若い内にSEXがしたい!安全な相手はどこで探せばいいの?

SEXは絶対にしないといけないわけではありませんが、若い内にSEXしたいと考える女性は多いですよね。でも今現在彼氏がいない、好きな人がいないなど対象となる相手がいないならまずは相手を探すことが必要です。
ですがどこでそんな人を探せばいいのか分からないですよね。そこで具体的に探す方法を、メリットとデメリットも含めて紹介していきますね。

相手を探す方法その1. マッチングアプリ

初体験の相手を探すなら、出会い系やマッチングアプリを使うのが便利です。
そういったサイトはスマホから簡単に利用できますから、誰でも簡単ですよね。しかも地域や年齢を絞って検索できるようになっているので、自宅近くの男性を探すこともできます。

直感的に好みの相手を探しやすい

中には顔写真を載せている人もいますし、身長や趣味などで検索することもできて好みの男性を探しやすくなっていますよ。
何度かメッセージを送り合うなどすればなんとなくどんな人か分かりますし、メッセージのやり取りをしていて「やっぱりこの人は嫌」と思うなら連絡しなければいいだけです。女性も男性も登録者数が多いので、SEXしたいときに便利ですよ。

出会い系やマッチングアプリのメリット

出会い系やマッチングアプリのメリットは、SEXしたいという同じ目的の人と出会える可能性が高いということです。しかも住所が近い人、年齢なども絞って検索できるので便利ですね。
もちろん自分の個人情報はサイト内でバレることはないので、そういった意味のデメリットもありません。プライベートな繋がりもないので、友人などの周りの人にバレてしまうこともありませんよ。

出会い系やマッチングアプリのデメリット

ただしデメリットもいくつかありますから注意しましょう。例えば会ってみると想像していた人と違う、危ない目に会う可能性もあるということです。出会い系で出会ったあとに本気になられてしまう、ということもあるので、個人情報は教えない方が無難ですよ。

相手を探す方法その2. 周りの男性の中から選ぶ

初めてのSEXがしたいなら、周りにいる男性の中から選ぶという手もあります。例えば会社の人やバイト先の人、大学の知り合いなどですね。
SEXしたいと思っても、せっかくなら好みの人がいいですから、知っている人ならある程度選ぶこともできます。2人きりではなくても飲み会のとき、話す機会があるときに、それとなくボディタッチしてみたりして反応を見ていくといいですよ。

お酒のせいにするのもアリ

会話の中で「経験がない」ということを話してみると相手から誘ってくることもありますし、断られてもお酒のせいにして忘れたフリをしてしまいましょう。実際には酔っていなくても酔ったフリをしてしまえば相手もそんなに気にしませんよ。

周りの男性から選ぶメリット

どうしても見ず知らずの人をそういう関係になると「この人は大丈夫かな」と恐怖感がでてきます。ですが会社の人やバイト先の人など、最初から相手を知っていると恐怖感が少ないですよね。
「絶対に大丈夫」ということはないので心配になりますが、既に知っている人なら危険な目に会うリスクが少なくて済みます。何かあっても共通の知り合いなどもいるので、相手も酷いことはしてきにくいというメリットもありますよ。

周りの男性から選ぶデメリット

ですがデメリットとして、共通の知り合いにバレてしまう可能性があります。お互いに黙っていればバレることもありませんが、一緒にいるところを目撃されてしまうこともあるので注意しましょう。会うときは少し離れた場所にする、なるべく一緒に外を歩かないなどすればバレる可能性が低くなりますよ。

相手を探す方法その3. ナンパ待ち

SEXしたいときはナンパ待ちするという手もあります。ナンパをする人は同じくSEXしたいと考えている人が多いですし、その場かぎりの関係になりやすいので後腐れもありません。地域によって差はありますが、ナンパスポットは全国どこでもありますよね。
インターネットで検索してもいいですし、そういった場所に行けば声をかけられることもありますよ。なんとなく恐怖心があれば昼間でもいいですが、できれば夜の方がSEXできる可能性も高くなります。

車には乗らないないように注意

ただし車に乗るなどするとどこに連れていかれるか分からないので、車には乗らずにホテルに行くようにしてくださいね。
自宅に行くのも安全とは言えませんから、ホテルに行くのが無難です。

ナンパ待ちのメリット

ナンパについていくと高い確率でSEXをすることができますよ。しかも相手をある程度は選ぶことができるので、運が良ければ好みの男性と会うこともでいきるとうメリットがあります。
もともと知り合いでもないですし、連絡先を交換しなければその場かぎりなので面倒なこともありません。タイプの男性であれば連絡先を交換するということもできますし、嫌なら適当なことを言ってSEXだけして交換は断ればいいのです。

ナンパ待ちのデメリット

ですが、SEXしたいからといってナンパ待ちするのはデメリットもありますよ。まず、ナンパされないかもしれないということです。
都会であれば人も多いのでナンパする人も多いですが、小さな街だとナンパする人自体が少ないです。
それと危険な目に合う可能性もあるので、必ずホテルに行くようにしましょう。相手が「金欠だから」と出し惜しみするなら自分で払うようにすると安心です。

まとめ

SEXしたいなら出会い系やマッチングアプリの利用、知人から選ぶ、ナンパ待ちをするという方法がおすすめです。もちろんどの方法でもメリットがありますが、デメリットもあるのでしっかり考えてから行動するようにしましょうね。
どの方法も危険がないとは言い切れませんから、注意して警戒しておくことも大事ですよ。女性なら相手探しはけっこう簡単なので、やりやすい方法からトライしてみてくださいね。