デートをドタキャンしちゃった!その後の対処法について!

何らかの理由でデートをドタキャンしてしまったという女性は少なくありませんよね。ただドタキャンをしてしまうとその後彼と会うのが気まずくなってしまい、関係も悪くなってしまうことがあります。
そこで今回は、デートをドタキャンした後にどのように対応していけばいいのか、謝り方やドタキャンしてしまう理由についても紹介します。

デートをドタキャンしたら?その後に目を向けるべき!

どうしてもデートを当日キャンセルしなければいけない事情が発生した場合、すぐに彼に連絡をするのが一般的ですよね。このように迅速に対応することが大切なのですが、それ以上に大切なのがドタキャンをしてしまった後の対応だと言います。
ドタキャンした側は申し訳ないという気持ちだけで終わる人も少なくありませんが、された側からするとせっかく予定を立てていたのに台無しになってしまったり待っていた時間が無駄になってしまったという気持ちが残ってしまいます。

特に夜の予定はデリケートに

特に夜のデートだった場合は何らかのお店を予約している場合もあるので、そちらのキャンセル料がかかってしまうとさらに複雑な気持ちになりがちです。
そのような気持ちのまま対処をしないでいると気まずい雰囲気のまま関係がぎくしゃくしてしまうだけではなく、会いづらくなって疎遠になってしまうという可能性もありますよね。このため、ドタキャンした後はその後の対応に目を向けて行動することが必要です。

ドタキャンした後にまず伝えるべきことは?

ドタキャンをした後に彼に連絡を入れる場合、まず改めてドタキャンしてしまったことへの謝罪と了解してもらった感謝の気持ちを伝えます。
ここで重要なのが謝罪と感謝を一緒に伝える点で、どちらか片方だけだと彼側に気まずさが残ってしまう可能性があるので注意が必要です。その上でドタキャンした理由に応じて、どのような結果になったのかを報告します。

しっかりと伝えることが大切

そうすることでドタキャンした理由が本当にあったのだと相手に伝えることができますし、体調不良などの場合は相手が心配していることも多いので安心させるという意味でも大切な内容だとされています。
ほかにも次のデートの約束に関する取り付けをしておくと疎遠になってしまうことを防げるので、次にいつ会えるのかという点も一緒に伝えておくことがおすすめです。

対応は直接会った時にもきちんとしておく

デートをドタキャンする場合の連絡手段として多いのが、LINEなどのSNSやメール・電話などの方法ですよね。そしてドタキャンした後の連絡手段としても使われているので、そこで対応は終わったと考えている人も少なくありません。
ただその後デートなどで直接会った時にそのような態度で話題にも出さないでいると、彼側からすれば「あれだけで終わったのか」とがっかりされてしまう可能性もあります。

メール・SNSだけで終わらせない

このためLINEなどのSNSやメールで連絡した後でも、直接会った時には改めてドタキャンのことを話題に出して謝罪しておくことが大切です。そうすることで彼側も「そこまで気にしてくれているのか」と安心できるため、気まずい雰囲気を解消しやすくなります。
ただここで注意しておきたいのが、ドタキャンした理由を間違えないことと許してくれなかった時に相手を責めるような発言をすることです。これらは余計に気まずい雰囲気を助長するので、避けるように意識します。

ドタキャン後の対処法1:体調不良の場合

デートのドタキャンの理由として多いのが、体調不良です。単純に熱が出てしまったり体がだるいなどの症状が出てしまうほか、女性ならではの理由として生理前や生理中の体調不良などもありますよね。
このような体調不良によるデートのドタキャンの場合は、素直に事実を伝えて「体調管理ができていなかった」と謝罪することが大切です。

男性も気を使ってくれるはず

ただ生理によるものの場合は「予定よりも早く(または遅く)きてしまった」と伝えて、体調管理以外の理由も添えておくと納得してもらいやすいと言います。
そしてドタキャン後は体調が安定したころにその旨を連絡して、次はいつ頃であれば落ち着いて会えるのかを伝えると彼も安心してデートの約束を取り付けやすくなります。

ドタキャン後の対処法2:仕事や家の事情の場合

社会人として働いている女性の中には、急な仕事が入ってしまってデートをドタキャンせざるを得なくなってしまった人もいますよね。また賃貸物件で生活している人の場合は火災報知機などの点検の用事を忘れてしまっていたり、家族と同居している人は家の人の事情で外出できなくなってしまうという人も多いです。
このような理由でドタキャンする時の謝り方としては、自分以外では対応できない用事であることを伝えつつ彼ではなく事情を優先してしまう点を謝罪するようにします。

どうしてもその日でなければいけないことを説明

またどうしてもこの日でなければいけない点も添えておくと、納得してもらいやすいです。
その後の対応としても用事が終わってから連絡を入れて改めて謝罪と感謝の気持ちを伝えるようにして、今後はきちんとスケジュールを調整しておくことを約束すると彼も安心しやすくなります。

ドタキャン後の対処法3:お金に関するものだった場合

ほかにもデートのドタキャンの理由としては、金欠などデートに必要なお金が用意できなかったという人もいますよね。また公共交通機関などでデート場所に向かう場合には、財布や定期を紛失してしまったなどの理由でデートをドタキャンする場合もあります。
これらは全て自分の過失によるドタキャンになるので、謝る時には自分のせいであることをしっかり認識しておくことが必要です。

誠意をきちんと伝える

場合によっては相手が迎えに来てくれたりお金を出してくれると提案してくれることもあり、断る場合は相手に申し訳ないなどきちんとした理由を伝えておかなければいけません。
ドタキャンをした後はその日のうちに改めてお金に関する管理不足の問題を謝罪して、今後このようなことがないように反省の言葉を述べておくことが大切です。

ドタキャンした後は相手の気持ちになって対応する

デートのドタキャンは避けた方がいいのですが、どうしてもしなければいけない場合もあります。そのような場合にはまずきちんと理由を伝えて彼に謝罪をするのはもちろん、ドタキャンをした後にも謝罪と感謝の気持ちを伝えるようにすることが大切です。
特に次に会った時にそのことを自分から話題にするかどうかで彼側の心証も異なるため、相手の気持ちに寄り添った対応が重要となります。