年の差カップルならではのメリットと交際上の注意点

すれ違う見知らぬ人の目には、仲良し父娘の親子デートと映っても不思議ではない年の差カップル。時に喧嘩しては仲直りを繰り返す、ふたりの世界は幸せに満ちていますが、それでも世代的な価値観の違いや互いをとりまく環境などから、順調な交際を邪魔する場面が想定されるのも事実です。
ここではそんな年の差カップルならではのメリットと、順調な交際を続けるうえで知っておくべき注意点をお伝えします。

世間一般が抱く年の差カップルに対する印象

親子ほど年の離れた年の差カップルに対し、私たちが率直に抱く第一印象はさまざまですが、年齢の近いカップルと比較して、より興味深い対象となる傾向が否めません。表向きこそ「恋愛に年の差など関係なし」と声高に謳いつつ、心の中では無責任な憶測や詮索を始めてしまうケースも少なくありません。
年上の男性がどうやって若い女性を口説き落としたのか、あるいは若い女性がどんな目的で年上の男性に近づいたのかなど、他人事だからこその興味が尽きないのが現実でしょう。

選り分け親しい人たちから否定的な意見も

とりわけ親しい友人や家族からは、より当事者と親しく近い立場だからこそ、時に否定的な意見が届けられる場面が避けられません。ですが決してふたりの幸せな未来を邪魔するつもりではなく、いわゆる世間一般の感覚に準じた価値観から、リスクやデメリットばかりが心配されるがゆえの助言です。

年の差交際を通じて男性が得られるメリット

大きく年齢の離れた年下の彼女がいる男性は、総じて若々しい印象で、一定年齢以上の男性に見られる、凝り固まった価値観や上から目線での言動とは無縁の、フランクな雰囲気が魅力です。
確かに世代の違いによる価値観のギャップは、簡単に埋められるものではなく、相手が見知らぬ若者や、仕事上の部下であれば、人生の先輩として一笑に付す、あるいは軽くスルーすることもできるでしょう。ですが相手が恋人となれば、話は違ってきます。

女性に新鮮な経験をさせてあげられる

彼女と年齢が近ければ、互いが歩んだそれぞれの人生経験から、サラリと流してしまったり、上手に受け流す場面が、次第に増えてしまいます。これを「阿吽の呼吸」とも解釈できますが、毎日が胸一杯の喜怒哀楽の連続の、若かった頃の恋愛とは違います。
自分の娘世代の愛する女性が教えてくれる、普通であれば接点の持てなかった、若い世代の話題や価値観は、いずれもが新鮮な驚きと発見の連続です。だからこそ男性側も自身の「のびしろ」を広げ続けることができるのです。

年の差交際を通じて女性側が得られるメリット

自身の父親世代の男性の恋人との交際は、女性の人間としての視野を大きく広げてくれます。同世代の男性の場合、どうしても女性の方が精神的に「大人」であることから、無意識に見過ごしてしまう発見や学びが少なくありません。
たとえばホテルのラウンジなど、自分達の世代では敷居が高いと感じられるスポットへ同伴してもらうことで、それまで接点のなかった体験を通じ、自身の知る世の中が広がります。また同世代の彼氏であれば、感情に任せた大喧嘩から別れ話に飛び火してしまうような場面でも、彼氏の人生経験に裏打ちされた包容力の前では「かわいいワガママ」です。

確かな経済力も魅力

また非常に現実的ですが、同世代の彼氏と比較して、確かな経済力も魅力です。金銭的に余裕のある交際であれば、無用なケンカのリスクも自然と回避できます。時に年齢を感じさせない、無邪気な男の子の一面をチラチラと見せてくれれば、母性本能を不意打ちされてしまうことでしょう。

ふたりにとって共通のメリット

年の差カップルの交際期間が順調に経過すれば、自ずとふたりの将来、すなわちライフプランと真剣に対峙することになります。たとえば学生時代からのカップルの場合、結婚に踏み切るタイミングを見過ごしての自然消滅など、別れる必要のない別れに至るケースが少なくありません。
ですが既に男性側は十分な経済力と、社会的スタンスを確立している存在であり、女性もまた親の庇護の下から、自活すべき年齢への成長過程でしょう。

未来についてお互い真摯に考えられる

ただ毎日の恋愛を楽しむだけでなく、未来の自分たちについて、より真剣に語り合う場面とその内容も、同世代カップルと比較して、より真摯に現実を見据えたものになります。
こうした一緒に生きていこうとする姿勢が、ふたりを人間として、より一層成長させてくれます。双方の家族の理解が得られないなど、逆風と感じられる展開も想定されますが、ふたりの「絆」があれば臆することはありません。

生まれ育った世代の違いゆえに生じがちなトラブル

急速に変化を続ける世の中の、ここ20年ほどの動向を振り返るとき、年の差カップルの衝突の原因として懸念されるのが、第三者とのコミュニケーションに際してのマナーの解釈の違いです。

世代によって変化するマナーや常識

物心ついた時点で携帯電話とメールが普及していた平成世代と、固定電話と公衆電話が最先端の通信ツールの時代を育った年上の男性では、正しいと解釈する「礼儀」や「マナー」が異なって当然です。24時間発信者側の都合で、相手のプライベートタイムに直接コンタクトから、即返事が戻ってこなければ「無視された」と機嫌を損ねて当然の彼女。対して早朝深夜や食事時は、コンタクトを控えるのが「礼儀」と捉える彼氏。

こうした円滑な人間関係や実社会で必要と思われる「マナー」に対しては、とりわけ年上の男性の方が神経過敏でしょう。対して女性側が「人格否定された」などと感情的になれば、そこから両者間の溝が次第に広がってしまうリスクが懸念されます。

双方の家族の理解が得られない可能性と懸念されるトラブル

男性側に別れた妻子が存在している、いわゆる固定給すなわち安定した収入が約束されない職業であるなど、女性側の家族や周囲の人たちが、交際に否定的となる理由がいくつも想定されます。
対して男性側の家族が、年齢差ではなく家柄や格差など、女性側からすれば理解に苦しむ理由で、交際に異議を唱える可能性もゼロとは言えません。これらは年の差カップルに限らず懸念される、双方の家族という存在が「壁」となる展開ですが、年の差カップルの場合、こうした当事者にとってのデメリットが見過せません。

互いの存在が次第に重荷に…

もちろん双方の家族は「良かれと思って」「当事者の将来を心配して」の進言のつもりですが、恋人と家族との板挟みの状態が続いてしまうと、次第に互いへ存在が「重荷」と感じられてしまい兼ねません。
双方の家族への負の感情が喧嘩の原因となれば、無意識のうちに自身の家族を庇う言動に及んでしまうこともあるでしょう。あるいは女性側が「親も家も捨てて」と、この恋愛に賭ける姿勢なのに対し、男性側が彼女の将来を思いやるあまり、腰が退けたような対応となれば、一気に温度差が広がってしまいます。

幸せな年の差カップルとして人生を歩み続けるために

年齢の近いカップルとは違い、それぞれが生まれ育った世代と育んだ価値観、そして世間一般が抱く、必ずしも好意的ばかりとは言えない印象など、いくつものハードルが目の前に存在するのが年の差カップルです。
一方で年の離れた恋人が双方に届けてくれる、発見や驚きや学びや感動の数々もまた、ふたりが出会って交際を重ねているからこその、人生の宝物に違いありません。大切なのは自分自身の正直な「気持ち」と互いの「絆」です。