愛人ってどんな人?恋人や不倫、浮気とは違うの?

カップルのあり方も様々な形がありますが、昔からよく言われているのが「愛人」という存在です。これは結構定義もあやふやで難しい場合が多いので、中には変な誤解をしている人もいるかもしれませんね。
愛人とはそもそも一体どんな人なのでしょうか。一般的な恋人とはかなり違うようです。不倫や浮気とはどのように違うのかも説明していきましょう。

そもそも愛人って?

愛人と一口に言っても、実はいくつかの意味があります。まず、あまり一般的な使い方ではありませんが、ごく普通に「恋人」や「愛する人」という意味があるのです。
また、人を愛することそれそのものも指しました。ですが、これは昔の言葉で、今では一般的に使われることはない用語です。
現代用語としての愛人であれば、基本的には「婚姻関係のない男女が愛情を元に経済的に支える」とか「男性が女性に愛情を元に経済的に援助する」という意味があるようです。

不倫関係は愛人?

また、中にはただ不倫しているだけの関係でも愛人ということもあります。お互いの合意のもとで愛情や肉体関係を伴い、なおかつ経済的な援助や立場からの業務上の援助を行うという事が多いようです。愛情と経済的な援助をする、という感じが多いでしょう。

浮気や不倫とはどう違うの?

愛人については、基本的に浮気や不倫とは少々違うところがあります。ひとつは、継続的な関係だということです。愛人はたった1回の愛情やごく短期間の性的な関係というだけでは言い切れません。
基本的に継続的に愛情と経済的な支援を受けることが多いでしょう。一方、不倫や浮気は一度だけでも当てはまります。

経済的な支援があるかどうか

もう一つは、片方が結婚している、特に支援する男性が結婚していることが多く、婚外恋愛に経済的な支援がプラスされた、というカップルが多いでしょう。
独身同士の場合、経済的な支援があってもカップルであれば、あまり愛人とは言いません。基本的にどちらかが結婚しており、経済的な支援を行うというニュアンスがあります。

愛人って誰?芸能人にはいるの?

愛人がいるという人は、実は一般社会にはあまりいません。多くの場合は経済的な支援を行う余裕が無いので、一般的な不倫関係か、その上で男性が費用負担を多めにする、というようなことが多いようです。
ですが、収入が多い人の場合はこの限りではありません。芸能人やスポーツ選手、大企業の社長や政治家などには愛人の噂は多くあります。

実際に存在する噂

具体的には、コメディアンのK氏に愛人の噂があります。
この人は世界的な映画監督としても有名で、いくつかの賞をとっていて、注目度も高い人です。この人は妻の他に愛人がいて、その人との間に子供もいるとされます。独立する際にこの人の独立騒動に愛人が加担しているという話もあるとされ、噂はいろいろと広がっています。

愛人ってどんな人?政治家の場合

また、政治家にも愛人がいたケースが見られます。これは「三木 武吉」という人が実際に告白しています。
政敵だった相手から「愛人が4人もいる、こんな不誠実な男が国政に関係する資格があると思うか」と批判されて「事実は5人であります」と言い返しました。その5人を最後まで面倒を見た上で、更に奥さんとの関係も悪くはなかったとされます。

暴露本アドで発覚するケースも

その他にも、有名人の愛人だった人が書いた暴露本なども売れています。
例えばとある政党の幹事長を勤めた人の愛人が暴露本を出していて、中年の性愛を書いたとしてなかなか人気があります。また、有名女優がかつて政治家の愛人だったことを告白するなど、実例は結構あるようです。

愛人になりやすい人ってどんな人?

とはいえ、愛人が必ずしも公表されないのは、シンプルに愛人が社会的にあまり認められていないことが理由でしょう。日本は一夫一妻の国とされていますので、結婚していながら他の人と交際していたり、まして経済的に支援しているというのはあまりいい顔をされません。ただ、愛人になりやすい人はいます。

やはり美人はなりやすい?

代表的なところとしては、やっぱり美人だということが特徴的ですね。美人は多くの場合モテますが、既婚者にすらモテる人は少なくありません。愛人と呼ばれた人はだいたい美人が多いのです。
また、そうではなくてもどこか人好きがしたり、魅力的だと思わせる何かがある人が多いでしょう。

魅力的な外見や内面の人が多い

基本的に魅力的な外見や内面の人が多いとされます。経済的に豊かな生活がしたいとか、欲望が深い人も多いでしょう。
経済的に豊かな人に金銭的に助けてもらうことでリッチな生活を送りたい、という人にとっては、愛人はすごく効率良く稼げる手段でもあるのです。

愛人になりやすい人の職業は?

また、愛人になりやすい人の特徴としては、職業や性格もあります。職業でいえば大きく分けて2つの傾向があります。ひとつは芸能人です。モデルやタレント、俳優や女優などは多くの場合外見がよく、魅力的です。
このため、愛人にしたいという人は多いでしょう。経済的な安定が得られることから、愛人になりたい人も少なくありません。

キャリアのある人や独立している人

もうひとつはキャリアのある人や独立している人です。このような人はキャリアを重視するため、独身を探すことはありません。結婚して家庭に入ったり、相手の世話をするのが負担になるためです。
愛人にする方が世話が必要ないことから、あまり時間をかけられない時には最適な相手だと考えるでしょう。このような人の場合、独立する際に資金援助をしてもらったり、人脈を助けてもらうこともあるようです。

愛人になることは幸せ?

愛人になると経済的な支援が得られるため、リッチな生活が出来たり、経済的に余裕ができるものです。また、中には愛している人がたまたま結婚していたので、不倫関係になり子供を産んだというパターンもあるようです。
どちらにせよ、日本国内ではあまりいい顔はされません。それでも既婚者から支援を受けたかったり、交際した人がたまたま既婚者というような場合に愛人となる事があるようです。