生理前、つらく感じたら生理の痛みを抑えるコツ

そもそも生理の周期は?

健康な女性の場合、生理は約1ヶ月に1回発生します。女性の身体では2種類の女性ホルモンが分泌されており、その作用によって赤ちゃんの育つ場所となる子宮内膜が厚く成長していきます。
また、月に1回だけ卵巣から成熟した卵子が放出されるのですが、精子と受精しなければ妊娠が成立することはありません。妊娠しなければ厚くなった子宮内膜は不要な存在となるので、体外へ排出してまた一から作り直す必要があります。
この時に起きる現象が生理であり、体外へ排出される子宮内膜が経血の主な正体なのです。このようなメカニズムで生理は発生しているのですが、ホルモンバランスの乱れが起きると正しく生理が発生せず、生理不順に陥ることもあります。

生理の痛みは何が原因?

生理の際には強い痛みを感じることがあるのですが、これは子宮内膜が剥がれる際に血管や組織を傷つけてしまうことが主な原因です。
また、子宮内膜をスムーズに排出するには子宮を収縮させる必要があるのですが、その動きが強すぎると痛みも一層強くなってしまいます。

子宮の収縮を促しているホルモン

子宮の収縮を促しているのはプロスタグランジンというホルモンの一種であり、女性なら誰もが分泌しているものです。このプロスタグランジンの分泌量が多いと余計に痛みを感じやすくなったり、頭痛や腰痛など子宮以外の場所にも痛みが表れる原因になります。
さらに生理中はホルモンの影響で血行が悪くなりがちなので、子宮周辺の筋肉が緊張して凝った状態になり、痛みを感じてしまうこともあります。

詳しく知ろう!生理痛のこと

生理痛がどのように表れるかは人それぞれなのですが、一般的には子宮のある下腹部を中心に鈍い痛みを伴います。我慢できないほどではないものの、動くのが億劫で気分が下がるという人が多いです。

生理痛の諸症状

また、一見子宮とは関係なさそうな場所でも症状が現れることもあります。代表的なのは吐き気や腰痛、腹痛に頭痛といった症状で、いずれも生理が原因で起きる生理痛の一種です。下腹部痛はそれほどでもないのに頭痛が酷いという場合でも、生理痛の可能性があるので注意が必要です。
また、人によってはベッドから起き上がれないほどの激しい痛みを感じることもあります。ここまで強い症状の場合、単なる生理痛ではなく他の子宮の病気が影響しているケースもあるので、早めに病院で診察してもらった方が良いでしょう。

どうしても我慢できない場合

どうしても我慢できないほど生理痛が辛い場合は、できるだけ早くケアを行わなければなりません。
女性なら誰でも生理があるのだから我慢して当然と思う人も多いでしょうが、生理痛の症状や重さは個人差が大きいので、誰もが我慢して当然ではありません。辛いなら我慢せず、積極的に生理痛を抑える方法を試してみましょう。
具体的には、薬の使用やストレッチなどが挙げられます。どちらも難しい方法ではなく、早くケアすればするほど痛みを緩和することができるので、生理痛を感じたらすぐに実践してみてください。

生理痛を緩和する方法:1. 薬

生理痛を緩和する方法として最もポピュラーなのが、薬を服用することです。
薬といっても特別なものではなく、一般的に市販されている解熱鎮痛薬でも十分に効果が得られます。ただ、体質や症状に合わせて適切な有効成分は変わるため、できれば一度は医師の診察を受けて鎮痛薬を処方してもらった方が安心です。
市販薬は安全性の高い薬ではありますが、配合されている成分に応じて効き目も微妙に異なりますし、副作用のリスクも少なからずあるので注意が必要です。特にアレルギー体質だったり他に常用している薬がある場合は、安易に市販薬を使わない方が良いでしょう。

生理痛を緩和する方法:2. ストレッチ

生理痛は血行不良による筋肉の緊張で悪化することも多いので、ストレッチも効果的な緩和方法となります。
子宮や下半身の筋肉をほぐすと痛みを和らげることができるので、意識して行いましょう。例えば足の裏どうしを合わせて胡坐をかき、できるだけ両足を広げて前屈するというストレッチをやってみてください。こうすることで骨盤のゆがみを整え、筋肉を伸ばしてリラックスさせることができます。
ストレッチを行う際は、筋肉を余計に傷めないようにできるだけ時間をかけ、ゆっくり行うことが大切です。また、呼吸を止めると逆に筋肉が緊張してしまうので、前屈が辛くてもしっかり呼吸を続けることを意識しましょう。

生理痛を緩和する方法:3. 適度な運動による血行促進

薬やストレッチ以外にも、生理痛を和らげる方法はあります。
血行が悪化すると痛みが強くなるため、半身浴をしたり適度な運動を行うなどして血行促進を目指すと良いでしょう。
膝の内側の中心付近には「血海」、おへその少し下には「気海」という血行促進効果のあるツボもあるので、暇があれば意識してツボ押ししてみてください。

生理痛を緩和する方法:4. 心と体をリラックスさせる

また、痛みを感じにくくするには身体と心をリラックスさせることも大切です。
ストレスが溜まって緊張状態に陥ると、自律神経が乱れて血行が悪化したり気分が落ち込み、余計に生理痛を感じてしまいます。
アロマを炊いたり好きな音楽をかける、のんびり昼寝をするなど、リラックスできる環境を作るようにしましょう。

ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
メル友も恋人も探しちゃおう~★
運命のお相手との出会いもきっとある
簡単無料登録