男性が騙される魔性の女とは!?彼女たちが使うテクニックの一部を紹介

みなさんの周りにも、特別美人という訳ではなくても妙にモテるという女性はいませんか。彼女たちはいわゆる魔性の女。なぜモテるのか分からないと疑問に思っている方々も、魔性の女たちが実践しているテクニックを知ればきっと納得することでしょう。
今回はそんな魔性の女たちに共通する特徴や恋愛のテクニックについて、詳しく見ていきます。

ここから違う!出会いの場で抱かせる印象

魔性の女は共通して笑顔が印象的。これはモテる女性の代名詞とも言えますよね。初対面の人にも臆することなく笑顔で自然に話しかける姿は、男女問わず愛される鉄板の姿勢。
ただしそれだけで終わらないのが魔性の女です。異性として興味を持った男性には、さらに話しかける回数が増えるだけでなく、視線は基本意中の相手。

ボディタッチも自然に

ボディタッチも自然に行います。普段からそのような行動に慣れていない人にとっては、絶対に無理!と思ってしまうような積極的な態度ですが、魔性の女たちはこれが自然に体に染みついているのです。
頭で考えるより前に直感的に身体が動きます。これは小さな子供や小動物を前にした際に、なんとなく無意識に頭をなでてあげる動作に似ているのではないでしょうか。照れよりも先に身体が動くほど、染み込ませる鍛練が必要そうですね。

魔性の女は気まぐれ&甘え上手

一見すると相反するような気まぐれと甘えん坊という2つの態度。魔性の女達はこれを巧みに使い分けます。
例えばLINEの返事は気まぐれだったり、興味のない話題には「ごめんよく聞いていなかった!」などと悪びれずに笑顔で謝ったりと、男性からすると脈ナシかな?と思わせるような態度を取ったかと思えば、二人きりの時は思いっきり甘えてきたり、お願い上手だったりします。

LINEの間隔を空けるテクニックも

猫のようなツンデレに男性たちは思わず翻弄されてしまうのです。中にはすぐにLINEの返事を返したくても、グッとこらえてあえて合間をあけて返信するといった高度なテクニックも。
恋愛に夢中になりがちな女性は、最初は意図的に気まぐれな行動を試してみてもいいかもしれません。

一緒にいて楽しい!ポジティブな思考回路

魔性の女には実は2タイプあり、男性にモテる一方で女性にはウケが悪いタイプと、男女問わず愛されるタイプが存在します。その違いは一緒にいる相手を楽しませたいという意識が、男性のみに向いているか女性にも平等に向いているかという点にあります。

男性にのみモテるタイプ

男性にのみモテるタイプは、男性を楽しませることだけに特化しており、それは時に誘惑のような男性にしか効かない攻撃を含んでいます。

男女共にモテるタイプ

一方で、男女共にモテるタイプはあまりセクシー戦法は使わず、一緒にいて楽しいと思わせる行動を心がけます。それは場を盛り上げる話術であったり、相手を喜ばせるサプライズや小さなギフトであったり、様々です。
せっかく目指すなら男女共に愛される魔性女になりたいですよね。相手を楽しませるにはまずは自分が楽しむことが大切。ポジティブな人の周りには自然と人が集まります。ついマイナス思考になってしまう方は、ぜひ自分が楽しくなる考え方を心がけてみて下さいね。

自立していて、男性の言いなりにはならない

魔性の女は良い女。良い女は男性に依存せず、言いなりになるようなことはしません。
一人でも楽しく時間を過ごし、キラキラ輝いているのです。その姿はたとえ彼氏の座についた男性であっても、自分の彼女が他の男性から狙われてしまうのではないかと不安になってしまいます。

追われるより追いたい心理

男性は本能的に狩りをしたい生き物。自分から離れる心配のない依存タイプの女性よりも、フワフワと蝶のように舞っていってしまいそうな女性に心を奪われるものです。
恋愛中はつい彼に依存してしまいがちですが、束縛などせず、束縛されることも嫌うような自立した女性を目指しましょう。自分一人の時間を大切にして、しっかりと一人でも楽しめるようになれば、自然と自立した良い女になれるはずです。

女子会はほどほどに

女性同士で過ごす時間は気楽で楽しいものですよね。しかし、そこでいくら現状を愚痴ったり出会いのなさを嘆いていても、状況は変わりません。魔性の女は女友達との時間もうまく恋愛へ利用します。
例えば、自分に良い刺激を与えてくれる美意識の高い友人と絡み、パーティーやイベントなど男性と出会えるような場所へ積極的に繰り出します。

より自信を保てるように

多くの男性に出会い、品定めされることで自身の価値を高め、より自信を保つようになります。共に繰り出す友人は戦友でありながらライバルとなりますが、そこには決して女同士のドロドロはなく、サバサバと合コンを楽しむ男性同士のような付き合いがあります。

ある意味で男性的

魔性の女は同性との付き合い方も、ある意味で男性的と言えるでしょう。魔性の女を目指すなら、タラレバを言い続けるような女子会はほどほどにしておいた方が良さそうです。

常にハンターの意識を持っている

魔性の女は自分に自信があり、男性からちやほやされることが大好き。それは1人よりも2人、2人よりも3人とより多くの男性からの視線やアプローチがあるほど満たされる欲求なのです。彼女たちは一人に絞ることなく常にアンテナを張り、男性から愛される機会を伺っています。

男性からの指名が欲しい

二股や浮気願望が強いということではなく、ただ男性たちからの指名が欲しいだけなのです。なので本命がいても、罪悪感なく他の男性とデートし手のひらで器用に転がします。
このような行動が、彼女たちのモテのテクニックに更なる磨きをかけているのかもしれませんね。ここまでくるとさすがに高度な魔性の女テクニックですが、一人の男性に溺れずに手玉にとるには、複数の男性に意識を分散させることは大切なのかもしれません。

魔性の女は演じることができる?

一見、魔性の女のテクニックは男性にモテたい男好きの女性たちが使う手法のようで、実は男女問わず人から愛されるテクニックといっても良いのではないでしょうか。
合コンや出会いの場だけでなく、学校や会社など多くの人と関わる場でも実践すれば愛される人間になれる気がしますよね。せっかくなら魔性の女といわず、魔性の人たらしを目指してみるのもいいかもしれません。