初キスのタイミングっていつ?ベストなタイミングと場所も紹介

初キスのタイミングっていつ?

恋人関係になったばかりの男女は手を繋いだりハグをしたり、キスをしたりと段階を追ってお互いの関係を親密なものへとステップアップさせていきます。
特に初キスまでのプロセスは過去に交際経験がある大人でもドキドキしてしまうシチュエーションでしょう。

一度しかない貴重な経験

付き合いだして一度しかない貴重な思い出として何度も思い返すことになる初キスという体験を、良い思い出として残すためにはいくつかコツを踏まえておくと安心です。絶好のタイミングで初キスを成功させるには、自分の気持ちを優先するだけではなく相手の気持ちを推し量る思いやりも重要となります。

交際してから初キスまでの期間

交際してから初キスまでの期間は「デート三回分」という言葉が有名ですが、これはあながち間違いではありません。恋人同士になってから数回デートを重ねることによってお互いの親密さが増していき、相手に対する好感度や愛情度が徐々に高まっていく過程で初キスというシチュエーションが生まれやすくなるからです。
そのため一般的にデート三回目で初キスという言葉が生まれたのでしょう。

交際前にキスするケースも?

しかしなかには交際前からある程度お互いのことを意識していたり、友人として好意を寄せていたというケースもあります。そんな時は告白をした時と同じタイミングでキスを交わしたり、最初のデートで初キスをしたりと交際してから短い期間で済ませてしまうことも多々あります。

大事なのは期間ではなくお互いの親密度

逆に友人の紹介やお見合いなど交際スタート時からお互いがまだ打ち解けていないような間柄であればある程度デートを重ねて一ヶ月程度交際期間を置いてから初キスを交わすのもアリでしょう。
大切なことは付き合ってからの期間というよりも、お互いがキスをするほど親密な関係になっているかというポイントです。

初キスにベストなシチュエーション

その1. ロマンチックな夜景

初キスにベストなシチュエーションといえばデート中に夜景が綺麗な公園でロマンチックな雰囲気に浸りながらが定番でしょう。周囲に人がいても、夜ならばそれほど気にならないため二人だけの世界に入りながらキスが出来ます。
近頃はクリスマスやバレンタインなどにイルミネーションを飾るスポットも多いため、そのような場所に二人で足を運んで初キスをするのもベストなシチュエーションです。ドラマの主人公になった気分で夢のような一時を過ごすことが出来るでしょう。

その2. どちらかの自宅

また周りの目を気にしないで二人っきりの甘い時間を過ごしたいと考えている人には自宅デート中のシチュエーションがおすすめです。
二人でソファに腰かけて話をしたりDVDなどを鑑賞しているときにさりげなく初キスを交わせば、変な緊張感を感じずに甘いムードを楽しめます。思う存分恋人といちゃいちゃしたいと考える人は家デートというシチュエーションを活用するのがベストでしょう。
他にもデートで別れ際にさりげなくというシチュエーションや、お祭りなどのイベントに参加したときなどのシチュエーションがおすすめです。

その3. 観覧車

観覧車でのキスの女性が憧れる場所の一つではないでしょうか。ただ日本にはそもそもあまりお観覧車が多くないということ、あったとしても綺麗な夜景が見える観覧車が少ないことから、手の出しづらいシチュエーションではあるかもしれません。
オススメは横浜の夜景に見える「よこはまコスモワールド」や、葛西臨海公園にある「ダイヤと花」の大観覧車です。夜景と同時に海辺の風景も楽しめるので、綺麗な思い出になること間違いなしです。近くには人の少ない海辺もありますので、その後に二人で過ごすのにもぴったりですよ。

ベストなタイミング

初キスを成功させるためにはタイミングを見極めることが大切です。そのために相手の表情やしぐさなどをよく見て感じておくと良いでしょう。

ベストなのは別れ際

一番タイミングが取りやすいのは別れ際です。デートの帰りに自宅まで見送ってもらったときの別れ際や、彼氏の車から降りるタイミングを見計らってキスをすればとても自然です。
その日のデートの思い出を最高なものにすることが出来るでしょう。キスをして恥ずかしさを感じてしまっても別れ際であればすぐ自宅に帰り着くので安心です。なかなか初キスのタイミングが取れない時に是非試してみたいシチュエーションでしょう。

目が合い続けてからのキスも王道

また、目が合い続けてから数秒たってのキスも定番ですよね。よく映画やドラマのワンシーンであるので一度は見た方も多いのではと思いますが、二人で話し続けているときにふとお互いの顔を見る…数秒間見つめ続ける…そのままキスという流れも鉄板ではないでしょうか。
もちろん現実的にはあまりないシチュエーションですが、二人がお互いにキスを意識しているときに起こりやすいシチュエーションなので、憧れている人はタイミングを伺ってみるのもいいかもしれません。

注意するべきこと

初キスで注意するのは相手にその気がないのに無理やりキスをしないように気を付けることです。そのためには相手の気持ちをよく考えることが大切です。自分だけが盛り上がっていて無理やりキスを迫るのは避けましょう。
また初キスの場合、ディープキスよりもそっと唇が触れる程度の軽いテイストのキスにしておく方が安心です。最初からガツガツしていると相手にひかれる恐れもあるため、まずは軽いキスからスタートし、徐々に関係を深めるようにしましょう。

ありがちなアクシデント

お互いが緊張してぎくしゃくしていると歯がぶつかるアクシデントに見舞われやすいため要注意です。思い切ってキスをしようと勢いをつけると歯に当たりやすいため、緊張していてもゆっくりと顔を近づけるように注意します。また唇が触れる瞬間にそっと動きを止め、それから口を開けて再度唇を触れ合わせていくとスムーズに行えるでしょう。
初キスをする時には万全の態勢で臨めるよう、日ごろからリップクリームで唇のケアを徹底して行ったり、虫歯治療をしてきちんと歯磨きをしておくなどのエチケットも大切です。

初キスの思い出

ファーストキスの思い出は人生で一度きりですが、大人になってからも交際した人と初めてする初キスの思い出は何年たっても色褪せない素敵な思い出となります。
そのため大人になってからも恋人と初キスを迎えるときには絶好のタイミングやシチュエーションで行うように意識することが大切です。交際経験が少なくて初キスが上手くできるか不安に感じている人などは他の人の体験談を参考にしながら自分と恋人の初キスに活かすと良いでしょう。
お互いの気持ちを大切にしながら交わす初キスは、幸せな気持ちで心を満たしてくれる素敵な体験です。