外国人と出会いたい!安全な外国人との出会い方

外国人と関わりを持ちたいと思っていても、海外に行くのは簡単なことではありませんよね。海外に行くのは難しいと考えている方にオススメなのが国内で外国人と出会うことです。
しかし、国内で外国人と出会うには、その方法を知っておく必要があります。そこで今回は国内で安全に外国人と出会う方法や、その出会い方でのメリットとデメリットを紹介していきます。

日本に入国した外国人と在留している外国人の人口

法務省の入国管理局が作成した統計データによると、2017年の外国人の入国者数は約2743万人で、在留の外国人が約257万人という結果になっています。
同年でのアメリカの在留外国人数が約5万5000人、韓国の在留外国人数が約45万人、中国の在留外国人数が約73万人というデータが出ています。

日本は比較的外国人が多い

この比較から考えれば、日本に在留している外国人の数は他国よりも多い傾向にあることが分かります。この結果は他の国に住んでいる人よりも、日本に住んでいる人の方が外国人と出会えるチャンスが多いとも言えるでしょう。
日本に在留している人の国籍は様々です。自分が好きな国から来た外国人と出会える機会もあるかもしれません。

スポーツ好きな外国人と出会いたいなら!

スポーツ好きな外国人と出会いたい人はスポーツバーに行くのがオススメです。スポーツバーであれば、スポーツ観戦が好きな外国人が飲みに来ている可能性が高いでしょう。
スポーツ観戦とお酒の酔いが初対面の外国人に話しかける勇気をくれるというメリットもあります。自分もスポーツが好きなのであれば、共通の話題ができるので、距離が近くなる確率も高いです。相手もお酒が入っているので、フレンドリーに話しかけてくれる人も多いのが、スポーツバーの特徴でしょう。

スポーツバーの出会いのデメリット

デメリットとしては性的な目的で話しかけてくる人もいることです。自分は真剣な出会いを求めていても、相手が真面目な対応をしてくれるとは限りません。
性的な目的を持って話しかけてくる人は求めていないという人は、早めに会話を切り上げるのが賢明です。お酒を飲むと冷静な判断ができないケースも考えられるため、安全に出会うために適度な量の飲酒を心掛けましょう。

出会い系サイトでの交流も良い方法

いきなり外国人に話しかけるのはハードルが高いと感じている人は、出会い系サイトを利用するのも1つの方法です。
出会い系サイトであれば、メッセージでやり取りできるので、ゆっくり会話ができるというメリットがあります。

家にいながら出会える方法

外国語で話すのが得意ではない人でも、辞書や翻訳アプリを使いながら、メッセージのやり取りができるでしょう。スマートフォンがあれば、外国人と出会えるので、外を出歩く必要がないというメリットもあります。

興味のない人からもメッセージが来ることがデメリット

出会い系サイトのデメリットは興味のない人からのメッセージもあることです。興味のない人からのメッセージは無視して、自分が気になっている人にメッセージを送るのが出会う確率を上げるコツでしょう。
実際に会って話すわけではないため、安全性は高いとは言えません。会話の中で相手の素性を探ることで、少しは安全性を高められるかもしれません。

ジムで汗を流しながら外国人と会話しよう!

外国人は日常的に運動を行うことが多く、ダイエットや健康状態の維持を目的にジムを利用している人も多い傾向にあります。そのため頻繁にジムに通っていれば、外国人と出会えるチャンスも増えるでしょう。

ジムに行くことのメリット

ジムに行くことのメリットは、引き締まった体の外国人に出会える可能性が高いことです。日頃から体を鍛えている人が多いので、良い筋肉を持った人と出会えるかもしれません。真面目に体を鍛えている人が多いので、安全に外国人と出会える可能性が高いでしょう。

ジムに行くことのデメリット

デメリットとしては話しかけるタイミングを考える必要があることです。
ジムに通っている人は基本的に体を鍛えることを目的に訪れています。そのためハードな運動をしているタイミングでは話しかけられないパターンもあるでしょう。休憩中や軽度な運動を行っているタイミングで話しかけることが重要です。

外国人が入居できるシェアハウスに住む!

外国人が入居できるシェアハウスに自分が住むというのも外国人と出会える方法です。シェアハウスであれば、日常的に外国人と接することになるため、良い関係を築きやすいというメリットがあります。
シェアハウスでは共同作業を行うケースも多いので、関係が深まり、友達から恋人へと発展するパターンも考えられます。

異文化間でのトラブルがデメリット

デメリットとしては異文化間でのトラブルが考えられることです。それぞれ国籍の違う人が共同生活を行うため、それぞれが母国でのルールに沿った行動を行うことになります。
そのため日本では常識外れとされているような行動を行う人もいるでしょう。そのような文化の違いが原因で喧嘩が起きてしまうケースもあります。シェアハウスで安全に外国人と出会うには、事前に他国の文化を学んでおくのが良いでしょう。

日本語を教えるボランティアも効果的

外国人の人口が多い地域では日本語を教えるボランティア活動が行われています。このボランティアに参加することで外国人と出会えます。
日本語を覚えたいという意欲を持って、ボランティアに参加している人が多いため、日本人に危害を加えようと考えている人は少ないでしょう。そのため他の出会い方よりも安全性が高いと言えます。

コミュニケーションを取りやすいというメリット

日本語を教える側と日本語を覚える側という立場の違いはありますが、互いに目指しているところは同じなので、コミュニケーションを取りやすいというメリットがあります。
日本語を教えるという名目があることで、積極的にコミュニケーションを取れるというのも良い点です。

活動の縛りがあることがデメリット

デメリットとしてはルールが厳しいケースがあることでしょう。ボランティア活動なので、恋愛への発展を禁止しているところもあります。そのため関係を深めにくいという特徴があります。

自分で安全性を高めながら積極的に行動しよう

外国人と安全に出会いたいのであれば、自分で安全性を高めることが重要です。例えば冷静な判断ができなくなるほど、お酒を飲まないようにするという対策や、相手をじっくり観察するという対策が有効な手段と言えます。
また外国人と出会うことを望んでいるのであれば、積極的に行動することも大切です。待っていても相手が話しかけてくれるとは限りません。自分から話しかけることで外国人と出会える可能性は高くなります。