乳首をピンク色に整える方法!お手入れにおすすめのグッズも紹介

乳首の色で悩む女性は多い

乳首の色は人によってさまざまです。
乳首の色がピンク色の人もいれば、黒色の人もいますし、茶色の人もいます。あるいは、乳首の色がもともと茶色だったのにケアをしてからピンク色に変わったという人もいます。

色の違いは何が原因?

このように乳首の色が人によって違ったり、変わったりするのはメラニン色素が関係しています。メラニンは肌の色を黒くする作用を持っていて、この分泌量が人によって異なりますので、乳首の色がさまざまというわけです。そしてメラニン色素の分泌を抑えることができれば乳首の黒ずみも解消することができます。

人種による違いの解説

ちなみに、ヨーロッパの白人女性の乳首がほとんどピンク色なのは、メラニン色素があまり活性化しにくい体質を持っているからです。
また、日本人であっても65歳以上の高齢者になればメラニン色素の分泌が少なくなってきますので、乳首の色は薄くなっていく傾向があります。このようなことを考慮すると、乳首の色を変えるにはメラニン色素の分泌を抑制することが効果的な方法だとわかります。

乳首の色を整える方法

1. クリームの塗布

乳首の色をピンク色に整える方法は3つあります。1つは肌細胞を活性化させる働きのあるクリームや、メラニン色素の分泌を抑制する効果のある美白クリームを毎日乳首に塗布することです。これを毎日繰り返すと乳首の黒ずみが薄くなっていき、最終的にはピンク色になるでしょう。
ただし、顔のシミを薄くするために用いられる美容クリームを乳首に使用してしまうと、乳首には刺激が強すぎて炎症を起こすことがあります。くれぐれもバストトップ用のクリームを使用するようにしましょう。

クリームと違い化粧水はNG

巷で言われている乳首をピンク色の変える方法の中で実際には効果のないものもあります。その代表的なものが美白化粧水の使用です。
美白化粧水に含まれている美白成分はメラニン色素が蓄積しないようにする働きを持っているだけで、メラニン色素を排出したり、分泌を抑制することはできないのです。そのため、既に黒くなっている場合はいくら塗布しても意味がないのです。したがって、美白化粧水を塗布することはおすすめできません。

2. 適度な運動やエクササイズ

乳首の色をピンク色にする方法の中で日ごろからできる対策を紹介します。たとえば、適度な運動やエクササイズをすることです。基礎代謝を上げることで血行を促進させるだけでなく、肌のターンオーバーを正常にすることができます。そうすれば乳首の黒ずみがある程度改善されます。

3. 睡眠をしっかりととる

また、睡眠をしっかりと取ることも効果があります。人間は22時から2時までの時間帯にもっとも成長ホルモンが分泌されます
。この時間帯は肌のゴールデンタイムとも言われているほどです。この時間にしっかりと寝ることも重要なのです。さらに、バストのサイズに合ったブラジャーを装着することも効果があります。
メラニン色素の沈着はブラジャーの摩擦によっても引き起こされることがあるのです。この摩擦はブラジャーのサイズが合っていないときに起こりますので、きちんとブラジャー選びをしましょう。

使うグッズ

乳首の色をピンク色にするのに使うグッズは乳首専用のクリームです。たとえば、ホワイトラグジュアリープレミアムが挙げられます。これは他の美白クリームとは異なって乳首の黒ずみ対策専用に開発されたクリームです。

選ぶべき美容成分

美白成分としてビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタ、ヒアルロン酸などが配合されています。この中でもアルブチンはハイドロキノンの効果を持っていて漂白効果が極めて期待できます。
また、トラネキサム酸、ルナホワイト、プリンセスケアなどが配合されているホスピピュアもまたおすすめです。湘南美容外科が開発した乳首専用のクリームで、特にトラネキサム酸が肌の内側から色素沈着作用のあるメラノサイトに働きかけてくれるのです。これらの乳首専用クリームを使ってピンク色の乳首をゲットしましょう。

よくある疑問

乳首の色に関してよくある疑問としてしばしば取り上げられるのが、乳首の色が黒いのは男と遊んでいるからというものです。男性経験が多いと乳首が黒くなると思っている男性が多いようですが、性交渉が多いことと乳首の色との相関関係はありません。
乳首の色はあくまでもメラニン色素の沈着の程度如何によって決まるだけです。女性の外陰部の色もまた性交渉の多さとは関係がありません。どちらも根拠のない俗説ですので、気にしないようにしましょう。

根本的な解決の方法

乳首の色が黒ずむのはメラニン色素の沈着によるものです。黒ずんだ乳首からピンク色の乳首に変身させたいのであれば、この根本原因であるメラニン色素の分泌を抑制することです。そうすれば薄くなってピンク色になっていきます。

乳首専用のクリームが最適

具体的には、ホワイトラグジュアリープレミアムやホスピピュアなどの美白成分がたっぷりと配合された乳首専用クリームを使うことです。睡眠をしっかりと取ったり、適度な運動をしたり、バストのサイズに合ったブラジャーをつけるようにするなど日常からできる対策もあります。効果的な方法を実践すれば乳首の色をピンク色にすることは決して夢ではありません。