恋人繋ぎは当たり前?恋人繋ぎをする心理と二人の関係性についてまとめ!

恋人繋ぎとは

恋人繋ぎとは、恋人同士の手のつなぎ方の一種です。お互いの指と指を絡ませて手を繋ぎます。そうすることで、普通に手のひらを合わせて手を握るよりも密着感を得ることができます。
握手するように握るやり方は恋人同士ではなくてもすることがありますが、恋人繋ぎは恋人同士だからこそできるもの。その関係性を象徴するような恋人繋ぎは、二人の親密度を簡単にアップさせる方法でもあり、男女に欠かせないスキンシップの手段として好まれています。

恋人繋ぎをしたくなる男性心理

恋人繋ぎをしたくなる男性心理では、やはり親密度によるものが大きいようです。
もっと密着して彼女を近くに感じたいと思う男性は恋人繋ぎが好きです。実際には普通に手を繋いでいるのと距離は変わらないはずなんですが、恋人繋ぎによる相手と密着しているという感じが距離の近さを感じさせてくれます。

独占欲の表れ

一方で独占欲の表れであるとも見ることができます。恋人繋ぎは簡単には解けない繋ぎ方。彼女が自分のそばから離れていかないようにしたい、文字通り繋ぎ止めておきたいと考えるんです。もちろんこれは愛されている証拠でもあるので、彼女の方も重いなどとは感じずに、優しく繋ぎ返したいですね。

付き合ったら当然と考える男性も

また、付き合ったら恋人繋ぎをするのが当然だという認識がある男性も少なくないようです。恋人繋ぎはスキンシップの第一段階。深い仲になってからの最初の一歩とも言え、本当に恋人同士になったんだという実感を得ることができるものです。特に付き合って間もない頃はふとした瞬間、がっちりと繋がれた手を見ると大きな幸せを感じられますよね。

恋人繋ぎをしたくなる女性心理

では女性の方はどう思っているのでしょうか。
恋人繋ぎをしたくなる心理にはやはり男女で違いがあり、女性は主に「好きだからくっついていたい」という、シンプルな恋心から恋人繋ぎを選ぶ傾向にあります。

密着から幸せを感じる

密着している感じの強い恋人繋ぎですが、その距離の近さを好む点は男女で変わらず。しかしどうやら女性には、そのしっかりと繋がれた手から特別なものを感じる人が多いよう。彼と密着している安心感や肌を通して伝わる温もりは、まさに凝縮された幸せです。精神的にも温かさを得られる点が女性が恋人繋ぎを好む最大のポイントと言ってよいでしょう。

交際前の恋人つなぎは?

一般的に恋人繋ぎはその名の通り恋人同士がするもの。それによる特別感もとても大きいです。しかし中には、そういう関係になっていないのにも関わらず恋人繋ぎをしてくる男性・女性もいるようです。
恋人繋ぎは距離感の近いものですし、誰にでもすることではありませんから、そういった相手にはまず下心があるのではないか疑ってかかりましょう。

相手との関係を動かしたい・変化させたい

男女関係なく、まだ付き合っていないけれどこれからそうなりたいと思っている相手にそれを伝えようとして恋人繋ぎをする人も存在します。自分の気持ちを知って意識して欲しいという心理ですね。
また、相手の気持ちがわからないので、嫌がられないよう祈りつつ、脈アリかナシか恋人繋ぎによってその場で判断してしまおうという考え方もあります。なんだか勝手とも言えますが、潔いとも言えそうです。

恋人繋ぎしたい男女の悩み

恋人同士には当たり前だと言われる恋人繋ぎも、様々な理由で悩みの種になりえます。

# 手汗

その一番の問題が手汗。普通に手を握るだけでも汗はかきますが、恋人繋ぎは指まで絡ませます。特に夏場は手汗のかく量も多くなってしまいますから、自分の手汗を気にしていないか不安になるだけでなく、相手の手汗も気になるのは自然なこととも言えますね。恋人繋ぎが苦手というよりは手を繋ぐこと自体悩みになりかねません。
基本的には、たとえべったり汗をかいていたところで、「好き」という無敵の感情があるから不快にはならない、という人が殆どですが、もしどうしても気になる時には手を握るのをあきらめ、代わりに腕を組んだり、彼女の方が彼氏の袖をつかんだり、彼に肩を抱いてもらったりといったふうに、恋人繋ぎをせずに親密度を高めるやり方を考えるのも一つの方法ですよ。

