両思いの相手の見極め方!気になる相手の行動をチェック!

好きになった相手と恋愛関係になるためには、相手も自分のことが好きかどうかを確かめることが一番重要です。両思いであることがわかれば、相手に積極的にアプローチすることもできるのですが、相手が自分に好意を持っているかどうか、非常に判断しにくい場合もあります。
ここでは相手が出している両思いのサインや、さりげないアプローチの方法について、詳しく紹介します。

両思いのサインって?

相手が自分に好意を持っているかどうかは、日常生活のさりげない態度やしぐさから判断できる場合も多いです。特にわかりやすいのが普段の会話です。
相手から積極的に話しかけてくる機会が多いような場合には、相手も自分に対して好意を持っている確率が高いです。また会話の中での相手の反応などにも相手の好意が表されている場合があります。

よく肯定してくれる

特にわかりやすいのが、相手が自分の言ったことに対して肯定的な態度を示す場合が多いケースです。
自分の考え方や趣味に相手が共感してくれるような場合は、相手が自分から好意を得たいために、話を合わせてくれている可能性も高いので、両思いである確率が高いです。

視線がよく合う

両思いであることがわかるそのほかのサインとしては、視線がよく合うこともあげられます。視線が合うということは互いに相手のことをよく見る機会が多いということで、相手も自分に関心を持っている場合が多いです。
視線が合った場合に、相手が視線をはずすしぐさなどにも、相手の好意が現れている場合があります。

会話の内容で判断する

相手が自分に関心を持っているかどうかは、会話の中で相手がする質問などからも判断することができます。
特にわかりやすいのは相手の男性が、自分に交際している男性がいるのかどうかを聞いてきた場合です。こうした質問をする背景には、相手に好意があり、交際したいという気持ちが存在することも多いので、両思いである可能性が高いです。

両思いの相手にさりげなく告白する方法

気になっている男性と両思いであることがわかっても、女性の方からは自分の気持ちを積極的に言いにくいのも難しいところです。
両思いだと思っていても、実は片思いであることがわかったら、思わぬ恥ずかしい思いをすることもあるために、告白はできるだけさりげない形で行うのが最適です。

相手に積極的に話しかける

両思いの相手に自分の好意をさりげなく伝える方法としては、相手に積極的に話しかける方法があります。
特に自然に交際に発展させる方法として有効なのが、共通の趣味を見つけることです。例えば映画が共通の趣味の場合には、気になっている映画に相手の男性を気軽に誘ってみることで、自然に交際を始められる場合もあります。

会話の中で自分の気持ちを表す

両思いの相手に自分の気持ちを伝える方法としては、会話の中で自分の気持ちを表す方法もあります。直接、相手に好きだということを言わなくても、相手に対する自分の好意は、会話の中の何気ない態度にも表すことができます。
例えば、相手が話したことに大して、積極的に関心を示すことも、自分の好意を表すためには有効な方法です。

相手の考え・意見の共感する

相手の考え方や趣味などにも深い共感を示すことで、相手に自分が好意を持っているということを上手に伝えることができます。
相手の男性にも両思いであるということが伝われば、相手のほうから積極的にアプローチをしてくれる場合も多いので、よりスムーズに交際を始めることができます。

両思いが勘違いであるケース

両思いの男性にアプローチをする場合に気をつけなければいけなのは、それが勘違いである場合が存在することです。相手も自分のことが好きだと思っていても、実際にはそうでないケースも多いので、慎重に相手の態度を見極める必要があります。
相手が日ごろから積極的に話しかけてくれるような場合でも、それが好意からきているとは限らない場合もあるので注意が必要です。

ただ単に、まわりとの人間関係を円滑にするために話しかけているような場合もあるので、自分にだけ好意を持っているかどうかを見極めるためには、周囲の人に対する態度もじっくり観察する必要があります。
誰にでも気軽に話しかけているような男性の場合には、両思いではない可能性も高くなります。

相手の行動の動機が読み取れなかった場合

両思いであると思っていた相手が、実は片思いである場合の典型的なケースとしては、相手の行動の動機が読み取れなかった場合もあります。
例えば、会話の中で相手の男性がさまざまな質問をしてくるのは、自分に好意を持っているからで、それが両思いのサインであると勘違いをしてしまう場合です。

ただ単に好奇心から聞いている場合

相手の男性が、交際している男性がいるかどうかを聞いてきた場合でも、それが恋愛感情を持っているという理由ではなくて、ただ単に好奇心から聞いているケースもあります。相手の態度が恋愛感情か好奇心かどうかを見極めるために有効な方法としては、相手の男性の評判を周囲の友人などに聞いてみる方法もあります。
誰に対しても彼氏がいるかどうかを聞いているような好奇心の強い男性もいるので、そうした場合には両思いではない確率が高いです。

まとめ

好きになった男性が自分に好意をもっていて、両思いであることがわかったらこれほどうれしいことはないのですが、実際には相手の本当の感情は、わかりにくいのが現実です。
両思いであると思っていたら、実際には勘違いであるケースも多いので、自分の気持ちを告白する前には、できるだけ慎重に相手の気持ちを確かめてから、行動する必要があります。