元彼が忘れられない!復縁する方法や会うきっかけを紹介

元彼が忘れられない…

記憶の中からさっぱり綺麗に消えてしまった元彼、思い出したくもない元彼、良い思い出になった元彼といったように元彼にも様々な思いが湧くものですが、中でも「忘れられない元彼」はいつまでも心に残り続けます。
そしてそんな元彼と復縁するために四苦八苦と努力をしている女性もいるかもしれません。一度完全に別れてしまうとそう簡単には元に戻れませんが、復縁して結婚に至った例もあります。そんな復縁を目指す女性のために、元彼と復縁するためのポイントや注意点をいくつかご紹介します。

「どうして別れてしまったのか」を考える

まず復縁するため動く前に大切な事は、「どうして二人は別れてしまったのか」という事をもう一度徹底的に考えてみる事です。価値観の違いだったのか、飽きられてしまったのか、すれ違いが原因だったのか、どの部分が問題だったのかを考えるのです。
そしてその問題を解決するために自分ができる事を洗い出します。自分に非がある場合はそこを改めていく必要がありますし、現実的にそのためにはどれくらいの時間を要するかを考えなくてはいけません。

相手にも考えさせることが必要

そして自分一人の問題では無い場合は、相手にも「付き合うために改善したい」と思わせる必要があります。
この問題を解決しないまま復縁を目指しても上手くはいきませんし、仮に復縁に成功したとしてもまた同じ問題でつまづいてしまいます。好きという気持ちだけではなく、現実的に解決する方法を模索する事が大切です。

「冷却期間」も必要

復縁において何が問題かが分かったら、そのために早速行動を始めます。ですが分かったからといってすぐに元彼に連絡をしてはいけません。
復縁までは「冷却期間」が必要で、すぐに元彼に連絡をしても別れてしまった事を思い出し相手にも悪いイメージを植え付けてしまいます。特に女性がフラれた側の場合は「しつこい」と思われかねません。
一般的に冷却期間は数ヶ月から半年くらいなので、相手との関係性に応じて調整が必要です。目安としては自分の感情が落ち着くまで、また友人を通して相手の様子が分かる場合は探ってみるのも一つの手です。

焦ることは逆効果

この冷却期間中に新しい彼女ができてしまうのでは、と不安になるかもしれませんが、まずは彼の中の自分のイメージを変える事に専念しましょう。
彼との交流を復活させるのは、お互いの気持ちが落ち着いて問題を解決する方法が見つかってからです。そこからまた徐々に関係を深めていき、復縁を持ちかけるのです。

復縁の可能性は?

復縁の可能性はどちらがフラれたかによって変わりますが、復縁しやすいのは自分からフった場合です。
一方的にフラれた場合は相手にも未練が残っている可能性があるので、期待ができます。ですがこちらがフラれた側の場合は相手もあまり良くない印象を持っている可能性が大きいので、それを打ち消すだけの努力が必要です。
別れ際に悪い部分を指摘された場合は、その部分を大きく改善する事で相手のイメージを覆す事ができるかもしれません。

元彼に彼女ができてしまった場合

また自分自身がどんなに頑張っても、相手が復縁に乗ってくれない場合もあります。例えば新しい彼女ができてしまった時です。
そういった時は一方的に追いすがっても相手の印象を悪くしてしまうだけなので、我慢する事が大切です。むしろ「元カノ」としての話しやすさを利用して、今の彼女の愚痴等を聞いてあげる事で懐の深さを見せるほうが効果的です。徐々に以前のように自然と会話ができるようになってきたら、こうした気配りを見せていきましょう。
この他仕事が忙しい時も恋愛まで気が回らず復縁は考えられない可能性があります。この場合も相手に詰め寄らず、仕事や生活のフォロー等をして相手の中の印象を高める事が大切です。「北風と太陽」のように、彼を温める存在に徹底しましょう。

何より大切なのは、自分が変わること

復縁の可能性を上げるために何より大切な事は、別れた時よりも自分自身をレベルアップさせる事です。内面・外面のどちらでも構いませんが、どちらも変わっている方が、相手も新鮮さを感じまた新たな魅力を感じるかもしれません。
レベルアップさせる場合は、相手が直して欲しいと思っている部分を直す事も大切です。見た目だったらダイエットをしたり清潔感を持たせるようにしたり、内面だったら知識やスキルアップを目指したりという点です。
またフラれた側の場合は「もう貴方に未練は無い」という態度を見せる事が重要です。もちろん友好的に接する事は大切ですが、一人でもやっていけるし他にも良い人がいるという事を匂わせる事で相手にも独占欲が湧きやすいです。

彼と会うきっかけ

冷却期間も終えて自分自身もレベルアップしたし、別れた問題への解決法も見つかったら、いよいよ彼との対面です。
ただ職場や学校が同じなら会いやすいものですが、自然に会うきっかけが無い場合は一工夫必要です。

誕生日などのイベントを利用する

まず元彼との関係がメル友程度になっていたのなら、誕生日等のイベントを利用して軽く食事や飲みに誘ってみるのが良いです。また同じものが好きな場合はライブ等のチケットが一枚余ったから、と誘う手もあります。
共通の趣味等を利用して上手くきっかけ作りをしましょう。もしメールをしても返信が無い、もしくはメールをする勇気が無いといった場合は、友達に頼んでみるのも一つの手です。数人での集まりを企画してもらったり、奥の手ですが中継ぎをお願いするのです。ただ後者はあまり人を巻き込みすぎると相手の印象も悪くなるので、慎重に行動しましょう。

彼がいそうな場所にいく

最後にメールもできないし共通の友達もいない、といった場合は彼がいそうなお店やイベントに参加してみるという方法があります。他の二つに比べて会える可能性は少ないですし、やりすぎると付き纏われているように感じさせるので、「会えたら良いな」というくらいの気持ちで試してみるのがお勧めです。

時には諦めることも肝心

ここまで色々とご紹介してきましたが、復縁が叶いそうにない場合は諦めも肝心です。
例えばすでに数年経ってしまっていたり、自分よりも仲の良い彼女ができてしまった場合です。もちろん彼女がいても先ほど述べたように温かい気持ちで迎える方法も有効ですが、自分が耐えられそうもない場合は無理をしてはいけません。
また遠距離恋愛も、どちらかに引っ越せないのであれば復縁は難しいです。お互いが遠距離でも信じ合えるくらい絆が深ければ問題はありませんが、片方が割り切れないのであれば諦めた方が良いです。