マンネリってどういう状態?マンネリの特徴と解決方法

マンネリとは

マンネリとは、付き合った当初は情熱的に相手のことを想っていたのに、時間が経つと気持ちが徐々に落ち着いてくることです。次第に新鮮味が失われて、一緒にいても退屈しがちになります。
基本的に、人間は誰しも異性と付き合い始めの頃は、とにかく好きで好きでたまらないという心情になりがちです。毎日でも会いたいと相手に夢中になるものですが、何年も付き合い続けると何が面白くない、燃えるような恋愛ができないといった感覚になってくるのです。恋愛において、マンネリは誰しもが通過する試練ともいえます。

マンネリ化しているカップルの特徴

マンネリ化しているカップルの特徴を挙げると、まず相手に対して以前と比べて興味が持てなくなります。なので、デート中に相手が何か話しているのに全く聞いていなかったり、適当に相槌を打つだけ・返事もしないでスルーするなどしてしまいがちです。
このように相手に対して素っ気なく対応すると、別れのサインだと受け取られてしまいます。したがって、最終的には別れる可能性が高いです。

頻繁に合わなくなる

その他の特徴を挙げると、付き合いたての頃よりも頻繁に会わなくなります。たとえば、ラブラブだった頃は毎日のように会っていたのに、マンネリ化してかれこれ1ヶ月会っていないというのは良くある事です。極端に会う回数が減っても相手を恋焦がれることがなくなってしまったら、別れの兆候だといえます。

マンネリからの脱却方法

マンネリ化に悩んでいるカップルが、以前のようにラブラブな関係に戻るにはどうすればいいのでしょうか。そもそも人というのは、基本的に飽きやすい生き物です。したがって、恋人と付き合い始めの頃の情熱的な気持ちを長期間、保ち続けることは不可能に近いと言えます。つまり、マンネリ化を脱却するには、飽きないと思える関係を築く努力が肝心です。

デートをパターン化しない

具体的に言うと、恋人とのデートではパターン化せずに、目新しいスポットに出かけることをおすすめします。そもそもマンネリ化してしまうと、面倒に感じてデートプランを考えることがなくなります。たとえば、食事に行って買い物をして終わりというように常に似たような内容のデートばかりになりがちです。

新しいデートプランを

このように同じデートプランを繰り返していると、ドキドキ感がなくなり、相手に飽きやすくなってしまいます。よって、遊園地や美術館や屋外でのアスレチックなどいつもと違うデートプランを提案してみるといいでしょう。すると、相手の新しい一面が見られて新鮮な気持ちになれます。

服装に手を抜かない

その他にも、服装も手を抜かずにお洒落な格好をする事が大事です。誰しも恋人と付き合い始めの頃は、相手に好かれたい一心でお洒落に気を配るものです。
ただ慣れてくるとスウェットなど楽な恰好を選んでしまいがちになり、会った時のドキドキ感が薄れてしまいます。
さらに、女性の場合は、メイクにも手を抜いて平気でスッピンで恋人と会ってしまう方もいます。いつも外見に気を使う必要はありませんが、デートなどお出かけの時だけはきちんとメイクしてオシャレを楽しんだ方が良いです。

マンネリにならないために

恋人とマンネリにならないためには、相手に自分の愛情をきちんと伝える事が大事です。付き合って慣れてくると、相手に「好き」という愛の言葉を面倒で言わなくなってしまう物です。日本人の感覚からすると、いちいち口に出して言わなくても伝わっていると思ってしまいがちではないでしょうか。
ただマンネリ化して素っ気無い態度を取られると、相手からすると愛情が薄くなったと感じてしまうものです。なので、ちゃんと「好き」という愛の言葉を伝えれば、相手が改めて愛おしく思ってくれるきっかけになるかもしれません。

付き合って1年以上のカップルは確認

付き合って一年以上のカップルは、相手にだんだんときめきが無くなってきてしまう事が多いです。2人でいることが当たり前になってしまい、出会った頃の刺激がなくなってしまうのが原因かもしれません。ただ確認してほしいのは、新鮮な気持ちがないのが原因で恋愛が上手くいかないというわけではないことです。

マンネリは関係の安定化

そもそもマンネリの関係は情熱が失われているという悪い意味だけではなく、二人の関係が安定していることを意味するからです。互いの長所・短所を認め合いながら、うまく気持ちのバランスを取ることができているといえます。
つまり、相手と波長が合っている証なので、関係が1つステップアップしたと前向きに捕らえたほうが良いです。

よくある疑問

マンネリ化しているカップルは、「相手のことを好きかどうか分からなくなった」という質問をよくされます。
このように好きか分からなくなってしまうのはどうしてでしょうか?そもそも人間は恋愛を開始した当初は、相手を好きという熱い気持ちで突っ走る傾向にあります。
それで、会えない時に相手に会いたいという強い衝動が生まれることで、好きだという気持ちを認識しています。しかし、付き合って時間が経つと、気持ちの安定から会いたいという気持ちが薄くなっていきます。それで、熱い想いを感じられないため、恋の気持ちが薄れていくのです。

相手との未来を考えてみる

「相手のことを好きか分からなくなった」場合の対処法は、冷静に相手がいる未来と相手がいない未来を考慮するといいでしょう。どちらの未来が自分にとって幸せか、自分の気持ちに素直になって判断していきます。そして、相手と将来一緒にいることを選ぶのなら、これからどう行動すれば幸せになれるか考慮しましょう。すると、マンネリ化から脱却して幸せな将来を掴むことができます。”