どうして嫉妬するの?嫉妬心を抑える方法と解消の仕方

些細なことで嫉妬してしまう…

彼氏に嫉妬ばかりしてしまうのは苦しいものですね。彼氏が好きすぎるあまり、ささいなことも気になって心配になってしまう、そんな気持ちを味わっている女性はたくさんいるでしょう。そもそも嫉妬とは何なのでしょうか?

嫉妬とは

嫉妬とは、自分以外の誰かがより優れていたり、恵まれていると感じる時に起こる、妬みのような感情です。恋愛においては、好きな人が自分以外の人に好意を寄せていることに気づいた時に起こります。
彼氏に嫉妬してしまうと言っても、ちょっとしたことで可愛くすねる程度のものならば、逆に嫉妬されて喜ぶ彼氏もいるでしょう。しかし、彼氏が好きすぎるあまりに、私が彼女なのよ!と自分の立場ばかりを主張していると、彼氏に嫌われてしまうことも十分あり得ます。そのようなことにならないために、どうしたら嫉妬せずにすむのか、考えてみましょう。

女性が嫉妬する理由と心理

すぐに嫉妬してしまう女性は、自分に自信がないことが多いです。他人の方が優れているという劣等感を感じやすいのです。そのため、自分がいくら自分磨きを頑張って彼氏の傍にいても劣等感を消し去ることができず、彼氏の周囲にいる女性がみんな自分より優れていると感じてしまうのです。
彼氏の周囲にいる女性はすべて敵のように感じてしまい、自分と比較しては嫉妬心を抱くようになるのです。

男性に問題がある場合も

また、普段から女性に人気があり恋愛に奔放なタイプの彼氏の場合は、彼氏を信用しきれていないことも嫉妬につながると言えます。人気者の彼氏だと、いつも浮気をするのではないか?と心配ばかりしてしまいます。
さらに嫉妬しやすい女性は負けず嫌いなことも多いです。常に他人と自分を比較してしまうため、負けた時には激しい嫉妬心が生まれてしまうのです。

男性が嫉妬する理由と心理

男性の嫉妬は、自分の所有物である女性を奪われそうになりプライドが傷つくことにより起こる場合が多いです。人間の本能として備わっている、子孫を残すということに関して、男性は女性を他の男性と争ってでも手に入れなければなりません。
手に入れた女性に対しては、俺のものだ!という独占欲が強くなります。そのため、自分の恋人が他の男性にちょっかいをかけられ、奪われそうになると所有物が奪われることへの危機感が生まれます。

プライドの高さの表れ

男性にとっては恋人が他の男性に奪われることは敗北を意味し、自分よりその男性の方が優れていると証明することになるのです。自分は弱いと自覚して、プライドを傷つけられないようにするために、男性は自分の恋人を奪われないよう手を出そうとする他の男性に嫉妬をするのです。

嫉妬を抑える方法

相手への嫉妬心を抑えるにはどうすればよいのでしょうか?まず、自分磨きに励んでみてはいかがでしょう。
自分に自信がないことが原因で起こりがちな嫉妬を抑えるには、自分磨きを頑張ってより魅力的な自分になれるよう努力することが大切です。恋人が奪われてしまう、という実際にあるかないかわからないようなマイナスのイメージに打ち勝つことができる強い気持ちをつくることが、嫉妬を抑えることへの近道です。

恋人を今より信頼する

また、恋人のことをもっと信頼してみましょう。信頼していないために、何かあるんじゃないか?と不安な気持ちが嫉妬につながってしまいます。心から愛している恋人ならば誠意をもって信頼してみることにしましょう。不安や心配な気持ちを、自分一人で抱え込まず思い切って恋人に打ち明けてみるのも効果的です。お互いに話し合って、納得すれば嫉妬の芽を摘み取ることができるはずです。

嫉妬の解消法

嫉妬を解消する方法は、他人との競争をやめることです。他人と自分を比較してしまうと、必ず優劣がつくことになります。そして自分が負けてしまった場合、他人より劣っているのだという感情が嫉妬に繋がってしまいます。無意識に他人と自分を比較して競争し、その勝ち負けによって自分の価値を決めつけてしまうのはやめましょう。
他人と自分を比べても何もよいことはありません。

自分に自信を持つ

他人との競争をやめることができたなら、次は自分の価値を認めて、自分は選ばれたのだという自信を持ちましょう。彼の恋人は自分なのだとどんと構えて、ささいなことで動じないようにすることが大事です。
自分の価値に自信がないからこそ、誰かと比較して自分の価値を推し量りたくなるものですが、比較競争することをやめることができたなら、恋人としての自分の立場にも自信を持つことができるはずです。

嫉妬深い人を好きになってしまったら

嫉妬深い人と恋人関係になった場合は、その相手をどれほど大事に思っているかでも対処法は変わってきます。
適度な嫉妬は、自分への相手の気持ちの強さを感じているようで、心地よく感じる時期もありますが、相手のすべてを自分の思い通りにしたいというような過度な嫉妬は、恋人関係を終わらせるに値するものです。

相手に信頼してもらえるように努力する

もしも、嫉妬深い相手との交際を続けていこうと考えるならば、その嫉妬が少しでも抑えられるように、相手に信頼してもらえるように努力していきましょう。
嫉妬による束縛がひどく、自分の自由な時間もままならない程追い込まれているならば、別れることも視野に入れる必要があります。その際は徐々に距離をとっていくのがよいでしょう。別れを急ぐあまり、一気に距離をとると、さらに嫉妬心が深くなってしまう危険性もあります。

ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
メル友も恋人も探しちゃおう~★
運命のお相手との出会いもきっとある
簡単無料登録