ネトナンってどういう意味?幸せな恋愛なるのか。どこで行われるのかを解説

いつも使っているSNSで、男性から突然「今度会おうよ」などと声をかけられたことはありませんか?これはインターネット上で行われるナンパ、略してネトナンと言います。
嫌だなと思う人もいることでしょうが、「誰かと素敵な恋がしたい」と思っている人は、声をかけられて嬉しくなってしまうかもしれません。しかし、中には残念な結果になってしまうケースも見られるため、ネトナンについて理解しておきましょう。

ネトナンとはネットで行うナンパのこと!

ネトナンとは「ネットナンパ」の略称のことで、SNSやサイトを通じてインターネット上で行われるナンパ行為のことを言います。こう聞くと「そんなところでナンパができるの?」と驚いた人がいるかもしれません。
なぜならば、インターネット上では、公開している情報や顔写真を偽ることが簡単にできてしまうので、「実際は男だけど、女の子のふりをしている」という人も珍しくないからです。

実際にネトナンをする人は少ない

しかし、実際ネトナンを楽しむ人は少なくなく、全くその気がないのに、声をかけられた経験のある人も多いと言われています。
ちなみに、昔ながらの「路上で行われるナンパ」のことは、「ストナン(ストリートで行われるナンパ)」と呼んで、ストナン、ネトナンと区別をつける人もいます。両方のナンパを楽しんでいる人もいれば、片方のみに専念している人もいるなど様々です。

ネトナンが行われる場所は、専用サイトから一般のSNSまで幅広い!

ネット上でナンパをすることをネトナンと呼び、具体的な場所は限定されません。実際にナンパ行為が行われている場所は、大きくわけて二つです。
一つは「出会い系サイト」などと呼ばれる、人と人が出会うことを目的に交流する専用サイトで、もう一つは「特に用途が限定されていない一般のサイトやSNS」です。

出会い系サイトでの出会い

前者は、そもそも登録している全員が、誰かと出会ったり遊んだりしたいという目的を持っている場所なので、ネトナン行為が行われても不思議なことではありません。

一般のサイトやSNSでの出会い

一方、後者の場合は、プロフィールやアイコン写真、日々の投稿内容などから「好みのタイプであるか」を確認し、声をかけるケースが多く見られます。
ストナンと同様に「ナンパをされたくないと思っている人」が声をかけられる可能性もあるので、もしもネトナンに抵抗があるようならば、不用意に性別などを公開しない方が安心できるかもしれません。

ネトナンをする男性はどんな人なの?

もしも「あの男性はナンパが得意なんだって」という評価を聞いたら、「随分と女性に慣れている人だな」と感じる人は珍しくないでしょう。
一方、「あの男性はネトナンが得意なんだって」と言われたら、「顔を見ないでナンパするなんて」とネガティブに捉えてしまうことがあるかもしれません。

相手の顔が見えない点はデメリット

しかし、このような考え方は適切であるとは言えません。ネトナンは顔が見えない分、「そもそも相手が本当に女性か?」というところから疑ってかかる必要があります。
ネトナンをする男性を困らせてやろうと、性別や年齢を偽っている人などもいて、実はナンパの難度は極めて高いのです。

実際に会うと、驚くほど明るい可能性も

更に、実際に会っても良いと相手に思わせるだけのトーク力を始めとする魅力がなければ、声をかけても失敗に終わってしまいます。更に、ネトナンは時間や場所に囚われず進められるので、驚くほど明るくて人当たりの良い男性がやっていることもあるのです。

ネトナンで幸せな恋愛に発展するの?男性側の目的は?

ネトナンをする男性の中には、純粋な恋愛関係を築くことではなく、一夜限りの性行為だけを目的としていることがあるので注意が必要です。特にインターネットだけの繋がりの場合、そのアカウントなどを廃棄してしまうだけで、相手との連絡手段を断つことができます。
このため、後になって揉め事に発展しても、簡単に逃げられてしまうかもしれません。こういった男性の特徴としては、食事などの機会を作らず、直接お互いの家やホテルなどで会おうとする傾向があります。

「ネトナンをすること」を趣味としている男性も

また、「ネトナンをすること」を趣味としている男性もいます。
こういった人は、SNSなどで「ネトナン歴10年」や「ネトナン成功回数1000回」といった情報を開示して、いかにうまくナンパするかを誇っていることも多いので、声をかけてきた相手の情報はチェックしましょう。

実際にネトナンにあった女性のお話

実際にネトナンにあった女性の中には、結婚まで辿りついたという人もいます。インターネット上のオンラインゲームで楽しんでいたAさんは、同じゲームプレイヤーからチャットで盛り上がったことがきっかけで声をかけられて、実際に会って遊ぶようになりました。
ゲーム以外の趣味や考え方も共感できたことから、とんとん拍子で話が進んだと言います。相手の男性はナンパしたいという軽い気持ちで声をかけたそうですが、会ってからは真剣にお付き合いを考えたということで、トラブルにも発展することもありませんでした。

大きなトラブルになって傷ついた例

一方、大きなトラブルになって傷ついた例も見られます。出会いを求めて専用サイトに会員登録をしたBさんは、自分の情報を偽りなく登録していましたが、相手の方は年齢や経歴を詐称していました。
真剣な交際の話になった時は、「そんなつもりはない」と断られ、大変傷ついたそうです。相手がすぐに家に行きたがる時点で怪しめばよかった、とBさんは振り返っています。

ネトナンで本気の恋愛は難しい?知っておきたいポイントは

幸せになるケースもありますが、やはり本気の恋愛にはなりずらいのがネトナンの特徴です。これは、相手が恋愛未満の体だけの関係を目的としていたり、対面では話や性格が合わなかったりしても、事前に判断するのが困難で、成功率が低いせいであると言えます。
先の体験談のように、経歴や外見の詐称なども多くあるので、「本気で恋がしたい!」と一生懸命な女性が傷つく結果になることも珍しくありません。

トラブルを回避する方法

こういったトラブルを回避するならば、例えば「趣味が同じだから、声をかけてみたい」や「まずは友達になってみたい」と思ったのであれば、最初は人目のある屋外や店舗で交流する方が良いでしょう。
相手が「うちに見せたいものがある」といっても断る、あるいは一人ではいかないといった対策も有効です。

ネトナンにあった時は冷静に

自分がネトナンにあった時、初めてのことで驚いてしまうかもしれません。歓迎できないタイプの男性かもしれないので、まずは注意して、迂闊に承諾するような返事はしない方が安心です。
ただ、ネトナンも、ストナンや実際の恋愛と同じように、良き恋愛に発展する可能性が無いとは言えません。本気の恋愛ができそうな相手かどうか、顔が見えない分慎重に見極めていくと良いでしょう。