社内恋愛を成功させるコツ!男性の脈ありサインについても解説

社内恋愛とは

社内恋愛とは、同じ会社に勤める者同士の恋愛を意味します。一緒に仕事をしていれば絆も紡がれるもの。職場が出会いの場になることもあるのです。
社内恋愛は、結婚後に重要な要素となる収入や会社の福利厚生がはっきり分かるというメリットがあります。また、一緒に仕事をするからこそ、その人の能力や性格、周囲からどのように思われているか、といったことも把握可能。それだけに結婚に至ることも少なくありません。
しかしメリットばかりではないのが実際の所。本気で社内恋愛を目指すのであれば、それなりの準備が必要になることも多いのです。

社内恋愛が始まるきっかけ

社内恋愛が始まるきっかけには、どのようなものがあるのでしょうか。
多いのが飲み会で仲良くなるというケースです。忘年会や新年会、歓迎会など、同じ職場で働いていれば一緒にお酒を飲む機会は自然と多くなります。お酒が入れば普段の緊張感も薄れ、仕事の愚痴や仕事以外のことを話すチャンスも多くなるので、親近感を抱きやすくなるのです。

その1. 趣味・仕事がきっかけとなるケース

共通の趣味がお付き合いのきっかけになった、というのも多くあります。趣味が合えば距離は縮まりますし、プライベートでも遊ぶようになれば自然と親しくなるものです。会話に困らなくなると言うのも、恋愛に発展する大きな理由と言えるかもしれません。

その2. 同じプロジェクトや上司・後輩関係から発展するケース

また、職場恋愛ならではのきっかけとして挙げられるのが、同じプロジェクトで働いたり、仕事を教えるうちに意識するようになったと言うケースです。仕事を通して相手の表面的な部分だけではなく人間的な部分も垣間見得ますし、毎日顔を合わせることになるのでその人の素の部分も見ることができます。

社内恋愛かも?!男性の「脈ありサイン」とは

職場に気になる女性ができたとき、男性はどんな「脈ありサイン」を出すようになるのでしょうか。
まずはたくさんの同僚の中から、自分だけに意識を向けてもらうことが肝心。意識してもらえるようにたくさん話しかけるようになったり、会話の機会を作るようになる人が多いようです。
「最近あの人よく話しかけてくるなあ」という人がいたら、サインを送っているかもしれません。同様に視線を送ったり、積極的に笑いかけるようにしているという男性も多くいます。

その1. ご飯・飲み会に誘われる

食事や飲み会に誘うというのもよくあるサインです。とはいえ、女性としてはいきなり誘われると身構えてしまうもの。それを分かっている男性の場合は、まずグループで誘ったり、ランチに誘うなど気軽なお誘いからスタートする人も多いです。

その2. 仕事以外での連絡が増える

また、仕事以外の連絡が増えるのもよくあるサインです。仕事関係の連絡なら日中に顔を合わせているときに取り合ったり、必要最低限の連絡のみで終わらせることが普通ですが、それ以外での連絡や趣味の話、他にもプライベートな話題が増えると、その男性が脈ありな可能性が上がります。

その3. アイコンタクトが増える

アイコンタクトが増えることもわかりやすいサインの一つですね。少し離れた席なのにやたら視線を感じる、よくお昼休みに顔を合わせるなど、相手が自分の存在を意識させるような行動をしてきたら、「脈があるのかも…」と考えてもいいかもしれません。

その4. 特別感を出してくる

さりげなく特別感を出してくることもサインの一つです。自分にだけ話しかけてくる機会が多い、大勢でいるときも積極的に話を振ってくる、といった行動があったら、もしかするかもしれません。

社内恋愛では気を使うことも多い?社内恋愛の注意

恋人とはタイミングが合えば接触したいと考えるものですが、社内では控えるよう気を付けましょう。必要もないのにいちゃいちゃしていると、周囲の気分を害することがあります。周りに迷惑をかけるばかりか、横やりが入ることで2人の関係がギクシャクしてしまうことも。仕事をする場ではマナーをわきまえることが大切です。

その1. 社内の信頼関係にヒビが入ることも

同じ会社にいる者同士、付き合っていることを公表したがる人もいますが、これも考え物。特に上司部下の関係だった場合「評価に恋愛感情が混じっているのでは?」と周囲から思われてしまう可能性があります。
お互いの職場でのイメージを安定させるためにも、恋愛関係は公表しない方がいいでしょう。

その2. 通勤時間も要注意

恋人関係を秘密にする際気を付けたいのが通勤時間です。社内にいる時は気を付けていても、一歩外に出るとつい気が緩みがち。しかし意外に見られているものなので、通勤路や電車内などで一緒にならないよう気を付けるようにしましょう。

あるある!社内恋愛につきまとうトラブルとは?

恋愛にはトラブルがつきもの。それは社内恋愛であっても例外ではありません。特有のトラブルをいくつかチェックしてみましょう。日常的に顔を合わせるからこそ、ちょっとしたトラブルが会社を巻き込んだ大事件に発展してしまうこともあるのです。

その1. よくあるのがヤキモチによるトラブル

同じ職場にいれば、恋人が自分以外の異性と話している姿を当然目にします。仕事のことを話していると分かっているのに、嫉妬心が湧きあがって仕事がおろそかに、というのはよくあること。恋愛は恋愛、仕事は仕事と切り替えることが重要です。
こちらについても、日常的に顔を合わせる相手がいるということを意識しながら過ごすのが良いでしょう。

その2. 噂もすぐに広まってしまう

社内恋愛は、噂がすぐに広まります。噂には当然尾ひれがつくものですし、ちょっとした噂話が悪口に変わることも多くあります。職場恋愛ならではのリスクについては、予め把握しておきましょう。

破局してしまった時のケアは綿密に

社内恋愛で辛いのが、破局してしまったときです。恋が終わったとしても会社は終わらず、別れた相手と顔を合わせながら仕事を続けなければなりません。
付き合っているときに別れた後のことを考えるのは難しいですが、社会人としてそういった状況になったとき、責任が取れるか一度考えておく必要があります。

社内恋愛を成功させる秘訣

社内恋愛を成功させるには、大前提として公私混同しないことが大切です。仕事中は仕事に集中しなければ、周囲に迷惑がかかってしまいます。ここからは、社内恋愛を成功させるための秘訣についていくつか紹介していきたいと思います。

その1. 協力してくれる関係性・環境づくり

おおっぴらにすることは避けた方がいいですが、上司や仲のいい同僚など、周囲に協力してくれそうな人がいるなら、周りの協力を得ることも長続きさせるコツです。同僚や上司、後輩の関係性は問いませんが、できれば口が硬く、信頼できる人を協力者にするに越したことはありませんよね。
特に同じプロジェクトの人など、パスの出しやすい立ち位置の人の協力があれば、社内恋愛はとても有利に進められます。

その2. 束縛しすぎないことも鍵

束縛し過ぎないことも重要です。自分以外の女性と話していたり、飲み会に参加する相手の姿に、つい不安になってしまうかもしれません。しかし束縛し過ぎると相手は離れて行ってしまいます。相手を信じてしっかりとした信頼関係を築いていきましょう。
もし不安を感じるようなら、早めに彼にその不安を伝えましょう。問題解決のヒントになるかかもしれませんよ。