結婚祝いのマナーや渡すもの!おすすめ、お返しまで

結婚祝いとは?

結婚する2人へのはなむけの意味で友人・知人から贈るのが、結婚祝いです。結婚式に出席しない人がお祝いの気持ちを品物で渡すことを、現代における一般的な定義とするところが増えました。稀に両方を渡す人もいますが、金額によって2人への負担となりかねないので、金額面を考慮して渡すことが推奨されています。
遠方にいる友人や授かり婚といった、シチュエーションに合わせて贈る時期や贈る物を変える事も大切といえるでしょう。

結婚祝いを渡すタイミング

結婚祝いを渡すタイミングとしてベストなのが、結婚報告を受けてから1か月以内で、さらに2人が結婚する1か月から2か月前といわれています。
ただし、結婚してから報告を受けた場合には、報告を受けてから1か月以内で問題ありません。大安の日に手渡しすることが最も良い渡し方といわれていますが、手渡しが難しい場合には、宅配でもいいといわれています。宅配で送る場合、新居に送ることが望ましいといわれている為、結婚後に宅配便に依頼したほうがいいでしょう。

招待状をもらっている場合

結婚式の招待状をもらっている場合、ご祝儀の他に渡したい人は贈っても構いません。
その際、直接手渡しが望ましいといわれていますが、相手が多忙である場合には郵送がいいでしょう。もし結婚式後に送る場合には、新婚旅行の有無や、出かける日に届かないようにする配慮が必要です。事前に目的を伝え、日程を確認しておくと相手に失礼にならないでしょう。

結婚祝いにつける熨斗紙

お祝いの品物を贈る時に水引きのついた熨斗紙を付ける事は当然といわれています。お店で熨斗紙を依頼した場合、表書きについて尋ねられることがある為、表書きは「寿」「御結婚祝」「御祝」とすることが望ましいです。水引の下部分は誰宛に送るかを書く場所で、新郎新婦両家の苗字で出す事がマナーといいます。

結婚祝いの場合には、「結び切り」

なお、結婚祝いの場合には、「結び切り」と呼ばれる水引が書かれた熨斗紙を用意しましょう。「結び切り」と呼ばれる熨斗紙は、「生涯一度でいい」と呼ばれる物事に対して贈られます。一度結びついたら決して切れない、結婚が生涯続くようにと願いを込めた熨斗紙を送りましょう。
熨斗紙を選ぶ場合、書かれている水引の本数は10本の物を贈ってください。1つの家を5本と考え、2つの家が結婚によって結びついたことを示すために必要だからです。
なお、熨斗紙の付いたお祝いを贈る場合、直接手渡すのであれば包装紙の上から熨斗紙を付けた物でも問題ありません。しかし、宅配の場合には熨斗紙をお祝いの上につけ、更に包装紙で包んで宛名を張り付けたほうが良いとされています。

結婚祝いで一番喜ばれる物

結婚祝いで一番喜ばれる物としては、現実的な商品券や現金といわれています。一番使い勝手がよく、相手がほしい物を買えるからです。カタログギフトも人気のある品物で、予算の範囲内でほしい物をプレゼントできるとして、贈った側、贈られた側両方に喜ばれます。

普段使えるものもオススメ

それ以外では空気清浄機やホームベーカリー、コーヒーメーカーといった普段使うものをプレゼントする人も多いです。事前に新郎新婦からさりげなく情報を確認し、プレゼントをすることで喜んでもらうと考えている人は少なくありません。
新生活の時に使うペアグラスや調理器具、高品質のタオルといった、生活に密着しているものを贈る事で、新生活の応援をしている人も多いといわれています。

お返しのマナーは?

結婚祝いをもらった人には、もらった品物の金額を確認し、三分の一から二分の一程度の金額でお返しをすることがマナーといわれています。
別名、結婚内祝いと呼ばれており、プレゼントするアイテムはカタログギフトやお菓子が人気です。それ以外では相手の好みに応じた物や、日用品を贈ることが多いといわれています。特にタオルや紅茶・コーヒーといった、相手が好む嗜好品を贈る事が失礼にならないでしょう。

複数人にお返しをする場合

職場や友人一同で渡された場合、詰め合わせのお菓子を贈るとみんなに喜んでもらえるでしょう。遠方の相手に贈る場合には、保存できるものを贈る事が望ましいといわれています。もし相手がお酒の好きな人であれば、お酒を贈っても問題はありません。
手渡しをすることが望ましいといわれていますが、直接渡すことが難しい場合には宅配でも失礼に当たらないとされています。内祝いを贈る時期としてふさわしいのは、結婚披露宴が終わってから1か月以内です。お祝いをもらった時期が結婚披露宴から1か月以上たっている場合には、お祝いをもらってから1か月以内に内祝いを贈ってください。

一年以上後でも渡していいの?

もし結婚した報告が結婚後1年以上たっていたとしても、本人から直接伝えられた場合には結婚祝いを贈っても問題ありません。事情を説明してお祝いのメッセージをつけて送ると、失礼に当たらないとされています。なお、授かり婚で、相手が結婚式も出産も全て済ませている場合には、出産祝いと結婚祝いを同時に贈っても失礼にはならない為、安心して贈ってください。
再婚の場合には、相手に気を使わせないよう、友人一同といった形で贈ると、相手に喜ばれるでしょう。2度目とはいえ、結婚したことはめでたいことなのでお祝自体を贈る事は何ら問題ありません。