犬系女子の特徴10個!猫系女子との違いも紹介

人の性格から動物に例えられることがありますが、その中でも多くの男性たちから人気を集めているのが犬系女子と猫系女子です。男性にモテたいと思うのであれば、この2つを意識して日ごろの振舞いを考えていくことも大切なのですが、実際に2つには一体どんな違いがあるのでしょうか?
犬系女子の特徴を詳しく見ていきながら、猫系女子との違いも明確にしていきましょう。

犬系女子と猫系女子ってどう違うの?

犬系女子と猫系女子は、どちらも男性から人気があります。好きになった人に対して一途で、甘えん坊なので思わず守ってあげたいと思う男性もいるでしょう。同じような特徴もいくつかあるのですが、確かな違いもあります。

特徴1 素直に伝える犬系女子

まずは素直に言葉にできるかどうかです。基本的に自分の感情を言葉にすることに抵抗がない犬系女子に対し、猫系女子は言葉での表現がうまくできません。そのため思わず意地を張ってしまうというようなこともあります。

特徴2 積極的な犬系女子

次に積極性ですが、犬系女子は会いたいと思えば自分から会いに行ったり、メールもしたいと思えば自分から送ったりします。しかし猫系女子は相手の出方をうかがうところがあるので、少し様子を見てから行動をします。

特徴3 気持ちは逸れず、彼氏一筋

犬は飼い主に対して忠実で、自分が認めた飼い主に対しては一途に愛情を注ぎます。犬系女子はそんな犬の性格そのままの特徴を持っており、好きになった男性に対して一途に思い続けます。
犬が飼い主よりも他の人間に懐くということはあまりありませんよね?それと同じように、犬系女子は他に好意を寄せてくる男性がいたとしても、気持ちがそれてしまうようなことはほとんどありません。男性が大切に思ってくれれば、その分以上の愛情を返してくれるのが犬系女子の魅力なのです。

特徴4 忠実である

また忠実なところもあり、男性からの連絡をひたすら待っていたり、会うときにはご飯を準備して待ってくれたりなど、どうすれば男性が喜んでくれるかを考えて行動できる力があります。

特徴5 何より素直

犬系女子は比較的単純な性格の人が多いので、褒められれば喜びますし、寂しければ悲しみます。理由もなくそのときの気分によって対応が変わるというようなことがあまりないので、気分屋さんではない分男性としては接しやすいでしょう。
この素直さが可愛いと男性たちから人気があるのですが、悪い言い方をすると騙しやすいとも言えます。

特徴6 相手に流されてしまう一面も

男性の都合に合わせて何でも応えてくれるので、中には都合のいい女になってしまっている人もいます。ただの都合のいい女にならないようにするためにも、犬系女子だと言われている人は、自分が一方的に愛情を注ぐような恋愛をしていないかを考えてみることが大切です。

特徴7 1人の時間に苦痛を感じる寂しがり屋

犬は群れをなす動物なので、基本的に単独行動が得意ではありません。恋愛においても同じで、どんなに相手が忙しいからと言っても、長い間ほったらかしにされるのはつらいのです。
相手からの連絡を待っている間に気が変わり、他の恋愛に目を向けるというようなことがない一途さはありますが、その分悲しくてつらい思いをさせていることに変わりはありません。付き合っている間はそれぞれの時間を持つことも大切ですが、ほったらかしにしすぎないよう注意が必要です。
また寂しがり屋なので、例え一緒にいたとしても放置されることを嫌います。一緒にいるときはしっかり構ってあげること、そして犬系女子本人も構ってもらえるように工夫をすることが大切です。

特徴8 アクティブな活動を好む

まるで庭先を走り回る犬のように、犬系女子も元気がある人が多いのが特徴です。基本的にアクティブなので、お家デートよりも外にデートに行くことを好みます。その明るさが可愛いという男性も多いでしょう。

特徴9 人見知りが少なく社交的

また人見知りが少なく社交的です。そのため初めて会った人でも気兼ねなく話せますし、友達もたくさんいます。交際中であれば、男性は自分の友達や家族に彼女を紹介するという場面もあるでしょう。そんなときにきちんと挨拶をし、コミュニケーションがとれるか不安になってしまう人もいます。
しかし犬系女子であればその点は心配いりません。しっかりと相手とコミュニケーションをとり、失礼のないような対応もできるでしょう。

特徴10 とことん相手に尽くす

一途で忠実な特徴のある犬系女子は、とことん好きな男性に尽くしてしまう傾向にあります。男性のことを中心に考え、デートではどんなところに行こうか積極的にプランをねったり、ご飯を作ってあげるときにも男性の好きなものを中心に作ろうとします。常に何をしたら喜んでくれるかを考えて行動するので、無意識のうちに尽くす女になっているのです。

尽くす分嫉妬もしてしまう

ただ、相手に尽くすあまり独占欲も強くなり、ちょっとしたことで嫉妬してしまう傾向もあります。自分に会うよりも友達に会うのを優先されたり、他の女性と話しているだけで腹を立てるということも珍しくはありません。
ちょっとした嫉妬は可愛らしいと思われるのですが、度が過ぎるとただの束縛になってしまうので、犬系女子は注意が必要です。

まとめ:犬そのままと思えばわかりやすい犬系女子

男性にモテる犬系女子に憧れる人もたくさんいるでしょう。しかし具体的にどんな人を指すか分からないと思ったときには、そのまま犬をイメージすれば分かりやすくなります。
犬系女子というのは様々な特徴がありますが、一言でいえば犬そのものです。甘え上手で素直、認めた相手に対しては忠実というのが大きな特徴です。つまり自分の気持ちにも相手の気持ちにも素直に対応できるというのが、犬系女子が人気の秘密なのです。