婚活なんてもうコリゴリ!?婚活疲れの原因や解決法を紹介します

一つのことをがんばり続けて、思うようにいかないと、疲れてしまいますよね。婚活していれば、ぶち当たりやすい壁が「婚活疲れ」。婚活さえすれば、必ず良い人と出会える、結婚できると思っていると、失敗した時のダメージもひとしおです。
婚活を長い間続けていくには、適度に休息することも必要でしょう。今回は、婚活疲れしてしまう原因、解決法などを紹介します。

婚活疲れの原因とは

婚活した人の75%が、婚活で疲れたと感じたことがあるそうです。婚活疲れは、「早く結婚しなきゃいけない」、「このまま続けていても素敵な人と出会えるかな?」と、不安な気持ちが複雑に混ざり合って生まれてきてしまいます。
婚活のゴールは結婚が多いですが、人によってはその道のりが、とても長く険しいものになることもあります。そうすると、次第に婚活疲れを起こしてしまい、なかなかそこから抜け出せなくなってしまいます。

その1. 周りからのプレッシャーで疲れる

婚活を始める人の中には、自分の意志というより、周りからのプレッシャーを感じて始める人も多いです。「周りの目が気になる」「親や知り合いから結婚しろと言われた」など。
そういった理由で婚活を始め、実際には思うようにならないと、今度は自分で自分に「早く結婚しないと」と、プレッシャーをかけることもあります。このような緊張状態が長い間続くと、婚活疲れを起こすのは当然なのです。

その2. 出会いがないので疲れる

婚活を頑張って色々な場所に行っても、婚活アプリや婚活パーティーを利用しても、結婚したいと思えるような人に出会えない、これも婚活疲れを起こしやすい原因と言えるでしょう。
「たくさんの婚活パーティーに参加したけど、良い縁がなかった」「誰とも気が合わない」など、出会いを求めているのに、良い人と全然巡り会えないと悩んでいる女性は多いです。

期待が焦りを生んでしまう

「次こそは」と意気込んだのに、ことごとく出会いがないと、まるで迷路に迷い込み、「このまま二度と出られなくなってしまうのではないか」と不安な気持ちが押し寄せてくるのです。
焦って婚活を始めたのに出会いがない、ある意味、婚活をしていて一番辛いことではないでしょうか。

その3. ゼロから始めるのに疲れた

婚活で気になる人ができたとしても、その人との恋愛が上手く行かなかったら、婚活がまた振り出しに戻ってしまいます。
そうすると、また新しい人を探さなければならないし、守備範囲が狭い女性は、相手の男性に求める条件も高く「一から始めるのがしんどい」と感じる女性も多いです。

なんども繰り返す「初めまして」

「初めましての関係を何度も繰り返すのは辛い」「自分のことをわかってもらうために同じような自己紹介をしたり、相手のことを知ることに疲れた」など。
婚活を長い間続けていると、それだけ「初めまして」の挨拶を繰り返し、ゼロから相手との関係を作り上げなければなりません。この作業に「もう疲れた」と感じる女性も多く、婚活疲れや婚活をやめてしまう原因になることもあります。

その4. フラれてばかりで疲れた

せっかく素敵な男性を見つけて告白しても、誰とも付き合ってもらえない、素敵な人と長い間付き合ったけど、フラれてしまったなど。そのような経験をしていると、婚活で疲れてしまうどころか、婚活をやめたくなると言っても過言ではありません。
婚活は、やろうと思えば簡単に参加できるものが多いですが、「カップルを作る」「結婚する」ということは、難しいのです。

フラれてばかりで自己嫌悪に

フラれてばかりいると、「私はダメなんだ」と、自己嫌悪に陥ることにつながります。
婚活を続けることで、自分自身に対する自信をなくし、「婚活を続けても美男美女ばかりが人気で、私なんてフラれるだけだし」と、婚活に対して後ろ向きになってしまうのです。

その5. 笑顔でいるのに疲れた

婚活では、第一印象が特に大事で、いかに自分を魅力的にプレゼンするかが大切になってきます。
「第一印象を良くするために、笑顔を作りすぎて疲れた」「相手の話に無理やり合わせたり、盛り上げるのに気疲れした」など、相手に良い印象を持ってもらおうと頑張りすぎると、婚活で疲れてしまう原因に。

リアクションや相づち疲れも

自分では笑っているつもりでも、婚活疲れにより「顔が引きつる」「目が笑っていない」「全然楽しくない」という状態では、本末転倒ではないでしょうか。
相手の趣味を理解しようとしたり、相手の好みのフアッションにしたり、相手の話に大きなリアクションや相づちを打ったり、好印象をもたれようと奮起すると、女性は疲れやすくなってしまうようです。

婚活疲れの解消法とは

婚活に疲れてきたと自覚するならば、一度思い切って休むというのも一つの手です。
休んでいる間にライバルに良い男を取られてしまうと思うかもしれませんが、婚活は誰かと競うものではありません。自分には縁がなかったと諦めることも大切です。

事務的に続けても、本当の幸せはやってこない

事務的に婚活を続けていても、精神的にダメージを負った状態では素敵な出会いはやってきません。
趣味を楽しんだり、仕事に癒しを求めたり、婚活を忘れて思いっきり寝る、エステやスポーツジムに通い、自分磨きに取り組むなど、自分にあったリフレッシュ方法を試してみましょう。また、婚活の方法を変えてみるというのも気分転換になります。

根を詰めて体を壊さないように

婚活アプリから婚活パーティーや結婚相談所、街コンなどに変更したり、素敵な出会いを求めて、夜のクラブや居酒屋、スポーツ観戦や音楽ライブに足を運ぶのも良いでしょう。
あまり根を詰め過ぎると、婚活に疲れるだけでなく、体を壊す原因になります。婚活疲れに陥っている原因を考え、そこから一時的に離れることで、婚活疲れの解消につながります。

婚活疲れや失敗は無駄じゃない

婚活で疲れてしまう原因は人それぞれですし、婚活は自分の思い通りにいくほど簡単なものではありません。婚活で疲れた時にどうすればいいかを考えながら進めると良いでしょう。
焦りやプレッシャーは自分の首を絞めるだけです。婚活さえ続けていれば、出会いは必ずやってきます。婚活が上手く行かなくても、「時間を無駄にした」と考えるのではなく、「経験したことは全て自分の糧になる 」という気持ちが大切です。