恋人とのデート代はどちらが出す?様々な男女の意見を徹底比較

交際相手ができるとデート代をどちらが負担するのかという問題が出てきますよね。男性がおごるべき、女性も半分出すべき、誘った側が出すべき、など様々な意見があります。
今回はデート代について誰がどのくらい負担するべきなのか、男女の様々な意見をまとめました。人の考えを知って納得できれば、きっと悩みが解決するでしょう。

デート代を全額負担する男性の意見

デートする際に女性は、メイクをしたり、おしゃれのためにかわいいワンピースを買ったり、美容室に行ったりしなければなりません。男性よりもお金がかかるからという理由でデート代は男性が全額負担するべきじゃないか、という意見があります。
男性としては自分のためにそこまで準備をしてくれたわけだから、こちらがデート代くらい全額払いたいと考える人もいます。

女性に財布を出させるのは気が引けるから

また、デートをする際に女性に財布を出させるのは気が引けるから、という意見も。
女性側としては上記のような理由でデート代を全額負担してくれる男性だと、大切にされてると実感して嬉しくなりますよね。彼氏のためにますますきれいになって尽くしたい、なんて思ってしまいます。

デート代を少し多めに払う男性の意見

デート代を全額負担できるならしてあげたいけど、給料が少ないから女性にも負担してほしいという男性もいます。完全に折半だと自分のプライドが許さないから、男性が少し多めに負担したいという考えです。
交際している相手が若い男性だと、給料が少ないのは仕方ないことですよね。女性も好きな男性とたくさんデートをしたいなら、デート代を負担するべきなのかもしれません。

時には工夫も大切

少なくとも完全に折半ではなく男性が少しだけ多めに出すという形なので、お互いに思いやっているカップルというイメージになりますね。
デートをする際にできるだけお金のかからない店を選ぶ、お互いの家で手料理を振る舞う、など工夫をするといいでしょう。

デート代を男女で半分ずつ負担する男性の意見

今の時代は男女平等なのだから、男性であるとか女性であるとか関係なくデート代は半分ずつ負担するべきだという男性も増えました。政府が「すべての女性が輝く社会へ」と推進しているほどですから、女性も納得せざるを得ない部分もありますね。
今後は男性と女性の給料の差も、だんだん無くなってくることでしょう。

「男性が全額負担」は時代遅れ?

そうなるとデート代は男性が全額負担するべきという意見自体、時代遅れなのかもしれません。女性としてはちょっと残念かもしれませんが、これも時代の流れなので受け入れていくしかないでしょう。
デート代を半分ずつ負担するということは、女性側もそこまで頑張っておしゃれしなくて済みますし、少し力を抜いて気軽にデートを楽しむのも悪くないかもしれません。

デート代を全額負担する女性の意見

デート代を全額負担したいと考える女性もいます。交際している相手が自分より若い年下の男性で給料が安いからという意見や、同い年だけど相手より私の方が稼いでいるから私が負担すればいいという男前な意見の女性も。
それ以外の理由だと、男性がデート代を全額負担した見返りとして、肉体関係を迫られるのが嫌だからという理由もあります。

慎重に行動することが大切

男性として好きだから付き合っているけど、まだ深い関係にはなりたくないだとか、結婚するまでは処女でありたい、という女性もいるのでデート代を男性に出してもらうことを拒否しているのです。
デートを重ねると男性からキス以上のことを求められる可能性が高いですから、慎重に行動しましょう。

デート代を男性が少し多めに払う女性の意見

デート代を全部出してもらうのは気が引けるから、少しくらい負担させてほしいと考える女性も増えてきました。男性が少しだけ多めに払ってもらうという形だと、男性もプライドが傷つかなくて済みます。
デートにお金をかけられない分、家で会うようにするなど工夫次第でいくらでも楽しめるはずです。

生まれた時代によって異なる価値観

男性がデート代を全額払わないなんてありえないと考える女性はバブルの世代に多い意見なのかもしれません。
バブルを経験していない世代の女性は、日本は不景気であるというイメージなのでそこまで自分は図々しくなれないと思ってしまうのでしょう。生まれた世代によって意見が変わるので、様々な価値観を知ることができて視野が広がりますね。

デート代を男女で半分ずつ負担する女性の意見

デート代を男性におごってもらうなんて自立していない女性だと思われてしまうから嫌、と感じる女性もいます。そういう女性はデート代は男女で半分ずつ負担するべきだという考えです。
今の時代は男女平等であるため「男性がデート代をすべて負担するべきである」なんて意見は男性差別とされることもあります。

もはや差別的、との声も

男性からすればデートするたびに毎回デート代を出していたら、生活費を削らないといけなかったり負担も大きいですよね。男性だからこうすべき、女性だからこうすべき、なんて意見は差別的なのかもしれません。
これからの時代は、発言に気を付けて慎重に行動した方が良いでしょう。男性を頼りにし過ぎると後で痛い目にあうかもしれません。

相手を思いやる気持ちが大切

男女で様々な意見がありましたが、いずれにしても相手を思いやる気持ちが大切になります。自分がよければそれで良い、なんて考えだと相手に嫌われてふられてしまうのも時間の問題でしょう。
そうならないためには「今日はおごってもらったから、今度は私がおごるね。」と声をかけたり、せめて財布を出すふりだけでもしましょう。

ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
メル友も恋人も探しちゃおう~★
運命のお相手との出会いもきっとある
簡単無料登録