ぶりっ子・甘え上手は要注意?女性に嫌われる女性の特徴を解説

学生時代に、同性に嫌われていたのに異性に人気があった女の子がいませんでしたか。今回はどういうタイプの人が女に嫌われる女になるのか、また、どういうタイプが女に嫌われていても男に好かれる女になるのかを見ていきます。
男性にモテたいと感じながらも同性には嫌われたくないと思っている女性は参考にしてみてください。

同性に嫌われる女性の特徴1 態度を変える女性

男性の前と女性の前とでは態度が明らかに違う女を見かけることはありませんか。そういったタイプは同性から嫌われる可能性が非常に高いです。特によくある例として挙げられるのは異性の前では声が1トーン上がるというものです。こういった態度は異性に積極的にアピールしすぎていて逆に気持ち悪いと同性に見られてしまいます。

過剰なアピールは同性との関係に響くかも

また、同性の前では普通の態度を取っているのに異性の前になると途端にかわいいアピールをする女というのも嫌われる代表的な例でしょう。
異性にアピールしたいという気持ちは十分伝わりますが、過剰なアピールは同性との関係を壊してしまう事につながりかねませんので注意してください。

同性に嫌われる女性の特徴2 自分が一番じゃなきゃ嫌な女性

自分が周りの女よりもかわいいと思い込んでいるケースがこれに当たります。何事も自分が一番でなければ気が済まないというのは、向上心があっていいことですが同性を蹴落としてまで一番になると同性に嫌われる原因となります。
ただ自分磨きをするだけであれば構いませんが、卑怯な手を使うのは嫌われる要因となるのでお勧めしません。

見下してしまう女性もNG

同様に自分が一番だと思って他人をいつも見下している女も嫌われてしまいます。なぜか他人を見下しているときの顔は性格の悪さがにじみ出ているのです。そして、気づかないうちに言動が強くなっています。
何かと人を馬鹿にしたり責めたりするのは他人を見下している人間に多い行動です。

同性に嫌われる女性の特徴3 友達よりも彼氏が大事

彼氏ができたら大事にしたいという気持ちは多くの女子が持っているでしょう。しかし、その気持ちが度を過ぎてしまい、同性の友達を後回しにするようになると嫌われる原因となってしまいます。
最初は恋を応援してくれていた女友達が徐々にあなたのことを嫌いになっていくというシチュエーションがありますが、これは彼氏を優先しすぎた結果です。

平気で友達との予定をキャンセルしないように

平気で女友達との約束を急にキャンセルするのはこのタイプの女の典型的な行動の一つです。
彼氏は大切にするべきですが、女友達との関係を絶やさないようにするためにはちゃんと女友達とのコミュニケーションも大切にすることが必要です。恋をしているときほど冷静になりましょう。

同性に嫌われる女性の特徴4ぶりっ子な女性

常に上目遣いで相手のことを見て、甘ったるいしゃべり方で同性をイライラさせるいわゆる「ぶりっ子」と呼ばれるタイプの女ですが、実は多くの男性が好感を持ってしまうタイプでもあります。
普通の会話からオーバーなリアクションを取ったり、無駄に高い声を出して驚いて見せたりと、女性からするとあまり関わり合いを持ちたくないタイプに見えますが、男性からは人気が高いという事を覚えておいてください。

男性の前で態度を変えてしまうのもNG

また、これを応用して男性の前だけぶりっ子を演じる女というのも見られます。このタイプが一番同性に嫌われやすいですが、男性側からすると自分が特別扱いをされているという錯覚に陥ってしまうので、好感度アップにつながります。

同性に嫌われる女性の特徴5 外見が派手な女性

メイクやファッション、言動などが派手な女は同性から嫌われてしまう可能性が高いです。
ナチュラルメイクというものではなく、がっつり化粧をしたり肌の露出度が高い服を好んできたりなどが派手な要素の例として挙げられますが、なぜか男性からの好感度は高いです。好感度が高くなる理由は自分の存在をアピールすることで、男性に一目置かれる存在になっているからというものです。

魅力を履き違えないように注意

しかし、このタイプの女性はただ派手なだけではなく中身がしっかりしていて自立心が強いなどの特徴を兼ね備えていることがあったり、女性のグループに属せず一匹狼のようにふるまったりすることがあるため、そこが男性にとっての魅力となっていることもあります。

同性に嫌われる女性の特徴6 甘え上手な女性

わがままな女も同性からの評価は低いですが男性からの評価は高いです。なぜか男性にたくさん物を買ってもらえる女というのは存在し、そういう女は同性からは嫌われる傾向にあります。
しかし、甘え上手なタイプの女は男性にとって効果的な甘え方というものを身に着けている可能性が高いです。

男性と女性では見え方が違う

つまり、男性に好意を持ってもらうためのテクニックを身に着けているという事ができます。男性からするとただ女性が自分に甘えてきているように見えるので、ついつい要求にこたえてしまいます。
実は男性にはその女性の二面性が見抜けていないのです。同性であれば甘え上手な一面が作られたものであるという事に気づくことができますが、男性からするとありのままの姿というように見えているのです。

自分らしさを磨こう

同性に嫌われることを恐れていては男性に興味を持ってもらう事は難しいですし、男性に興味を持ってもらいたい一心で行動すると今度は同性に嫌われてしまうかもしれません。どちらにも好感を持ってもらうためには、テクニックを磨くのではなく自分らしさを磨くことがおすすめです。ありのままの自分を見せることが人間関係を円滑にするために最も重要です。