産休はいつから取るべき?産休前に知っておくべきこと

結婚して出産した後も、子どもを育てながら仕事を続けたいと考えている女性はとても多いです。長く仕事を続ける予定があるなら、産休について調べましょう。産休の期間はもちろん、取得するための手順なども知っておくことが大切です。
さらに、産休の期間が終わりに近づいてきたならば、仕事復帰に向けて準備を行いましょう。

産休ってそもそも何?育休との違いについて

長く仕事を続けたいと希望しているなら、あらかじめ産休に関する知識を得ておくことが大事です。産休とは産前産後休業のことであり、出産を控えた女性が仕事を休む制度のことです。
労働基準法によって制定され、母体と胎児の健康を保護することが目的で設けられました。出産予定日の前と、出産した後に休業することが定められています。

育休とは

尚、育休とは、産休が完了した後に利用できる制度です。育児休業制度として設けられ、一歳に満たない子どもを養育する男女労働者に与えられている権利です。
必ずしも女性が取得する制度ではないところが、産休とは大きく異なります。また、育休を利用するために必要な雇用条件が決められているところも、産休と違います。

産休取得の期間

産休を取得する予定があるなら、期間や手当てについて把握しておくことがポイントです。出産する前は、自然分娩の予定日を起算日として6週間です。
ただし、多胎妊娠の場合には、14週間と定められています。医師の診断により、帝王切開と決まったならば、手術の予定日を起算日として計算します。さらに、出産した後の休業期間は8週間です。

出産手当金

尚、産休を取得した女性は、出産手当金が支給されます。支給額は、平均給料を日額にした3分の2です。出産手当金の総額は、支給日数に一日あたりの支給額を掛けた金額です。
尚、出産手当金の支給条件として、健康保険に加入していることなどが挙げられています。産休を申請する前に、条件を確かめておきましょう。

産休を取る手順について

妊娠したことが分かったら、早めに産休を取る手順について学んでおきましょう。まずは、速やかに上司に報告することがポイントです。出産予定日が明確ならば、正確な日付を申請しましょう。
仕事の引き継ぎなどを行う必要がありますので、上司への報告はとても重要です。さらに、申請しなければいけない書類がたくさんありますから、できるだけ早く用意しておけば安心です。

書類の作成の仕方がわからなければ相談を

自分だけではなく、会社が作成する書類もありますので、提出期限を十分に把握することが大切です。もしも書類の作成の方法が分からない場合には、会社の人事や総務の担当者に相談しましょう。
出産手当金に関する相談にも対応してもらえます。

注意その1. 上司・同僚と共有しておく

産休を取得することが決まったならば、上司のほかに先輩や同僚に事情を説明しておくことが大事です。その理由は、自分が産休をしている間に、仕事を担当してもらうケースがあるからです。
産休中でもスムーズに業務が進むように、仕事の内容について詳しい説明を行いましょう。

担当先にもしっかりと連絡を

口頭で説明するだけではなく、マニュアルとしてまとめておく方法はとてもいいアイデアです。もしも担当している顧客がいるならば、産休を取得して休業することを明らかにしておきましょう。
急に担当が変わると、不信感を持たれます。また、万が一、自分が産休中にトラブルが発生した場合に備えて、上司や先輩、同僚には電話やメールなどのアドレスを渡しておきましょう。

注意その2. 胎児の健康に配慮する

産休は出産予定日の前後に取得しますから、母体とともに胎児の健康について配慮する必要があります。無理をしないように、日頃から節制することが重要です。
特に、出産予定日が近づいてきたら注意しましょう。心身にストレスがかかると、母胎や胎児に悪影響を与える怖れがあります。

なるべく負担となる業務は避ける

引き継ぎのマニュアルなどを作成する時は、余裕を持って早めに取りかかるように心がけましょう。なるべく残業を控えて、就業期間内に仕事を完了させることもコツです。
もしも横たわる施設が整っているならば、昼休みなどの休憩時間に使わせてもらいましょう。尚、もしも体調不良などを自覚した場合は、ただちに上司に報告することが大切です。

産休中、仕事に復帰するために準備しておくべきこと

産後の産休期間が終わりに近づいてきたら、仕事復帰に向けて準備を始めましょう。まずは、自分が担当してきた仕事内容を復習しましょう。
あらかじめマニュアルを作成したり、メモを記録したりしておけば、仕事内容を思い出しやすくなります。産休に入る前に、仕事復帰に向けて用意しておきましょう。

産休中に顔を出しておくと安心

また、長く休んでいると、会社の雰囲気を忘れがちになります。そのために、復帰した後に不安を感じるケースがよくあります。そのような状況を克服したいなら、産休中に足を運んで会社の雰囲気に慣れておきましょう。
産休が終わる前に一度か二度、顔を出すだけで安心することができます。さらに、仕事を担当してくれた先輩や同僚などに、感謝のメールを送ることはとても大切です。会社に復帰した後に、スムーズな人間関係を築くことができます。

安心して産休を取得するために

妊娠していることが判明したら、早めに産休に向けて準備を始めましょう。まずは、産休の制度について詳しく知ることが大事です。特に、産休の期間と手当について十分に把握しましょう。
さらに、安心して産休を取得できるように、上司や先輩、同僚への報告を早めに行うことが大切です。また、引き継ぎがスムーズに行われるように、マニュアルを作成しておきましょう。

ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
メル友も恋人も探しちゃおう~★
運命のお相手との出会いもきっとある
簡単無料登録