女性の気になるワンナイトラブ事情!後悔はつきもの?

イケナイと思いながらも、ついワンナイトラブを経験してしまったという女性は意外に多いといわれています。あまり肯定的なイメージのないワンナイトラブですが、実際のところはどうなのでしょうか?
そもそもワンナイトラブとは何なのか、ワンナイトラブに陥りがちなシチュエーション、ワンナイトラブのその後など、ワンナイトラブについて詳しく見ていきましょう。

ワンナイトラブとは?

ワンナイトラブは、付き合っていない男性と一夜限りの肉体関係を持つことを言います。ワンナイトと言われることもあります。直訳すると「一夜の愛」となりますが、必ずしもその二人の間に愛があるとは限らないのがワンナイトラブです。
自分の周りには、ワンナイトラブを経験した友人はいないという方も多いかと思いますが、実際にはワンナイトラブを経験している女性は少なくないようです。

話題に上らないだけで…?

友人に相談しづらい内容ゆえに話題に上がらないだけで、あなたの周りにも多くのワンナイトラブ経験者がいるかもしれません。
逆に、自分がワンナイト経験者という方は、友人にワンナイト経験者がいないということで不安になることもあるかもしれませんが、実は友人もしていたなんていうことも珍しくありません。

その1. お酒の勢いでワンナイトラブ

ワンナイトラブに陥る一番の理由は、何といってもお酒です。大人になれば、大学や会社の集まり、友達同士の集まりでお酒を飲む機会も多くなります。お酒を飲むと普段はしないようなエッチな話で盛り上がったりするのは、誰しも経験があるかと思います。
このように、お酒で酔うことによって、性的なことに関してもオープンになってしまいがちです。そんな楽しい気分のまま二人きりになってしまえば、欲望のままワンナイトラブに走る可能性は高いといえるでしょう。

「お酒のせい」という言い訳ができる

一番多いお酒の勢いでのワンナイトラブですが、一番後腐れがないワンナイトラブとも言えます。
お互い「お酒の勢いで」とお酒を言い訳に出来るので、お互い付き合っている相手がいなければ面倒なことにもなりませんし、どちらが悪いということもありません。すっきりと終わることが出来ます。

その2. その場の雰囲気でワンナイトラブ

その場の雰囲気でワンナイトラブを経験した、という女性もいます。経験者からすれば、その場の雰囲気でワンナイトラブというのは納得の理由かと思いますが、ワンナイトラブを経験したことがないという女性は、未知の雰囲気かもしれません。
例えば、同窓会で再会し、二人きりになってワンナイトラブへということもあり得ますし、合コンで仲良くなった男女が二人きりになってというパターンもあります。

それがきっかけで付き合うことも

この場合のワンナイトラブは、お互いに好意を持っているという状況、もしくはお互いそういう雰囲気になっても断る理由が特に見つからないという状況で発生します。
そのため、ワンナイトラブだけでも良いと思っていたとしても、それをきっかけに付き合うことになるという可能性は、お酒の勢いでのワンナイトラブに比べると高いです。

その3. 寂しさを埋めたくてワンナイトラブ

寂しい気持ちを埋めたくてワンナイトラブ、というパターンもあります。例えば失恋したばかりで、話を聞いてもらっていた男友達に体を許してしまったなどが挙げられます。
また、彼氏が構ってくれないために他の男性を求めるという場合もあります。寂しさを埋めたくてワンナイトラブをした場合、女性の方はワンナイトで終わりと思っていても、男性側は付き合えるのではないかと思っていることがあります。

失恋後には要注意

特に失恋直後の女性は、男性側からするとチャンスです。その場合お互いの気持ちにギャップがあるため、その後はギクシャクしてしまう可能性もあります。
また、彼氏が構ってくれないという理由からワンナイトラブをしてしまうと、行為が彼氏にバレた場合は当然トラブルになってしまいますので、彼氏がいる場合にはワンナイトラブは極力避けた方が無難です。

ワンナイトラブでの後悔

ワンナイトラブの後は、道徳から外れたことをしてしまったと後悔する女性も多いはずです。一番は、軽い気持ちで肉体関係を持ってしまったことへの自己嫌悪です。
必ずしもそうではありませんが、女性は貞操観念をしっかり持っている方が良いというイメージがあります。ワンナイトラブは貞操観念からは外れた行為であるため、それをしてしまった自分に自己嫌悪を感じてしまうのです。

ワンナイトラブに後悔はつきもの

また、少し気になっている人とワンナイトラブをした場合は、その人から軽い女だと思われたのではないかという心配から行為を後悔することもあります。
彼氏や好きな人がいるのにワンナイトラブをしてしまったという場合には、彼氏や好きな人に対して申し訳ないという気持ちから後悔してしまいます。状況によって後悔の種類や大きさは様々ですが、ワンナイトラブに後悔は付き物と言えそうです。

それでも熱くなるのがワンナイトラブ

後悔すると分かっていても、熱くなるのがワンナイトラブです。一番忘れられないセックスがワンナイトラブ、なんて女性もたくさん存在します。ワンナイトラブは、基本的に一度きりの関係ですので、普段なら出来ないような恥ずかしい要求をすることも出来ます。
セックスがマンネリ化しているという女性は、普段と違ったプレイにかなり燃えるのではないでしょうか。

刺激的な性生活が送れることも

そこから付き合うことになっても、最初に恥ずかしい要求をしているので、お互い遠慮せずに刺激的な性生活が送れます。また、女性として求められることに喜びを感じることも出来ます。
セックスをしばらくしていないという女性であれば、ワンナイトラブで気持ちを満たし、女性的な魅力を増すことも出来るでしょう。

満足のいく性生活を!

ワンナイトラブに悪いイメージを持つ女性は多いですが、全てのワンナイトラブが悪いということはありません。それにより、気持ちが満たされたり、刺激的なセックスが出来たり、女性的な魅力が増したりと良いこともあります。
もちろん、事件に巻き込まれたり、恋人とトラブルになったりといったリスクは自分で避けるよう努力が必要ですが、誰も不幸にならないワンナイトラブであれば、積極的になるのもアリなのではないでしょうか。