本当に安全?低用量ピルの正しい使い方と副作用・口コミを紹介

低用量ピルとは

低用量ピルとは、名前が示す通り有効成分がごく少量だけ含まれた経口避妊薬のことです。女性ホルモンと同じ働きをする成分が配合されており、女性の体内のホルモンバランスをコントロールして妊娠しにくい環境にすることができます。
日本でも1999年に認可され、一般的に利用されるようになりました。主な使用目的は避妊のためですが、それ以外にも生理痛の緩和や月経前症候群の改善など、婦人科系の疾患の治療目的でも幅広く利用されています。

実際に服用している人の意見

実際に低用量ピルを服用している人からは、「1錠飲むだけなので手軽」「副作用もほとんどない」「生理不順も良くなって一石二鳥」など、様々な口コミが女性専用SNSや医療機関のホームページなどに寄せられています。

低用量ピルの正しい使い方

正しく使用すれば高い確率で妊娠を防ぐことができる低用量ピルですが、その高い効果を発揮するには正しい使い方を守る必要があります。基本的に1ヶ月分が1つのシートに封入されており、生理が始まった日から毎日1錠ずつ決まった時間に服用していきます。同じ時間に服用するのは、血中のホルモン濃度を一定に保ち、効果をより確かにするためです。

バラバラの時間では効果が得られないことも

例え毎日忘れずに服用していても、バラバラの時間では血中濃度が不安定になり、正しい避妊効果を得られないので注意が必要です。万が一飲み忘れた場合は、1日飲み忘れただけなら気づいた時点ですぐに服用し、その日に本来飲むはずだった分もいつもの時間に服用してください。
2日以上飲み忘れていた場合は効果が途切れている可能性が高いので、その月は低用量ピル以外の避妊法を行わなければなりません。

低用量ピルの成分とは

低用量ピルには、女性ホルモンによく似た成分が配合されています。これを摂取することで、体内の女性ホルモンバランスを人工的に変化させ、既に妊娠している状態に近づけることができます。
すると排卵が起きず、精子と卵子が受精する機会がないため妊娠を防ぐことができるのです。この他、子宮内膜の成長を阻害して受精卵の着床を防いだり、子宮頚管の粘液の粘り気を高めて精子の侵入を防ぐなど、様々な効果が総合的に作用することで高い避妊効果を発揮しています。正しく服用した場合、約99%以上というほぼ確実な避妊効果を得ることができます。

生理周期の乱れを防ぐ効果も

さらに、1ヶ月にわたってホルモンバランスを理想的にコントロールするため、生理周期の乱れを防ぐ効果もあります。生理不順を安定させることができますし、子宮内膜が厚くなるのを防ぐことで生理の際の出血を抑え、生理痛を緩和させることも可能です。低用量ピルの作用で排卵が抑制され、子宮のダメージも少なくて済むため、卵巣がんや子宮がんの発症リスクを軽減させることもできます。

副作用のリスク

高い避妊効果で女性の助けとなってくれる低用量ピルですが、副作用のリスクもあるので注意しなければなりません。配合されている成分の影響で妊娠状態に近づくため、つわりのような症状が現れることが多いです。
頭痛や悪心、吐き気に便秘、胸の張りや痛みなどを感じることがありますが、これらの副作用は低用量ピルに慣れていくと次第に消失していきます。

三ヶ月で副作用は感じなくなることが多い

だいたい3ヶ月ほど服用を続けると副作用を感じなくなることが多いので、様子を見ながら服用を続けていきましょう。ただ、何ヶ月服用を続けても副作用が軽くならなかったり症状が重い場合は、危険なので服用を中止して他の避妊方法に切り替えてください。

痛みがひどい時はすぐ病院に

また、よく見られる副作用の他に、血栓症という重篤な副作用が起きることもあります。低用量ピルの成分には血液を凝固させる作用もあるため、服用していると血の塊ができて血管を塞いでしまうのです。
心臓や脳などの毛細血管が詰まると命に係わる危険性もあるので、くれぐれも注意が必要です。発症頻度は非常に低いので心配しすぎる必要はありませんが、息苦しさや鈍い痛みが続くなど違和感がある場合は、すぐに病院へ行きましょう。

手に入れるには医師の診察が必要

低用量ピルは毎日1錠服用するだけの手軽な薬ですが、手に入れるには医師の診察を受ける必要があります。効果の強い医薬品なので、医師の判断がないと処方することができないのです。このため一般のドラッグストアなどでは売られておらず、必ず婦人科を受診しなければなりません。

初めて使用する場合、医師の診察が必要

初めて使用する場合は服用方法や副作用について正しく理解する必要があるので、特に医師の指導が欠かせません。長期間服用する場合は、副作用や体への影響をチェックするため、定期的に検査も必要になります。自分の健康のためにも、人から譲ってもらったりせずに必ず医師の診察を受けて処方してもらうようにしましょう。

よくある疑問

どんなに便利で効果的な避妊薬でも、実際に使ってみるまでは疑問や不安を感じる人も多いでしょう。
低用量ピルの場合、主に「何歳から使えるのか」「保険は適用されるのか」「服用し続けると太るというのは本当か」などの疑問を持たれることが多いので、一つずつ解説していきます。
まず服用できる年齢ですが、これは10代以降の生理が始まっている女性なら基本的に誰でも使用することができます。

保険は適用外

次に保険についてですが、避妊は病気の治療ではないので保険は適用されません。1ヶ月あたり約2,000円から3,000円ほどかかり、それに加えて診察代や検査代も必要です。最後の太るという疑問ですが、これは誤った思い込みです。低用量ピルに含まれる成分に太る作用はないので、直接的に太るということはありません。
ただ、妊娠状態に近づくため食欲が増したり水分をため込みやすくなるため、その影響で太りやすくなることはあります。食べすぎには注意しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。より可能性の高い避妊の方法としてピルを気になっている女性は多くても、ピルについての知識をあまり持っていないばかりに遠ざかってしまう女性も多いのではないでしょうか。
場合によっては体との相性が良くなく副作用に悩まされてしまうケースもありますが、医師に相談すれば改善することがほとんどです。皆さんもぜひ、ピルに関して正しい知識を得るようにしましょう。

ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
メル友も恋人も探しちゃおう~★
運命のお相手との出会いもきっとある
簡単無料登録