どのくらい?理想的な初デートの所要時間とは

初めてのデートはお互いに緊張しているものです。楽しみな半面、上手く話せるかやどこへ出かけるかなど悩みも多いのではないでしょうか。デートの所要時間もそのひとつですよね。
「長すぎても短すぎても印象が悪くなってしまいそう…」と悩ましい初デートは、どんなプランでどのくらいの時間一緒に過ごすのがベストなのでしょうか?

長すぎる初デートはストレスに!

初デートの場合、所要時間は長くなり過ぎないことがポイントです。
付き合いが長くなってくると、お互いの価値観や考え方が分かってくるので、長い時間一緒にいることでかえって安らいだりするものですが、相手のことをよく知らない最初のデートではそうはいきません。

楽しいデートのはずが…

一緒にいる時間が長いとそれだけ緊張も続くということですし、会話や行き先など気にかけることもたくさんあります。初デートの場合は特に、服装や店選びなど、会う前からナーバスな状態が続いていますので、ストレスになりやすいものです。
初デートの目安は、どんなに長くても5時間以内。どんなに盛り上がって楽しくても、それ以上長く一緒にいない方が後々上手くいきますよ。

初デートが長すぎるとどんなデメリットがあるの?

初めてのデートを長時間のプランにしてしまうと、緊張によるストレスの他にどんなデメリットがあるのでしょうか。

その1. いい印象を残しにくい

一つは良い印象を残しにくいということです。緊張時間が続くとストレスだけでなく疲れもあります。
心理的にも肉体的にも疲れてしまうと、ネガティブな思考になりがちです。デートが楽しいものだったという記憶より、とても疲れるデートだったという記憶が強く残ってしまう可能性があります。

その2. 相手のことを知りすぎてしまう

二つめは、相手のことを知りすぎてしまうということです。一緒にいる時間が長いと、それだけたくさん会話もしますし行動もできますよね。そうなると「この人はこういう人なんだ」ということをある程度把握できてしまいます。
初デートで大切なのは、フィーリングが合うかを確認し、次のデートにつなげること。「もう少し一緒にいたかったな」という名残惜しい気持ちを残すくらいでお開きにすることが大切です。

おすすめデートプランその1. テッパンの映画デート

映画の趣味が合うようであれば、定番の映画デートは最初のデートにおすすめです。チケットを購入して、映画を観て、お茶をすると大体4~5時間ほどになります。
長い時間一緒に過ごすわりに、会話する時間はそんなに長くないので、口下手でも大丈夫ですよ。また、同じ映画を観ることでタイムリーに共通の話題ができるので話題に困るということも少ないでしょう。

映画の後は話も弾みやすい

また、映画のあとは気分が高揚していることも多く、話が弾みやすいもの。お互い盛り上がっているので次のデートにつなげやすいというメリットもあります。
同じ空間で同じものを観るという点では、美術館や博物館でのデートも良いですね。こういった施設の場合は、相手の興味関心が映画よりも分かりやすいので、2回目のデートとしてもおすすめできます。

おすすめデートプランその2. 動物たちがフォロー役をしてくれる動物園や水族館

動物園や水族館も初デートにはうってつけです。というのも、動物たちの愛くるしい表情やしぐさを見ることでリラックスできますし、笑ったり驚いたりと同じ感情を味わうことができるからです。
体を動かしながらのデートなので、ストレスが少なく過ごすことができます。

話題にも困らず、気楽に過ごせる

映画同様、同じものを観ているので話題に困ることもないですし、腰をすえて面と向かって話をするわけではないので気軽に話せます。歩きながら、観て回りながらの会話なので手持無沙汰になる心配もありません。
2~3時間ほど観て回ってデートを終えても良いですが、その後に小一時間お茶をするというプランだと次のデートの約束もしやすいですよね。

おすすめデートプランその3. ストレス少なめ!サクッとお茶のみデート

所要時間1~2時間程度のサクッとしたデートは最初のデートに好まれます。最近ではおしゃれなカフェが街中に増えていますが、お店によっては男性一人で訪れにくい場所も。
女性の方から「気になっている(お気に入りの)カフェがあって」と誘ってみましょう。
お店を選ぶときは、席と席の感覚が近すぎない落ち着いた雰囲気のお店を選びましょう。声を張らなくても会話ができるくらいだと良いですね。また、流行りのお店で行列に並ぶという事態は、最初のデートでは避けましょう。

気軽にできるデートプランの一つ

お茶のみのデートだと拘束時間が少なくすみますので予定を合わせやすいですし、もしも「合わない」と感じた場合にもサッと切り上げられます。誘うのが当日でも気軽にできるデートプランです。

おすすめデートプランその4. お酒が好きなら飲みデートへ

ふたりともお酒が好きな場合は、初デートで飲みに行くのも良いですよ。適度に飲めば開放的な気分で話ができるはずです。
最初なので気張ったレストランよりも、リラックスして飲食と会話を楽しめる居酒屋やバルなどが良いでしょう。あまり賑やかすぎるお店だと肝心の会話がしにくくなりますので気をつけてください。

自分の体調と相談して

飲みデートで気をつけたいのは飲む量です。いつもより緊張しているはずなので、酔いが早く回ったり、思わぬタイミングで具合が悪くなったりする可能性があります。初デートで失敗しないためにも「緊張してるから飲みすぎないようにするね」と伏線をはっておきましょう。
そして、必ず終電前に帰宅すること!相手が「もう少し一緒にいたい」と思うタイミングでサラっと帰宅することが大切ですよ!

後ろ髪をひかれるくらいがちょうどいい!

初デートで大事なのは「後ろ髪をひかれるくらいのところで切り上げる」ということです。これはどんなプランであっても同じこと。
人間は、すべてを知り尽くしてしまうと相手への興味を失ってしまいます。少しミステリアスだったり、もっと知りたいと思う部分を残したりする方が魅力的に感じるものです。
基本的に男性は女性を追いたいもの。初デートで「知らない」を残しておくことが次につながる鍵となるのです。”