母性本能をくすぐる男性の特徴とは!?付き合うメリット・デメリットも解説

母性本能は、女性が本来持っている性質であり、弱いものを守り育てたいという願望です。この母性本能をくすぐる男性とは、女性にとって可愛く見えて、守ってあげたくなります。
具体的にどのような男性が母性本能をくすぐるのか、仕草や特徴について紹介していきます。また、このような男性とお付き合いをした時のメリットやデメリットについても考えてみましょう。

子供のように無理して強がる男性にキュンとくる

母性本能をくすぐる男性は、自分の弱いところを隠して、つい見栄を張って強がるのが特徴です。しかし、本当の見栄っ張りという訳ではなく、無理して強がっているところがあります。
まるで子供のように無理に強がっているようなところに女性はキュンとして、守ってあげたくなるのです。女性とは違い、男性は昔から競争社会の中で戦ってきたため、本能で強くありたいと思うものです。

時には暖かく見守ることも大切

中には、辛いときでも弱音を吐かずに強がっている男性もいます。こんな時には、温かく見守っていくのが良いでしょう。男性の自尊心を傷つけないためにも、あまり心配しすぎは禁物です。
女性に弱いところは見せたくないと思っている気持ちもわかってあげましょう。

男性が見せる本当の笑顔は母性本能をくすぐられる

いつも笑顔を絶やさない男性は、女性から見ると可愛く見えることもあります。
男性が笑顔になるのは、気を許しても大丈夫だと思う相手に対する安心感です。素直に心許してくれる男性を見ると、女性はつい守ってあげたくなるでしょう。また、一緒にいるのが楽しいと思う相手にも男性は笑顔を見せます。

素直な笑顔にキュンとする

時には、社交辞令としての笑顔も見せますが、本当の笑顔は目も笑っているので、男性の目をみて区別すると良いでしょう。
作り笑いは、口元は笑っていても目が笑っていないということが多いです。一点の曇りもない、無邪気な笑顔の男性には女性はキュンとして、そこから恋に落ちることも少なくありません。

男性の思わず溢れてくる涙は愛おしく思える

男性は、人前で泣くのは恥ずかしいと感じ、滅多なことでは涙を見せない人が多いです。だからこそ落ち込んだ時などに堪えきれずに溢れる涙は、母性本能をくすぐられてしまいます。号泣するのではなく、泣きたくなる気持ちに堪えながら思わず涙が出てしまう姿は、可愛くて愛おしくなるのです。
このような男性を見ると、女性はそっと手を差し伸べたくなりますね。

感動の涙も魅力的

特に、男性が泣いているところを悟られまいと強がる様子に、女性は好意を感じてしまいます。また、スポーツ選手が全てを出し切った時の感動の涙は魅力的です。女性と二人っきりになった時に、普段は誰にも見せない涙を見せた時には、快く受け止めてあげましょう。

母性本能をくすぐるのは甘えん坊より甘え上手

甘え上手な男性は、母性本能をくすぐるのが得意です。理由は、甘え上手というのは相手の心を読むのが上手いからです。ただ甘えん坊なだけでは、いつでも甘えてくるばかりで女性はうんざりしてしまいますが、甘え上手は違います。
一緒にいる女性の心理や精神状態をよく見て状況をわきまえた上で甘えてくるので、女性にとってもあまり疲れる存在ではありません。

甘え上手は女性も接しやすい

上手に甘えてくれるので、女性から見ても受け入れるタイミングがわかりやすいのです。精神的に落ち着いている時に甘えてくれると、なんとかしてあげようという気持ちになります。しかし、度が過ぎるとつい甘やかしてしまうので、注意も必要です。

母性本能をくすぐる可愛い年下男性と付き合うメリット

現在では、年下の男性と付き合いたいという女性が増えてきています。母性本能をくすぐられるような可愛い男性と付き合うと、寂しい思いをしなくていいというのがメリットです。
彼氏のそっけない態度に寂しい思いをしたことがある女性でも、年下の若い世代ならSNSなどですぐに連絡ができるので、いつでも手軽にレスポンスができます。

裏表なく付き合える

あまり感情を表に出さない年上の男性よりも、些細なことでも素直に喜んでくれる年下の男性の方が一緒にいても楽しいでしょう。
また、裏表があまりないのも年下男性のメリットだといえます。お互いに、何を考えているのかわからないような付き合いでストレスに悩む心配もほとんどありません。

甘えてくる年下男性と付き合うデメリット

母性本能をくすぐられる可愛い年下男性は魅力ですが、付き合って良いことばかりではありません。甘えるのは上手な反面、いざとなると男らしさには欠けてしまいます。
デートでも、男性としてリードしてくれるところはあまりないかもしれません。この場合、女性の方がリードするくらいがちょうど良いでしょう。

付き合うには注意も必要

女性がリードする方が多くなってくると、彼女というよりもお母さんのような立場になることもあります。このような付き合いを重ねていると女性の方に疲れが出てしまうので、注意が必要です。
自分自身が相手に甘えてくれることを本当に望んでいるのかどうか、自分を見つめ直してみるのが良いでしょう。相手をうまくコントロールできるようになるのが、年下男性と上手く付き合っていける秘訣です。

母性本能がくすぐられる男性と上手く付き合っていくコツ

母性本能をくすぐられるのは、相手のことを愛おしく思っている証拠だといえます。男性から甘えられたり、時に涙を見せることがあっても温かく受け入れてあげると、相手も喜んでくれます。
母性本能をくすぐるような男性は、付き合っても良い面ばかりではありません。しかし、女性が本来持っている母性本能で、男性を守って大切にする気持ちでいると良い付き合いができるでしょう。