カップルの身長差はどのくらいが理想?身長差別のメリットとデメリット

身長差カップルとは

身長差カップルとは彼氏と彼女で身長差がある場合によく使われる言葉です。何気なくすれ違う時にはそれほど気になりませんが、注意して観察してみると、彼氏と彼女の間で身長差のあるカップルは意外に多いように思えます。
「ちょうど良い身長差でお似合いだなぁ」と思えるカップルもいれば、思わず「親子かな」と勘違いしてしまうほど身長差のあるカップルもいますよね。もちろん愛し合う二人にとって身長差なんて大した問題ではないことでしょう。
でも、身長差カップルの話を聞くと、「身長差があることから生じるメリットやデメリットは確かにある」なんて声も。そこで今回はカップルの身長差はどのくらいが理想的かといった点と、身長差で生じるメリットとデメリットについて考察してみました。

彼氏と彼女の身長差が10cm以下

彼氏と彼女の身長差が10cm以下であれば、だいたい同じぐらいの身長なので、傍から見るとバランスの良いカップルと映ります。
彼氏と目の距離がそれほど離れないため、密着感があって安心できる点も大きなメリットだと言えるでしょう。デートの時には腕を組んだり手を繋ぎやすいといったメリットもあります。
何より身長差が10cm以下だと無理な姿勢をとらなくて済むようになるので、「身長差のせいでせっかくのムードが台無し」とはなりにくいのも嬉しいポイントですよね。

彼氏と彼女の身長差が10cm以下のデメリット

身長差が10cm以下のカップルだからこそ感じるデメリットもあるようです。まず、身長差が5cm前後だと、女性がヒールを履いたときに身長差が逆転してしまいますよね。
この場合、彼氏が身長差を気にする人だと、ヒールの高い靴は選びにくくなるといったことがあるようです。また、彼氏とそれほど身長差がない場合、ハグした時にどうしても二人の顔の位置が並んでしまうことになります。
映画やドラマのワンシーンのように「彼氏の胸に飛びこんで甘える」といったことも難しいようです。

身長差が10cmから20cm程度

一般的に理想的として挙げられる身長差が10cmから20cm程度です。カップルの間にこれぐらいの身長差があると、並んで歩いていてもシルエットが綺麗に見えることに加え、彼女がちょっと高めのヒールを履いた程度では彼氏の身長を追い越すこともありません。
デートの時に靴選びであれこれ悩む必要がないというのは、女性にとっては嬉しいポイントですよね。

また、身長差が15cmから20cmぐらいになると、彼氏が腕を水平に伸ばした時の高さがちょうど肩と同じぐらいの高さとなります。顔も彼の胸の高さとほぼ同じ位置となるので、彼が肩に手を廻したり、彼の胸に顔をうずめるといった仕草をナチュラルに行えるのも、この身長差だからこそ感じられるメリットです。

身長差が10cmから20cm程度のデメリット

理想的として挙げられることも多い10cmから20cmの身長差ではありますが、デートの時には意外に苦労することも多いようです。10cm以上の身長差がある場合、手を繋ごうとすると、どうしても彼氏が体を傾けるか彼女が手を少し上の位置に持ってくる必要があります。短時間であれば問題ありませんが、遊園地デートなどのように、歩いてる時間が長くなるほど、手を繋ぐのが苦痛になるといったデメリットがあるようです。

キスするのも大変に

また、キスは身長差が15cm程度が最も美しく見えると言われますが、20cm程度の身長差があるとこの状況も一変します。
まず、彼氏が彼女の唇の高さに合わせる場合、体を大きくかがめる必要があるほか、女性が合わせようとすれば、精いっぱい背伸びをする必要があります。このようにあまり身長差がありすぎるとキスするのも大変といったデメリットもあるようです。

身長差が20cm以上

身長差が20cm以上となると、圧倒的に「守られてる感」が強くなるそうです。
20cm以上ともなると体格差も大きくなるので、ハグした時には、すっぽりと包まれるような居心地の良さを味わえるメリットもあります。体格差を活かして高いところにある物を取ってもらったり、重い物を運んでもらったりできるというのも大きなポイントですよね。
それに隣に大きな男性が居ると、並んで歩く自分が華奢に見えるようになるので、体系などのコンプレックスが目立ちにくくなる点も嬉しいところです。

身長差が20cm以上のデメリット

身長差が20cm以上となるデメリットは、並んで歩くと目立つことです。目立つことでかえって気持ちが高まるといったこともありますが、チラチラと見られることで、疲れが溜まっている時には、人の視線にウンザリしてしまうこともあるようです。
また、身長差がありすぎるとSEXの際に困るといった声も聞かれます。例えば電気を消した時に彼氏が急に覆いかぶさってきた時には、嬉しさよりも本能的な恐怖感が先に立ってしまい、SEXに集中できなくなるといったこともあるようです。

身長差とうまく付き合うコツ

それぞれの身長差から生じるデメリットは、どうしようもない部分があるといった点をまずは受け入れましょう。そのうえでデメリットがメリットと代わるように楽しく工夫してみることをおすすめします。

例えば彼氏との身長差が10cm以下の場合は、パンプスやミュールに合うコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。高いヒールを履くのは一人や友達と出かける時のために取っておくというのも一つの手です。

10cmから20cmの身長差があって、手を繋ぐのが難しい場合は、発想を転換して腕を組んでみましょう。手を繋ぐときよりも彼との密着感が高まるので、デートの気分がよりいっそう盛り上がりますよ。

20cm以上の身長差があって、SEXで悩んでいるのなら、彼氏と話し合ってルールを決めておくのもおすすめの方法です。例えば電気を消した後は、まずはベッドに腰かけた状態でハグをすること、といった感じでルールを決めておけば、圧迫感や恐怖感だって克服することができます。身長が原因で生じるデメリットは、彼氏と一緒に工夫して楽しく乗り切ってしまいましょう。