近年急増!結婚しない男の特徴と理由

愛する彼氏と大恋愛からのゴールインを夢見る女性に対し、敢えて結婚しない男性が急増中です。なにより「イイ男」がこちら側のライフスタイルを選択する傾向に拍車がかかるとなれば、これは無視できません。
ここではこうした男性に見られる特徴と、なぜ結婚を回避したがるのか、その理由を探ってみたいと思います。意中の男性に自分との結婚を視野に入れてもらうためにも、ぜひ押さえておいていただきたい内容をお届けします。

お嫁さんが必要と感じていない男性の特徴

一昔前のように「ある年齢を迎えるまでには結婚できないと恥ずかしい」といった価値観も影を潜め、男女を問わず各々のライフスタイルは、自由な選択が可能な環境となっています。単純に仕事や趣味、あるいは人生を賭けた夢に対し、がむしゃらに生きる男性にとっては、結婚と同時に背負うことになる「家庭」の存在が、重荷と感じられるのでしょう。

十分な生活力のある男性

次に学生時代から一人暮らしで、炊事洗濯など家事を一通りこなせるとなれば、単純にお嫁さんの必要性を感じなくなってしまう、そんな男性も少なくありません。いわゆる転勤族となり、実社会に出てからこうした価値観を身につける男性も多く、必要に迫られれば自身のスキルを確実に向上できる、前向きで優れた男性だと言えるのも、このタイプです。

結婚したくてもできない男性のジレンマ

周囲の目や世間一般を自分勝手に気にするあまり、結婚に対して腰が引けてしまっている男性もまた、潜在的に少なくありません。結婚して自身が家長となることに対し、過剰に高いハードルを勝手に据えてしまい、自信が持てなくなる、根が真面目過ぎる、考え過ぎる優等生タイプに、この傾向が多くみられます。
「せめてこのくらいの年収がなければ、お嫁さんをもらってはならない」「結婚したら持ち家とマイカーを購入し、子どもはふたり以上いなければならない」など、独自の結婚に対する価値基準が譲れない男性です。

両親の仕事・介護などの原因の一つ

その他両親の介護など、家庭内の事情から、自身が独立して新たな家庭を構えられない状況が続き、年齢を重ねてしまう男性の潜在的な増加もまた、見過ごせない現実です。

過去の記憶と経験がネックとなるケース

若い時期に彼女と一緒に暮らし、いろいろと嫌な記憶を引き摺っている、あるいは若い時期の結婚生活が上手く行かなかったなど、いずれも結婚が億劫となる理由として見過ごせません。いわゆる女性恐怖症とは違いますが、自身のプライベートゾーンに、常に女性が存在する環境を、心地良いとしないタイプです。

恋愛自体に抵抗がない場合もしばしば

ただし恋愛自体に抵抗はありませんし、半同棲のように適度な距離感で、実質的な共同生活を営むことにも抵抗はありません。一番くつろげる自宅に、常に配偶者が待っている環境に対し、抵抗感もしくは嫌悪感が拭い切れないタイプです。
過剰に結婚の二文字をツラつかせてしまうと、相手が一気に距離を置いてしまい、いわゆる一般的な結婚相手としては、攻略が難しい男性と言えるでしょう。

生い立ちと結婚願望は関係がある?

子ども時代に両親の折り合いが悪く、辛く寂しい記憶を残す男性には、潜在的な結婚願望が強いと言われています。当時自身が満たされなかった思いを、妻と我が子に自らが伝えたい、施してあげたいと願う、一種の男性本能が影響していると推察されます。
自身がお金で苦労したのであれば、マイホームを構え、我が子に十分な教育を施してあげたいと考えるタイプです。

ワンマン亭主になってしまうリスクも…

ですが自身が施された経験を持っていないため、その「やり方」に戸惑ってしまい、無意識のうちに家族に絶対服従を強いてしまう、ワンマン亭主となってしまうリスクが懸念されます。奥様となる女性には、旦那となる男性も含めて、育んであげる度量が求められます。

世間に疑いなく右へ倣えに安心感を覚えるタイプ

「みんながそう言っているから」「世間がこうだから」と、自分よりも周囲との歩調を優先するタイプは、この国の男性の多数派と言えるでしょう。こうした価値観の男性の多くは、結婚すべき年齢に自らハードルを据え、その時期が近づくと「結婚しなければならない」という焦りを覚える傾向が共通しています。
決して道を踏み外すことなく、指示され与えられた範疇内を、臆病と映るほど堅実に歩むタイプですので、平凡な家庭生活を望む女性からすれば、いわゆる「良い家庭」を築くうえで、適した男性のタイプでしょう。

二人にとってちょうどいいバランスを

自ら最初の一歩が踏み出せない、最終決定を下せない、優柔不断な一面が見られるため、奥様となる女性主導でガンガン引っ張り、周囲からは恐妻家と映るバランスが、ふたりにとって丁度良い感じでしょう。経済面、愛情面双方に、平均よりもやや恵まれた生い立ちの男性に、意外と多く見受けられます。

それなりの地位を築いた家族思いの男性

若い頃にヤンチャしていた、あるいは仕事で全国各地から世界各国を飛び回り、実社会においてはそれなりの地位を築くも、結婚が視野に入らなかった男性です。高齢の両親に孫の顔を見せてあげたい、自分が面倒を見てあげたいなど、ようやく自身の生活が一段落した時点で、結婚を含めた家族に視野が向き始めたタイプです。

しっかりと親族への思いやりを持ってもらえるか

一般的には理想的な結婚相手と映りますが、自分自身の家族親族への思い入れが強い分だけ、奥様となる女性側の家族親族にも、同様に愛情を持って接してもらえるかどうか、この見極めが重要です。
男女を問わぬ広い交友関係に対し、意外と結婚を視野に入れた恋愛経験が少ない男性も少なくない、結婚相手候補としては見過ごせないタイプでしょう。

女性から結婚の魅力を伝えよう

さまざまな理由で結婚しない人生を選択し、現在を歩む男性が増加する一方、潜在的な結婚願望を抱きながらも、さまざまな事情で踏み出せない男性もまた、少なくありません。大切なのは結婚したい男性に対し、結婚の魅力、そして自分一緒にこれからの人生を歩むメリットを、自信を持ってしっかりと伝える、女性側の努力です。そのためにも相手の立場や事情を、まずはしっかりと理解する姿勢が望まれます。