年下彼氏との付き合い方!メリットとデメリットまで解説

年上彼氏より年下彼氏な理由

彼氏を作る時、どちらかというと年下よりも年上の方が頼り甲斐があって守ってもらえそう、そんな風に考える女性もいるのではないでしょうか。
ですが年下彼氏は年下彼氏で良い所や魅力的な所がたくさんあります。

若さゆえの瑞々しさ

フレッシュな所、体力がある所といったように若さゆえの瑞々しさを感じられるのです。
また年上彼氏は何だか「いう事を聞かなきゃ」とか「ケンカしづらい」といった悩みを持つ人もいるかもしれませんが、年下彼氏ならそんな風に気負いする事もありません。そんな年下彼氏のメリットや恋愛を成功させるコツをご紹介します。

年下彼氏と付き合うメリット

年下彼氏と付き合うメリットは何と言ってもその若さです。体力があるので休日もアウトドアや旅行等に誘いやすいですし、体の面で頼り甲斐が生まれます。
もちろん個人差があるので一概には言えませんが、年上の同じ体格な男性と比べればまだまだ余裕があるでしょう。

何をするにも新鮮

またフレッシュさがあり初めての事が多く、何をするにも新鮮な楽しさが感じられます。この他年下彼氏とのお付き合いは自分自身の成長にも繋がります。
まだ人間的にも男性的にも未熟な部分がある年下彼氏をサポートしてあげる事で、自分の人間性や女性としての魅力を成長させる事ができるのです。

年下彼氏と付き合うデメリット

年下彼氏と付き合う上で気になってしまうのが収入面です。もちろん優秀な彼氏なら新卒でも十分な収入を得る事はできますが、皆が皆そうという訳ではありません。
また学生の年下彼氏と付き合う女性もいるでしょう。社会人の年下彼氏だったとしても、新しい仕事を覚える事でいっぱいいっぱい、自分が頼りたい時に頼れない可能性もあります。

若い子に取られてしまうのでは、という不安

そしてやはり「若い子に取られてしまうのでは」といった悩みは尽きません。どんなに美容に力を入れても本来の若さには勝てない部分があります。
年下彼氏との信頼度や付き合いの長さにもよりますが、関係に自信が持てない内は女性関係に悩む事が多いでしょう。

年上からの効果的なアプローチ

年上女性から年下男性への効果的なアプローチは、包容力です。やはり包み込むような温かさは、どんなに優しい女性でも年上の女性には敵わない部分があります。
これまでの人生経験を生かし年下男性が辛い時は失敗を責めたりせずに、優しく諭し受け止めてあげる事で年下男性も貴女に甘えたくなるでしょう。ただここで加減を間違えると「頼れる姉的な存在」と思われてしまうので、ひたすら甘やかしてしまうのは厳禁です。

男性らしさ、を立ててあげる

時には距離を置いてミステリアスな雰囲気を醸し出したり、相手を立てて「男性らしさ」を褒めてあげるといった事も必要です。
また時には弱さを見せる事で、「守ってあげたい」といったように庇護欲を掻き立てられるでしょう。このように年上ならではの強さと、女性としてのか弱さのギャップを見せる事がポイントです。

年下彼氏との恋愛を成功させるコツ

年下彼氏との恋愛を成功させるコツは、あまり束縛しすぎない事です。「大人の女」としての余裕を持つ事で、彼も貴女に見合った男に成長しようと頑張るでしょう。
年下彼氏と付き合う際に大切なのは、まさにこの「差」です。同じ年で収入や実力に差があると無理に競ったり比べて落ち込む事もありますが、年の差がある事で年下彼氏は「追いつこう」と頑張れるのです。
もちろんこの埋められない差を「ブランク」としてマイナスに考えてしまう事もあるかもしれませんが、あるがままの彼を貴女が受け入れてあげる事で彼も自分を信じ伸び伸びと成長できます。時には叱り時には優しく包み込み、このように年上女性が温かく見守ってあげる事が大切なのです。

時には「弱さ」を見せる

またこのように年上としての余裕を持つ事も大切ですが、時には弱さを見せて年下男性に頼ったりもしましょう。いつまでも見守られているだけでは、年下彼氏も男性としての自信を持つ事ができません。重い物を持ってもらったりという事でも良いですし、彼の得意分野について尋ねてみたりといった細かなコミュニケーションも良いでしょう。

よくある悩みと解決法

年下彼氏とのお付き合いで悩むのは、結婚についてです。年の差が開けば開くほど、相手が若すぎてまだ結婚を考えていないといった事もありえます。最初から「いつ結婚する?」なんて迫っては相手も引いてしまいますが、仲が進展していくに従って「結婚する年は考えた事ある?」と言ったように小出しにすると良いでしょう。
また結婚は家庭を築くという事、普段から料理で胃袋を掴んだり、心地良い住まいにしておく事で段々と彼も貴女から離れられないようになっていきます。ただこの時家事をやりすぎると、良い家政婦さん扱いされてしまうので、気を付けましょう。

結婚のための目標を設定する

彼がしっかりとした男性なら結婚について話し合い、「キャリアを積んだら」や「貯金が貯まったら」といった一つの目安を作るのも良いです。
逆にちょっと頼りない彼なら、結婚の意思はあるのかしっかり確認しておかないとどんどん婚期が遅れてしまいます。勇気があれば、逆プロポーズをしてみるというのも一つの手です。彼が煮え切らないようなら、自分から積極的にアピールをしてみましょう。