# 恥ずかしい気持ちがある

これは特に男性に多いようですが、親密度のせいか、恋人繋ぎをするのが恥ずかしいという人もいます。繋ぎたい方としては少し寂しくなりますが、好きな人を思いやる気持ちも大切。自分が恥ずかしい場合も、パートナーが恥ずかしがっていると感じる場合も、自分自身の気持ちを伝え、相手の気持ちも優しく確認したいところ。握手型のやり方で慣らしてから、ゆっくり恋人繋ぎへシフトするのも良い解決法です。

# 恋人でないのにしてもいいのか

恋人同士でないのに恋人繋ぎをされることでの悩みは言うまでもないでしょう。
好意を抱いている人からの行為なら、ドキドキして相手を意識するという可愛い悩みになるかもしれませんが、何とも思っていない人、ましてや良く思っていない人から突然恋人繋ぎをされたら、嫌の一言ですよね。

# 下心、ノリが見え隠れした場合

下心があるのか、それともノリでやっているのかを瞬時に判断するのが難しくても、そういう場合にはきっぱりと嫌だと伝えましょう。
いずれにせよ本当に好きだという気持ちがあるのなら、こういう人は恋人繋ぎに限らず、知らず知らずのうちに様々なアプローチをしてきている可能性が高いです。相手の気持ちが真剣なのかきちんと見極めて、今後の関係を考える必要があるでしょう。

恋人繋ぎにぴったりのシチュエーション

恋人繋ぎを常にしているというカップルも一定数いますが、やはり恋人繋ぎにぴったりのシチュエーションというのは存在します。最も良くあるのが、休日の街中やテーマパーク、お祭りといった、大勢の人がいる中でデートをする時です。
特に都会では、二人で横に並んで歩くことも困難な人ごみも珍しくありませんよね。そんな時はしっかりと指と指を絡ませ、絶対にはぐれないようにしましょう。お互いの存在を意識し、時に確認できることで特別な安心感が得られます。

冬は絶好のシチュエーション

ほかにも冬のデート中、彼のコートのポケットに手を入れて、その中で恋人繋ぎをするのも一つの手。実際に経験がある人も中にはいるんじゃないでしょうか。暑い日には手汗が気になるとしたら真逆の寒い日は恋人繋ぎに絶好のシチュエーション。相手の温もりを感じながらのデートは、寒さも吹っ飛ぶような幸せですね。

恋人つなぎのタイミング

恋人繋ぎを友達関係の時点でする人は少ないでしょう。しかし恋人と名が付くからと言って誰もが付き合ったら即踏み出せるかというと別問題です。特にお互いが恥ずかしがり屋だったり、もしくはどちらかが極端にそうであったりした場合には難しいもの。

男性側から聞いてくることが多い?

そもそも手を繋ぐタイミングすらわからないのに、恋人繋ぎなんてどうすればいいのかと悩んでしまう人もいるはずです。自然にできれば越したことはないですが、実際には主に男性の方から「手を繋いでもいい?」とずばり聞くことが多いよう。
外でデートしている時に「はい」と言って彼から手を差し伸べられたら、そっと微笑んで握り返したいです。

どちらから誘うもの?

普通の手の繋ぎ方さえできれば、後は自然の流れで恋人繋ぎもできたというカップルも少なくありません。その一歩がまた簡単でない場合には、彼のさりげない提案を待つか、女性の方から言いましょう。
多くの場合、手を繋ぐことを誘うのは男性ですが、もし恋人繋ぎをしたくてもう待てないと思ったら女性から言っても勿論何の問題もありません。むしろ彼は喜ぶこと間違いなしですから、不安にならずに積極的に打ち明けてしまいましょう。

ペースはカップルそれぞれ

付き合い始めて最初のデートだろうが、一ヶ月、二ヶ月と経っていようが、それはそれぞれのペースです。ベストなタイミングは人それぞれ、カップルそれぞれ。周囲を気にせずに、焦らずゆっくり仲を深めることが大切です。
親密な雰囲気を出せ、男性には独占欲、女性には安心感や温もり、そして双方ともに密着感と愛情を覚える恋人繋ぎは恋人達の幸せのシンボルですね。