男性の脈ありサインを見逃すな!普段の生活からSNSまでチェック

男性の脈ありサインが知りたい!

「脈あり」な男性の行動を見抜くことができれば、もっと積極的にアプローチできますよね。日常会話の中で言えば、意中の男性が色々な質問をしてくる場合は、脈ありと判断しても良いでしょう。その際、ただ質問しただけで終わるのではなく、些細な部分まで彼がしっかり覚えてくれていたなら、本気で好意を持っているサインです。

自分の事をよく話す人も要チェック

また、男性は本気で好きな相手に対しては、自分の事をよく話す傾向があります。その理由は、「自分自身をもっと理解して欲しい」という心理があるから。自分の事を他人に話す事を恥ずかしいと感じる人が多いですが、話すことによって「相手に受け入れてもらいたい」と感じています。逆に、どうでもいいと思っている女性にはそれほど自分の話はしません。
さらに、男性は本来、恋愛関連の話をするのを好まない場合が多いです。それにも関わらず、男性が恋愛の話を自分にしてきたら脈ありな可能性が高いです。

「脈あり」な男性のSNS

「脈あり」な男性の行動は、SNSのやり取りからも分かります。例えば、自分がSNSに投稿する度に何か反応を示す男性なら、十分に脈アリと判断しても良いでしょう。特に分かりやすいのは、可愛い写真をSNSに投稿した時に必ず反応がある場合です。可愛らしい洋服を着て撮った写真や、水着あるいは浴衣といった普段とは違う服装の写真に対して反応が返ってくるなら、相手が興味を持っている可能性が大きいです。

好意はコメントのスピードにも表れる

また、SNSに投稿した際に頻繁に反応を示すだけではなく、コメントするスピードが早いなら、その分だけ彼が意識しているということ。
特に旅行に出かけた時の写真について、「誰と旅行に行ったのか」と詳しいことまで質問してくる場合は、脈ありと思っても間違いないでしょう。

デート中の「脈あり」サイン

日常会話もさることながら、デートでも「脈あり」な男性のサインを見つけることができます。
例えば、歩くスピードや食事のスピードなど、色々な場面でペースを合わせてくれる男性なら、脈ありと考えて良いでしょう。
基本的に、男性は他人に合わせることがそれほど得意ではありません。しかし、相手が好きな女性なら、男性は努力して女性にペースを合わせてくれます。

帰る時に送ってくれる

また、帰る時に送ってくれる男性は、脈ありの可能性が高いでしょう。
好きな女性を率先して送ろうとする男性は多いもの。男性がデートの帰りに送ってくれるのは、女性を心配する気持ちもありますが、「少しでも長く一緒に過ごしたい」という気持ちがあるからです。

次のデートに誘われる

そして、初デートをしている最中やデート後に、次のデートに誘ってくるのは代表的な脈ありのサイン。
相手のことに好意を抱いていなければ、またデートしたいとは思いません。それに、すぐ次回の約束をしたがるのは、それだけその女性を別な人に渡したくないからです。
次のデートの話をする時に、具体的な日程まで決めようとする場合は、本気で好意を寄せている可能性が高いです。中には、社交辞令で次に会う約束をする人もいますが、その際には具体的な日程はあまり出ません。次回の約束がすぐ決まりそうなら、脈ありの可能性が高いと思って良いでしょう。

「脈ナシ」な男性の行動

逆に「脈ナシ」な男性の行動としては、自分のペースを崩さずに行動することが挙げられます。何とも思っていない女性だと、友達同士で一緒にいる時や一人の場合と同じ感覚で行動しがちです。例えば映画を見に行ったり食事をした時も、用事が済んでしまうとすぐ切り上げようとするでしょう。そして、当然ながら次に会う約束もしません。
本来、男性は好きな女性とはできるだけ長く一緒にいたいものです。そのため、用事が済んだとしてもゆっくりと会話をしたり、別な提案をしようとします。もし、さっさと切り上げたいという仕草が見られた時は、脈ナシな可能性が高いです。

「脈あり」と「脈ナシ」の違い

では、「脈あり」と「脈ナシ」の違いはどう判断すれば良いのでしょうか。男性は、脈ありと脈ナシのサインは、女性と比べて分かりやすいとされています。一般的に、男性は興味を持っていない女性と話をしている時はあまり目を合わせませんが、好きな女性と話をする時は相手の目を見て話す時間が長くなります。ただし、別な女性と話す時はしっかり目を合わせて話すのに、好きな女性とは目を合わせられない恥ずかしがり屋な男性がいることも覚えておきましょう。

脈なしは人に任せがち

また、脈ナシの男性は何事も人任せにしがちです。好きな女性が相手だと、エスコートして女性を楽しませてあげようとしますが、それ以外の女性の場合はつい人任せにしてしまう人が少なくありません。何かを提案しても適当な返事しか返ってこない時は、脈ナシの可能性が高いでしょう。
さらに、以前と比較して男性から話しかけられる機会が増えたと感じるなら、その男性が自分に対して好意を持っている可能性が高いでしょう。男性は女性よりも圧倒的に会話自体が不得意な人が多いので、興味のない女性には殆ど話しかけないことが多いからです。

では、好意を持ってもらうには?

気になる男性に対して、自分に好意を持ってもらうにはちょっとしたサインが必要です。
人間は、好意を抱かれるとその相手を好きになってしまう傾向が高いと言われています。そのため、好意を持っていることを男性にしっかり伝えるようにすることが大切。
もちろん、片思いしている男性に単純に「好き」と伝えるだけではあまり効果がなかったり、逆効果になってしまう可能性も否定できません。

しっかりと目を合わせること

片思い中の彼に気持ちを伝える時にまず大事なことは、どんな話でも相手の目を見てしっかり話を聞くことです。つまり、目線を合わせることは「好き」というサインになります。この方法は、珍しい趣味を持つ男性には効果的。彼の話を真剣に聞いて、「あなたの話をしっかり聞いていますよ」という気持ちが伝われば、彼に「今までこんな子はいなかったな」と感じてもらえるでしょう。