【女性が強い!】マッチングアプリでモテモテになるための秘訣!

出会いのツールとして市民権を得つつある『マッチングアプリ』ですが、マッチングアプリにもそれぞれあるようですが、どのアプリでも似たような女性がモテるらしい!
それは、プロフィールであったり、メッセージをどう返すか?
という部分が大きいようです!
「多数の中から選べるからイイ男とも会えるんです」
今回は、マッチングアプリ強者の女子達に取材を慣行!。
うまくモテるためのテクニックを暴いていきます!

やり取りする相手を選ぶ!?

モテ女
「よく私は、クエスチョン??をよくつけてメッセージをします。この作業ででふるい落とせるのは、早く会って何とかなりたいと思っているヤリ目男。なんだかやり取りが長くなりそうだなとか、結局会ってくれなさそうとかすぐに思う男性は相手にしません、逆にマメに返してくれて、やり取りを重ねた方が信用してくれるタイプの男性の方が会ってからグイグイくるので女性としてはモテている感は感じます」

こう語るのは、アパレル会社で働く木野 なつみさん(仮名・28歳)。女性だらけのの職場なので、職場での出会いは無く、あまり職場の仲間の合コンへは行かないためマッチングアプリを利用する様になったという。

「マッチングアプリを使っている男性って目的が決まっているという思うんです。ダラダラとマッチングアプリを使っている感じではなく、簡単に会える女性を探していたり、恋愛できる女性を探していたりと狙いは絞っていると思うので、こちらはその目的を把握するのが一番早いかなと(笑)ちゃんと恋愛しようとしている男性の中からまず選んで、やり取りを重ねれれば会ってから男性がグイグイくるのは分かっているので、簡単には会わないで、引っ張って相手の気持ちを高める感じですかね。会うまではちょっと面倒くさい嫌な女ですけど(笑)」
でもそれが、マッチングアプリで男の気を惹く手段ということに繋がっているんですね。

プロフィール画像で釣る!?

モテ女
今度は、違うアプローチでモテているという渡辺 カナさん(29歳/看護系)に話を聞いてみた。
「私の場合は画像で私の職業の強みである制服を来ています(笑)あ、看護士なんですが男性って白衣に憧れるんですかね。以前は私服の画像でお酒を持っているような画像にしていたんですが、画像を変えたとたんにメッセージが5倍くらいになりました(笑)看護士じゃない友達も、私の制服を貸して画像を変えたら、やばい!って笑ってました(笑)」
ちなみに、その中から連絡を取りたい気になる男性ってどのくらい居るんですか?

「そうですね、数は増えたのですが全員に返信はしていません。気になる男性に決まった文章を送っています。その文章への返し方とかで、何となく分かる様になってきました。すぐに返信せず、2.3日後に返信します。その場で会いたいとか、ヤリ目男性の場合、遅れて反応するとスルーすることがほとんどなので、あえて遅れて返事をしています。ただたまにめっちゃタイプの男性が居たら、秒速で返していることもあります(笑)」

なるほど!秒速男性は、出会ったらどうだったとかありますか?
「自分と一緒で、画像で釣っているタイプでした(笑)画像が盛れている人ですね。何にしてもアプローチが多い方が選べる側になるので、男性が好きだろうなっていう画像でリアル感を出すことがモテる秘訣です!」
看護士は男性好きそうですよね!他にも色々と男性を釣るためのコスチュームはありそうですね!

まとめ

モテ女
「やり取り」と「画像」に一工夫をするだけでモテる女になる。
それは、必死に恋愛するのではなく、選ぶ側に回るということ。

よく巷で婚活疲れ、恋活疲れなんて言葉が出てきます。恋愛ってするものなのか、ふと落ちるものなのか。
どちらにせよ、少ない男性の群れの中から選ぶより、選択肢が多い中から選べる方が成功率は上がる気がしますよね!?
恋愛の成功率を上げるためにも、まずはマッチングモテ女になってみてはいかがでしょうか?