セックスの悩み!濡れやすいことは良いこと?悪いこと?

好きな男性と交際することになると、セックスに発展するのは時間の問題ですよね。セックスに関する悩みは尽きませんが、濡れやすいことに関して悩んでいる女性も存在します。
「これって良いことなの?それとも悪いことなの?」いくら仲が良くても女友達には聞きにくい話題ですよね。今回は濡れやすいことに対する悩みについて詳しく解説していきます。

濡れやすい原因とは?

性行為における女性の性器の濡れやすさには個人差がありますが、大抵はおりものの分泌量が多いことが原因です。
セックスしているときに濡れにくくて挿入時に痛みを感じやすい女性は、そもそもおりものの分泌量も普段から少ない可能性が高いでしょう。反対に濡れやすいと悩んでいる女性は、おりものの分泌量が多いと感じることが多いのではないでしょうか?

モヤモヤすることが多い?

おりものシートを頻繁に変えなくてはならなかったり、お気に入りの下着がすぐに黄ばんでダメになったり、なにかとお金がかかってしまって悩みが尽きないですよね。
濡れやすいと悩んでいる女性は、男性との性行為時にもモヤモヤすることが多かったりします。

あるあるその1. 感じてないのに感じてると思われる

好きな男性とセックスすることは愛されていると実感でき女性としても嬉しいものですが、そうはいっても気持ちが良いかどうかは別ですよね。濡れやすい女性だと感じているわけではないのに、男性から感じてると勘違いされてしまうことが多いようです。

男性から勘違いされることも

「触ってもないのにこんなに濡れているなんて、君は変態なんだね。」なんて言葉責めのつもりで男性から言われたら、気持ち良くもなく感じているわけでもない女性にとってはイライラしてしまうことでしょう。
実際に気持ち良かったらまだ良いのですが、そんなセリフを言われたら気持ちがサーっと冷めてしまってセックスがしたくなくなるなんてこともありえます。

あるあるその2. 手抜きをされてすぐに挿入しようとする

濡れやすい女性の場合、男性がもう濡れているから挿入してもいいだろうと勝手に判断し、入れてこようとしてくることもあります。まったく気持ち良くないし感じてもないのに、濡れているせいで勘違いされてしまいがちなのです。
そのため、濡れやすい女性はセックスの前戯において手抜きをされてしまうことが多いようです。

素直に伝える

そういった場合は、「もっと気持ち良くなりたいな。」と素直に伝えると良いでしょう。
男性も嫌がることはないでしょうし、むしろ可愛いと感じるのではないでしょうか。あくまでもミスを指摘するように怒る感じで伝えるわけではなく、照れている感じで甘えるように伝えるのが良いでしょう。

あるあるその3. 感じているように見える

男性からの肯定的な意見としては、濡れている女性の方が感じているように見えるので興奮するということです。
濡れにくい女性だと「自分のテクニックが下手なのかな。」「気持ち良くないのかな。」などと男性は不安を抱いてしまいます。反対に濡れやすい女性だと男性のプライドが傷つかなくて済むのではないでしょうか。

濡れている=感じている、は間違い

とはいえ、性行為時における女性の陰部の分泌物というのは、男性器を挿入する際に痛みを感じないように自分の身体を守るために分泌されているので、そもそも濡れている=感じている、という認識が間違っているのです。
男性は普段は理性的で冷静という雰囲気を出していますが、セックスのことに関しては感情的になりがちで困りますよね。

あるあるその4. 濡れているから気持ちが良い

女性にとっては濡れていたとしても決して気持ちが良くて感じているわけではない場合もあります。しかし男性にとっては女性器が濡れていると挿入時にすべりが良くなるので気持ちが良いと感じるのです。
セックスにおいてオーガズムを感じにくい女性からしたら羨ましいですよね。

性の気持ちを優先してくれる男性と

好きな男性が自分の身体で感じてくれることに対して幸せを抱くような包容力のある優しい女性ならそれでも良いかもしれませんが、「私だって気持ち良くなりたいのに男性ばっかり気持ち良いなんてずるい!」と感じる女性もいますよね。
気持ち良くなりたい女性は、自分が気持ち良ければいいという自分勝手な男性ではなく、女性の気持ちを優先してくれる優しい男性と付き合うことをおすすめします。

あるあるその5. 挿入時の痛みが少ない

女性が気持ち良いか、感じているかどうかは別として、女性器が濡れているのであれば挿入されても痛みを感じることは少ないのではないでしょうか。
濡れにくい女性は挿入する際に痛みを伴うことが多いので、セックス自体を嫌って好きな男性でもしたくないと感じる女性もいます。

女性も気持ちよくなる努力をするべき

そうはいっても痛みを感じないというだけで、気持ち良くもないし感じることもないセックスなんて女性からしたら冷めてしまいますよね。「この人は自分が気持ち良ければそれでいいのか。」と虚しく思えてきます。
そんな虚しいセックスを避けるためには、彼氏に「次はこういうふうにしてみない?」と提案してみるのも良いでしょう。ある程度は女性も気持ちよくなる努力をするべきです。

演技はしない方がいい!

日本人女性は優しい人が多いので、セックスをする際に演技をすることが多いですよね。でも自分も気持ちよくなりたいのなら、演技はしない方が良いでしょう。
いくら濡れやすい女性だとしても、声を出さずにマグロ状態なら男性も感じていると勘違いすることはありえません。気持ち良くないんだなと気付くはずなので、女性が気持ち良くなるようにきっと努力してくれるでしょう。

ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
メル友も恋人も探しちゃおう~★
運命のお相手との出会いもきっとある
簡単無料登録