恋愛相談は誰にするべき?女友達?好きな人?理由も含め解説

恋愛相談してはいけない相手とは?

恋愛の悩みを誰かに相談したいと思った時、周囲には色々な人がいると思います。恋愛相談をする上でまず気をつけておかなければならないのが相談してはいけない人に相談してしまう事を避けるという点です。こういう人に相談するのはNGという例を挙げてみます。

お喋りな人

まずはお喋りな人。とにかく話す事が好きでずっと喋っている人があなたの周りにもいると思います。
もちろん一緒にいると楽しいという事もあるのですが、真面目な相談をするのには向いていません。恋愛の悩みと言うのは相談した人以外には知られたくないものですが、お喋りな人にそういった秘密を漏らしてしまうとかなりの確率で他の人にも知られてしまいます。
秘密にしておいて欲しいと言ってもうっかり口を滑らせてしまう事も多く、人づてに好きな人伝わってしまって関係がギクシャクしかねないので、相談するのであれば口の堅い人にしなければなりません。

空気の読めない人

また空気の読めない人も同じ様に避けなければなりません。空気が読めないという事は、あなたの事を考えたアドバイスなどはほぼ期待出来ないでしょう。
自分の一方的な考えを投げつけたり、辛らつな発言、または茶化すなどしてあなた自身が傷ついてしまう可能性があります。

恋愛相談に向いている相手 女友達

恋愛相談に向いている人と言えば、女友達がまず考えられます。やはり同姓であるという安心感もありますし、親しい友人は大体同姓である事の方が多いので、必然的に女友達が相談相手の候補に上がってきます。
同姓が相談相手に向いている理由としてはあなたの考えている事を理解しやすく、人によっては同じ境遇で悩んだ事があったりと何かと共感する点も多いので、適切なアドバイスが貰いやすいというメリットがあります。まずは身近な女友達に相談するというのが一番有力な選択肢になると思います。本当に親友と呼べる様な人であれば親身になって相談に乗ってくれますし、秘密も漏らさない事でしょう。

恋愛相談に向いている相手 男友達

悩みの内容によっては同姓より異性の方が相談相手に向いている場合もあります。例えば恋愛の悩みとなっている男性がどういった事を考えているのか知りたいという場合には同じ男性の方が心理を把握しやすいですし、共通の友人であったりする場合は、上手く聞き出してくれるかもしれません。
親しい男友達がいる場合には相談してみるのも良いでしょう。ただし、共通の友人を介すると自分の悩みが悩みの対象に伝わってしまうリスクも高くなるので、秘密を守れるしっかりとした男友達に相談する必要があります。

恋愛相談に向いている相手 好きな人

これは状況によって使えたり使えなかったりするのですが、かなり有力な相談相手となるのが好きな人です。
実際に悩んでいる相手に直接相談するというのは勇気が要りますし、片思いの場合はちゃんと話すことすらままならないので条件付きという相談相手になります。
それは好きな人とある程度フランクに話せる間柄だと言う事。例えば今は友達だけれどあなたは恋愛関係に発展させたいと思っている場合などには適しています。

相談と同時にアプローチが可能

好きな人相談相手とするメリットは相手に直接アプローチする事が可能だという点です。
こちらの悩みに気づいていないという場合であれば、相談を通して遠回りに意識させる事が出来ます。ただ相談内容や相手の性格によっては関係を悪くしてしまう可能性もあるので、相談相手として適切かどうかはよく注意しておく必要があります。

恋愛相談に向いている相手 初対面の人

恋愛相談を初対面の人にするというのも一つの手段です。初対面と言ってもその辺りを歩いている人に相談するという意味ではありません。
ここで言う初対面というのは人生相談の先生であったり占い師であったりと、普段から人の悩みを多く聞いているプロに相談するという事です。

秘密の漏れる心配がない

こういった人に相談するメリットというのはまず秘密が漏れる事がほとんどないという点です。恋愛の悩みの中には親友にすら相談出来ないという内容もあります。悩みを一人で抱え込んでしまうというのは良くないので、まずは誰かに相談するという事が重要となってくるのですが、その相手として向いています。

その手のプロに相談する

そしてもう一つのメリットが、悩みの解決方法を熟知しているという点です。人の悩みを聞きアドバイスをするのが仕事なので、恐らくあなたと類似する悩みも多く聞いているはずです。
その中からどういったアドバイスをすれば解決に向かいやすいのかというのも心得ているので、相談内容に合った適切な答えをもらえる可能性が高いのです。

最後は自分の行動がすべて

ここまで色々な相談相手を紹介してみました。まずは自分の置かれている環境に当てはめてみて、相談出来そうな人とそうでない人を分けてみる所から始めると良いでしょう。
恐らく適切な人に相談すればあなたにとって良いアドバイスをしてくれたり、応援してくれたりするでしょうし、相談相手によっては問題の解決のフォローもしてくれるかもしれません。
しかし結局最後は自分で行動しない事には悩みは解決しません。あなたが勇気を持って問題解決へと向かった時、相談相手のアドバイスやフォローはあなたの恋愛の悩みを解決するのにきっと役に立ってくれるはずです。