので、お互いが素のままでいられ相手の意外な面も見れるかもしれません。逆に自分の意外な特技等も知ってもらえます。もしも自分の家に呼ぶなら今までよりもっと自分の事を知ってもらえますし、相手の家に行くなら相手の事もより深く知る事ができます。おうちデートはお互いの理解を深められる絶好の機会なのです。

お金があまりかからない

それにおうちデートはお金をあまり使わずに過ごせるというメリットもあります。料理も自分達で用意すれば材料費だけで済みますし、映画鑑賞等も映画館で観るよりは大分安いです。大体は家にあるもので補えるので、ちょっと金欠という時も楽しくデートができます。
この他時間が合うならお泊りデートにも発展させられます。一緒に料理を作ったり眠ったりと、日常生活を共にしてみる事で新婚生活を味わう事もできます。

家でのデートでできること

そんなおうちデートでどんな事ができるかというと、まずオーソドックスかつ気軽に過ごせるのは映画鑑賞です。映画館と違いお互いに感想を言いながら観られますし、初めてのおうちデートでもあまり会話を意識せずに過ごせます。同じようにTV番組やドラマを観るのも良いですね。好みで自由に選べるので、相手がどんなものが好きかも分かります。また恋愛映画なら自分達と重ねながらより深い見方もできるでしょう。

一緒に料理をする

一緒に料理をするというのも良い過ごし方です。自分の料理の腕前を披露するのでも良いですし、相手と一緒に共同作業をする事でより関係も深まります。映画やドラマを観ながらこの手料理を味わうというのも良いですね。

お互いの趣味を一緒に

この他お互いの趣味に合わせて音楽鑑賞や読書、ゲーム等もあります。特にゲーム好きなら何時間でも同じゲームで楽しめますし、協力して戦う事で絆が強まるでしょう。読書はお互いの世界に入ってしまいますが、関係が長いカップルならそんな時間も心地良いかもしれません。

カップルにおすすめの映画 1「バレンタインデー」

そんなおうちデートにお勧めの映画3選の1本目は「バレンタインデー」です。その名の通りバレンタインを題材にしており、色々な登場人物の恋愛を描くグランド・ホテル方式の映画、いわゆる群像劇です。登場人物はそれこそ小さな子供から青年、老若男女まで出てきます。
小さい頃の甘酸っぱい恋を思い出したり、今の恋人との関係に重ね合わせたり、はたまた将来どんな時間を過ごしているかといったような見方ができるのです。

恋愛について学べる一本

特にメインとも言える若い社会人カップルはすれ違いを繰り返しながら、お互いの大切さに気付いていきます。
恋愛はハッピーな事ばかりではないし、時には失敗をしながらお互いの理解を深めていくという事に気付かされる映画です。

カップルにおすすめの映画 2「世界でいちばん不運で幸せな私」

次の映画は「世界でいちばん不運で幸せな私」です。主人公は小さな頃から幼馴染で仲が良かった男女で、彼らが子供の頃から社会人になるまでの過程を描いた恋愛映画です。二人は小さな頃からお互いを知っているがゆえに、中々素直になれません。

なかなか本音を伝えられないもどかしさ

お互いがお互いを必要としている事には気付いていますが、小さな頃から二人の間で続いてきた「缶を賭けたゲーム」、このせいで中々本音を伝えられないのです。
楽しいだけじゃない、ちょっとクセのある恋愛映画です。そんな二人の恋愛は観ているとハラハラしますが、「運命の恋」やロマンティックな映画が好きなカップルにはお勧めです。

カップルにおすすめの映画 3「食べて、祈って、恋をして」

最後は「食べて、祈って、恋をして」です。ジュリア・ロバーツ主演のドラマ映画で、主人公が「自分の生きる道」を模索しながら生きていくお話です。冒頭でジュリア・ロバーツ演じるリズは夫との価値観の違いを感じ離婚してしまいます。
その後イタリアやインド、バリを巡りながら自分の人生観を変える旅を続けます。その中で様々な人と出会ったり恋をしたり、食を楽しんだりと色々な経験を積み重ねていくのです。

出会えた幸せを実感できる

最終的にリズがどんな選択をするかはここでは控えますが、観ている内に今隣にいる恋人と出会えたという幸せを実感できるかもしれません。
年齢層が高いカップルや深みのある恋愛映画が観たいカップルにはお勧めです。「最愛の人と生きていくための選択」を考えさせられる映画です。