ダブルデートは相性が大事!男女の価値観の違いを知ることが成功の鍵に!

ダブルデートを成功させるためにはいくつかおさえておきたいポイントがあります。特に相性は大切で、人数がいるほど不満をためやすい人がいることにも注意が必要です。
男女の価値観の違いなども現われやすいのがポイントで、実際にデートをしてみると男性側が不満をためてしまうなどトラブルの種になることもあります。どのような人と一緒にデートするかまで考えるのがダブルデート成功の鍵になるのです。

ダブルデートの定義とは?

ダブルデートとは二組のカップルが一緒にデートをすることを意味します。グループやサークルで複数のカップルができたときなどはダブルデートもやりやすく、共通する会話などから盛り上がる可能性が高くなります。
逆に関係性が薄い人同士が同席すると個人のコミュニケーション能力が求められることになり、実際に会って気まずくなりやすいのがポイントです。

男性側が不満を溜め込むケースは多い?

女性二人が仲が良いからといってダブルデートを気軽な気分で初めてしまい、彼氏が不満をためるケースは意外と多いのです。
共通の趣味があったとしても性格によって合う合わないは出てくるため、実際にあったことのない相手同士を合わせる場合は事前のチェックが必要になってきます。

ダブルデートのメリットその1. 別のカップルを観察できる

ダブルデートのメリットは別のカップルがデートでどのように行動するかを近くで見ることができる点です。デートに不満を感じている女性は珍しくなく、自分がおかしいのかと悩んでしまいがちです。
実際にダブルデートをすることでうまくデートするコツなどを学べるケースは珍しくなく、向上心のためにダブルデートを選択する女性もいます。

友人に助けを求める形でする人も

デートの回数などが少なく、まだ会話のきっかけなどをつかみづらい時などに友人に助けて貰う形でダブルデートをする人もいます。そもそも男の人と付き合った経験が少ないなど、不安要素が多い場合に信頼できる友人とダブルデートをしてどのような人を見極めることもできます。

ダブルデートのメリットその2. デートの幅が広がる

ダブルデートのメリットに、事前の打ち合わせることで彼氏の行動を誘導するなど工夫が加えられる点があげられます。
たとえば誕生日プレゼントなどをねだりづらい際に、友人カップルに目の前でプレゼントをする姿をみせてもらい、彼氏のプライドを刺激するという方法もあるのです。彼氏が誕生日を確認してくるきっかけになる場合もあります。

ダブルデートならではのデートプランも

また、デートプランを練る際にさまざまな意見が出るためより楽しめるデートプランが生まれる場合もあります。
二人だけのデートがマンネリしがちなときにダブルデートで気分転換をするなどアクセントに使う方法もあるのです。気分をかえてダブルデートをすることで、改めて二人きりのデートの楽しみが発見できる場合もあります。

ダブルデートのデメリットその1. 相性を事前に把握しにくい

ダブルデートのデメリットになるのは、会う人全員の相性を把握しづらい点です。グループなどから自然発生した面々であれば、相性の良し悪しも簡単にわかります。
無理にダブルデートをしても不満をためる人がいる場合は避けた方が無難です。しかし、初対面に近い人間が会うことになるとトラブルに発展する可能性も存在し、デートを楽しむどころではなくなる恐れもあるのです。

気楽に楽しめない場合もある?

主張が強過ぎる人や、内側に溜め込みすぎてしまう人がいる場合は特に注意が必要です。デート後にどちらかのカップルが気まずくなる可能性もあり、悪影響が大きく出てしまう可能性があります。
気楽に集まって楽しめない可能性があることはデメリットの一つになります。

ダブルデートのデメリットその2. 彼氏が知ってしてしまう

ダブルデートのデメリットについて考える際に重要になるのが男性の独占欲の強さです。彼女を独り占めしたいという感情を持っている男性は珍しくなく、たとえ他のカップルの男性からでも声をかけらるとイライラしてしまうというケースは珍しくないのです。
女性同士が話しているときと全く印象が変ることもあるため、事前に嫉妬心が強くないか確認しておく必要があります。

問題がない人のみでダブルデートを考えた方が良い

女性の場合は場の空気を保つために我慢するという人もいますが、男性は空気を読まないことが男らしさだと考えている人もいます。男女の価値観でずれやすい部分になっているため、念入りに確認し、問題がない人のみでダブルデートを考えた方が良いのです。

まずはメリットがあるかどうかを考える

ダブルデートのデメリットは、二人ではなく四人という人数でデートをするからこそ発生するものが大半です。男性と女性の価値観の違いが加わるため話がさらに難しくなり、誘うだけで気を使うということにも繋がりかねないのです。
デート先を決めようとするだけで揉めることもあるため、まずは気安くダブルデートができる関係化も確認する必要があります。

ノリでついてくてくれる人ばかりではない

神経を使いたくないのであればダブルデートをしないのも方法で、メリットがあるかどうかで考えるのが基本になります。楽しそうだからとノリでやっても、ノリについてきてくれる人ばかりではないのです。
ノリがいい人同士であれば楽しめる確立は高いため、普段から騒げる関係ができているかで成功率は大きく変わります。

まとめ

ダブルデートは人数が増える分トラブルの種が増えるケースがあります。普段は良い彼氏でも男性同士で話すのは気まずいという人もいるため、無理にダブルデートをしない方が良いことも多いのです。
二人きりのデートと同じく相性が良いことが成功の条件だということを考えた上で、楽しめる人だけでデートをするのが成功のポイントになってきます。