意中の男性に「かわいい」はNG?「かわいい」に対する男性の心理を解説

男性に「可愛い」はNG?

女性にとって「かわいい」という言葉は、よく使う誉め言葉の一つです。
日常にあふれている物や様子・人の性格など、様々なシーンでかわいいという言葉を使いますが、基本的にはポジティブな意味として、好きという感覚で使うことが多いです。女性はかわいいものが好きで、かわいいもの・好きなものを見ると幸せを感じることができます。心を癒す効果があるため、かわいいものに反応してしまうのです。使用頻度は人それぞれですが、何気ないかわいいから心の底から思うかわいいまで、心がくすぐられた時には、どんなものにでもかわいいと言ってしまいます。

「かわいい」は母性本能の表れ?

また、女性の中にある母性本能も影響しています。子どもを守ろうとする母性本能が働き、かわいいものに手を差し伸べたくなってしまうのです。このように、「かわいい」という感覚はごく身近なものであり、良い意味の言葉として使いやすいため、気軽に口にしてしまうことも多いです。
好きな男性の子供っぽい一面を見たときにも、思わずかわいいと言ってしまうこともありますが、男性の中にはかわいいと言われることを嫌がる人もいるので、発言には注意が必要です。

男性にとっての「かわいい」とは

男性の場合は、猫や子犬など単純に見た目で判断できるものに、かわいいという言葉を使います。
男性にとってかわいいものは、小さいものや弱いもの、守るべきものといった感覚が強い場合が多く、好みの女性に対してもこのような感情をくすぐられた時にかわいいと思うことが多くあります。
女性が感情的な反応でどんな場面にでも使うのに対し、男性は対象を自分の好みと照らし合わせた上で、素直に愛らしいと思った時にかわいいという言葉を使います。

男女の間で意味は違う?

しかし、女性ほどかわいいを使う対象が広いわけではなく、好みの幅も狭くなるため、女性のかわいいに共感できないことが多いです。
社交辞令として、かわいいを言い慣れている男性も中にはいますが、女性の外見やしぐさに対しかわいいと思っても、口にすることができないシャイな男性も多くいます。

男性にとって「かわいい」はマイナス?

男性はもともと、狩猟時代から戦いが生活の中心となっていたため、本能として力強くたくましく、頼りになる男になりたいという思いが強い傾向があります。
女性は守るべきものと思っており、特に好きな女性の前では、男として頼りにされたいと考えています。
男性に向けてかわいいという言葉を言ってしまうと、そんな男としてのプライドを傷つけてしまうことがあります。
かわいいという言葉は男性にとって、外見的な意味と内面的な意味で、マイナスな言葉としてとらえられてしまう可能性があるのです。

恥ずかしいと感じる男性がほとんど

筋肉が思うようにつかなかったり背が理想まで伸びなかったりと、憧れる男らしい姿に届かず隠れたコンプレックスを持っている男性は、かわいいと言われると男として否定されていると思ってしまいます。
また、普段から男らしくあろうと努力している人にとっては、かわいいと言う言葉を「か弱いもの」や「守られる対象」として受け取り、男として恥ずかしい、バカにされていると感じます。
女性を守る存在として優位に立ちたいという心理によって、かわいいという言葉は「頼りない」「下にみている」といった悪い意味で受け取ってしまうのです。

嫌だと伝えられないことも多い

コンプレックスを見せるのは弱みになるという本能的な心理が働き、素直にそういう言葉はイヤだとも言えず、不機嫌になって無口になる人もいます。
親密ではない好きな女性の前では特に、弱みを見せずにカッコいい男と思われたいので、好意的な意味で言ったとしても受け取ってもらえずに、ぎくしゃくしてしまうことになります。

男性はどう褒めればいい?

男性への誉め言葉は、かわいいという言葉は避けて別の言葉を使いましょう。
好きな人の前で男らしくありたいと思う男性は、女性に頼られたり、かっこいいと思われることを望んでいます。
「かっこいい」「センスがある」というような外見や趣味嗜好を誉める言葉や、「頼りになる」「安心する」といった、女性を守ることができていると感じる言葉はうれしく思います。
また、男性はこだわりを持つ人も多いです。
男性にとってのこだわりは物事に対する深い知識であることが多く、それらを披露した時に尊敬されると喜びます。

理解を示す

「なんでも知ってるね」「物知りだね」といった知識量を誉める言葉も有効です。わざとらしくなく、素直に思った時にさりげなく誉めると、とても喜ばれます。理解者が欲しいと思うのは、男女共通の思いといえるかもしれません。
相手の触れられたくない部分ではなく、本人が心の奥で望んでいるような言葉に気づけると良い関係が作れるでしょう。

かわいいと言われて喜ぶ女性も

男性の中には、かわいいと言われて喜ぶ人もいます。
最近では、男らしさということにこだわりがなく、かわいいと言われることを好む男性もいます。
個性を追及し、男性用のメイクやファッションなどでかわいいものに普段から触れていて、かわいいという言葉に抵抗がないタイプです。

甘えてくる男性には効果◎

かわいいを自分の個性として受け止めている男性は、好きな女性から言われても素直に喜ぶことができます。
また、もともとの性格にもよりますが、距離感やタイミングなどが関わることもあります。
男性が、甘えたい・癒されたいという気持ちになり心を預けてきてくれる時には、かわいいという言葉も問題はないですが、弱みを見せられるような関係性に限られます。
年上の女性に可愛がられたい、好意を持たれていると感じて悪い気はしないなど、かわいいと言われて嬉しいという男性もいます。
素直に誉め言葉として受け取り喜ぶ人もいますので、必ずしも使ってはいけない言葉というわけではありません。

まとめ

女性にとっては悪気はなく、褒め言葉として何気なく使ってしまう「かわいい」という言葉。しかし男性によっては不機嫌になってしまうため、どうして?と思うかもしれません。好意的な意味で言ったのに悪くとらえられてしまうと、悲しい気持ちになってしまいますよね。
「男らしくありたい」「女性は守るべき存在だ」という意識が強い人ほど怒ってしまう傾向があり、そのようなタイプの男性にとって、特に好きな女性には言われたくない言葉になります。
ただし、男性の性格や相手との距離感によっては、そのまま褒め言葉として受け取られることもありますので、かわいいを使う時は相手の性格や気持ちを考えて使うようにしましょう。