どうしても諦められない!略奪愛をする覚悟と、成功させる方法について

略奪愛とは

好きになった相手にたまたま彼女がいたり、結婚していたということって意外とあるものなんです。それがまだ結婚していなくて付き合っている段階だと、その男性に振り向かせて自分の彼氏にできる確率も高いです。
でも好きになった相手に奥さんがいて、何とか自分が彼の奥さんになりたいと思うのも女性の心理としては大いにありますね。どちらのパターンもいわゆる略奪愛です。

略奪愛は悪いことか

略奪愛と聞くと恋人同士や夫婦のなかを無理に別れさせて、自分と恋愛関係にもっていこうとするので、イメージも悪いことのように思われます。なかには好きになった男性に相手がいるとわかった時に、諦めて別の人を探す人もでしょう。
でも一度好きになるとその気持ちを抑えることができないという女性のほうが、実際は多いのではないでしょうか。それが恋愛なのです。

略奪愛をする際の覚悟

好きになった男性に恋人がいる場合、その男性を何とか略奪したいと思っていてもなかなか行動に移すことができないでしょう。
ずっと思いを胸に秘めているか、またその男性に恋人同士である女性より自分を選んでもらうために何らかの形でアタックするか、いずれにしても彼女に対する気持ちが冷めないと別れてはくれないでしょう。

仮に成就しても

仮に別れて自分を好きになっても、相手の女性からの妬みや嫌がらせもあるかもしれません。これが結婚している相手を好きになった場合はどうでしょう。
恋人同士の関係を引き裂くのと違い、すでに婚姻関係にあるのを別れさせるわけですから、もしかして相手の奥さんが訴訟を起こしたり、また裁判になって慰謝料を請求されるなど相当の覚悟はしておくことです。

略奪愛を成功させるコツ

人を本気で好きになると、相手がいても奪いたいという気持ちが勝つでしょう。人に略奪愛と言われても非難されることがあっても、その彼と恋人関係になりたい、また彼の奥さんになりたいと思う人も多いでしょう。

気をつけなければいけないこと

略奪愛を成功させるには、いくつか気を付けなければならないことがあるようです。もし彼が彼女や奥さんと別れていないときに二股や不倫関係である場合、彼が相手の愚痴をこぼしても自分は決して彼女たちを悪く言わないことだそうです。
さらに彼が愚痴をこぼしてもさらっと聞き流し聞いてあげることで、彼が彼女や奥さんより自分をいいと思ってくれたり、また話しやすいと感じて、信頼してくれる度合いが高くなるようです。

外見も彼の好みに合わせる

外見も彼の好みに合わせていくことが大事なことの一つだそうです。また略奪愛は体の関係があるなしによっても違いがあり、なかにはセフレのような関係が続いている人もいて、そういう人には彼に自分といる時間を楽しいと思ってもらうことが大事になります。
関係がない人は、相手に自分の思いを気づかれず、略奪するチャンスを狙いながら、自分の内面を磨いていくことです。

略奪愛の成功例

ここで略奪愛の成功した例をあげてみましょう。略奪愛を成功させるには、恋人関係ならば彼女より自分といる時が一番楽しいと思ってもらうことです。まだ付き合っている段階での略奪愛は、彼の気持ちを振り向かせることで成功する確率も高いと言えるでしょう。

既婚者を好きになった場合

ただ好きになった相手が既婚者だった場合はどうでしょう。不倫関係から略奪に成功した例は、別居していて夫婦の関係が完全に終わっているときに彼と知り合い、不倫関係から略奪できたということがあるようです。
まだ夫婦の中が冷え切っていない状態での不倫関係の男性は夫婦関係に刺激が欲しいなど、欲求を満たすためだけの場合があり、離婚まで踏み切る勇気はないことが多いようです。

実践する前に学んでおきたい、略奪愛の失敗例

略奪愛に失敗した例は多いのではないのでしょうか?付き合っている恋人関係のときの略奪愛は、自分も同じように別の女性から略奪されたという話もあります。また、略奪愛に成功したと思っても実際付き合ってみると、こんな人だったんだ!と思うことも少なくはありません。

既婚者を好きになった場合は?

それが既婚者を略奪した場合はどうでしょうか。多くは男性を早く略奪したいという思いが先に出てしまい、彼の奥さんに別れるよう手紙を出したり、また目立つ行動をとってみたり、その結果奥さんにばれてしまって慰謝料を請求されたという事例が実際にあるようです。
結局は、その不倫関係にある彼とも別れることになり、略奪愛は失敗に終わったということです。焦る気持ちもわかりますが、本気で略奪愛を成功させるには目立った行動は控えることです。

行動する前に気をつけておきたいこと

好きになった相手にはすでに彼女や奥さんがいた場合、どうしても自分のものにしたいと焦る気持ちがあり、行動に出してしまいがちですが、失敗したら元も子もありません。その失敗が自分の人生も狂わせてしまいかねません。でもたとえ彼女や奥さんがいても人を好きになることは止めることができないでしょう。

長い期間が必要になることを意識

でも略奪愛には注意が必要です。まず略奪愛には長い期間がかかることもあるということです。またたとえ略奪愛に成功しても妬みや嫌がらせがあることも覚悟をしておかなければなりません。
相手に奥さんがいる場合は、慰謝料を請求されることもあるということをよくわかった上で行動には十分注意することです。

職場に迷惑をかけることも考慮に

さらに略奪愛を貫いたばかりに社会的な面で職場に居づらくなるということもあり、また逆に略奪されるということもあるかもしれません。社内恋愛の場合には特に注意することが求められます。
略奪愛が成功してもその後別れてしまうこともあるようです。略奪愛はさまざまな面で注意が必要で、またリスクもあるということです。

まとめ : 時には諦めも肝心

ここまでで略奪愛について触れてきましたが、たった一度の人生でいろんな恋愛経験をするでしょう。その一つが略奪愛であったとき、本気で思った相手なら略奪するという選択もあるでしょう。
でも恋人関係の略奪愛は成功しやすいですが、相手が既婚者で不倫関係からの略奪愛は必ずと言っていいほど困難が伴います。もしかして自分の人生が台無しになるかもしれません。
周りには既婚者の男性よりも、もっと魅力的な人がいます。堂々とお付き合いできる人を見つけることで人生がよりいいものになるでしょう。自分の人生のため、また周囲の人たちを傷つけないためにも略奪愛を諦める勇気も必要です。

ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
メル友も恋人も探しちゃおう~★
運命のお相手との出会いもきっとある
簡単無料登録