初めての生理痛に!生理痛のメカニズムと対策

そもそも生理痛とは?

多くの女性が毎月経験する生理ですが、中には生理の際に決まって強い痛みを感じる人もいます。これを生理痛と言い、症状の重い人では起き上がって動くこともできず、日常生活に支障が出るほど痛みが激しいこともあるほどです。
このように生理痛が起きるのは、生理の際に女性の体内で分泌されるプロスタグランジンという物質が影響するためです。プロスタグランジンには子宮を収縮させて経血を早く排出させる作用があるのですが、多く分泌されると子宮の収縮が強くなり、痛みをより感じやすくなってしまいます。
また、以前の生理の際に子宮内膜が全て排出されずに残っていたりすると、時を追うごとに子宮内膜が厚くなり、一気に剥がれるので痛みを強く感じるようになります。残った子宮内膜が蓄積してうっ血し、血流を悪化させて痛みを増すこともあるなど、子宮内で起きる様々な要因が重なって生理痛を引き起こしていると言えるでしょう。

生理痛の仕組み

生理痛は子宮の収縮によって引き起こされるものなので、基本的には子宮のある下腹部を中心に痛みが現れます。どんな痛みを感じるかは人それぞれですが、下腹部がズキズキしたり鈍くて重い痛みを感じるのが一般的です。
また、生理中は血流の悪化も起きやすく、下腹部だけでなく腰のあたりまで痛みを感じることもあります。子宮と近い位置にあるため血流が滞ることで腰の筋肉まで緊張してしまい、凝り固まって酷い腰痛のような痛みを感じるのです。
人によっては、痛みを増幅させるプロスタグランジンや血行悪化の影響で、子宮から遠く離れた頭に痛みが出ることもあります。腰痛や頭痛も立派な生理痛の一つと考えられているので、仮に下腹部痛が無くても頭痛が酷い場合は、病院で生理痛を相談してみましょう。

薬に頼ることが一番

毎月酷い生理痛に悩まされているという場合は、我慢せず薬に頼りましょう。生理痛に苦しむ女性は非常に多いので、ドラッグストアでも数多くの生理痛の薬が売られています。
生理痛専用の薬でも良いですし、一般的な鎮痛薬でも効果はあります。これらの薬には非ステロイド性抗炎症薬と呼ばれ、痛みを引き起こすプロスタグランジンを抑える作用を持っています。同じ作用を持つ成分はいろいろとあり、どの成分を配合しているかは薬によって異なります。

生理痛がひどくなる前に服用

どの薬でも共通しているのは、生理痛が酷くなる前に早く服用するということです。痛みを我慢した後に服用しても、既に大量に分泌されたプロスタグランジンを抑えることができないので効果があまり得られません。
プロスタグランジンの生成が始まってすぐに服用すれば痛みの増強を防げるので、より効率よく痛みを緩和させることができます。

ヨガでの血行促進も効果あり

生理痛は血行の悪化によっても酷くなるので、ヨガで血行を改善させるのも効果的です。ヨガには骨盤の矯正や筋肉の凝りの解消、自律神経を整えるなどの効果もあり、様々な面から生理痛の緩和が期待できます。
特に生理痛に効くヨガのポーズは、「がっせき前屈」というものです。両方の足の裏を合わせて股関節をグッと開き、できる限り前屈するという簡単な動作ですが、股関節や骨盤を調整する効果に優れています。下腹部から下半身にかけて筋肉をほぐして血行を改善させるため、生理痛を効果的に緩和することができます。

より効果を高めるコツ

より効果を高めるコツは、ポージングの間できるだけ普段の呼吸を心掛けるということです。前屈は体がきついので無意識に呼吸を止めてしまう人も多いのですが、呼吸が足りないと身体に十分な酸素を届けられず、筋肉が緊張してしまいます。これではせっかくのヨガ効果が低くなってしまうので、しっかり呼吸しつつポージングをやってみてください。

他の病気で痛みを感じるケース

生理中に痛みがあると単なる生理痛だと思い込みがちですが、実は他の病気が原因で痛みを感じているケースもあります。子宮で起きる病気として代表的なのが、子宮内膜症や子宮筋腫です。どちらも生理の際に痛みを感じるのは通常の生理痛と同じなのですが、子宮内膜症だと生理痛とは言えないレベルの激しい痛みに毎月襲われます。

子宮内膜症

立って歩くことができなかったり眠ることすらできないほどの激しい痛みの場合、子宮内膜症を発症している可能性が高いです。また、子宮筋腫は子宮内膜症ほど痛みが強くないことが多いですが、子宮の内部にコブができるため下腹部が歪に膨らむなど、目で見て病変に気づくことができます。痛みが非常に強かったり下腹部に異常が見られた場合、生理痛とは違う病気が隠れている可能性もあるので、早めに病院を受診してください。

まとめ

「生理痛くらい大したことない」と我慢してしまう女性も多いですが、生理痛は決して我慢して当然の症状ではありません。無理を押して仕事や学校を頑張っても辛いだけですし、深刻な病気が原因になっているケースも多いのです。
我慢を続けていると、症状が悪化してますます痛みが酷くなったり、将来不妊になってしまう可能性もあります。薬の処方や手術などで生理痛を緩和することもできるので、生理痛に悩まされている場合はできるだけ早く専門の医師に相談するようにしましょう。