「好き避け」とは?好き避けする男性の心理と理由について!

好き避けとは

「好き避け」とは、文字通り好きな相手のことを避けてしまう行為を指します。
小学校ではよく、低学年の男の子が好きな女の子に対していじめてしまうケースが見受けられます。逆に、女の子は好きな男の子に対して、緊張のために避けてしまう場合があります。このような行為が好き避けです。
ただし、好き避けは特別なことではありません。緊張してしまうのはごく当たり前のことで、好き避けをしてしまう人の心理を把握すれば、相手のことがよく分かるようになります。

どういう行為が好き避け?

では、どういう行為が「好き避け」に該当するのでしょうか。本当は自分の気持ちを素直に伝えたいと思っていても、意地を張って自分の好意を上手に伝えられない場合も当てはまります。
また、好き避けをしてしまう人は基本的に相手と目を合わせるのが苦手です。好きな異性の前だと、しっかり相手の顔を見て話すことができません。話したいと思っていても、頭の中で色々なことを考え過ぎてしまうため、結果的に下を向いてしまいます。
また、仮に好きな異性と会話を始めても、話を続けられない場合も好き避けの一つ。本当は楽しく話したいのに、好きな異性が身近にいるだけで緊張してしまい、普段通りに振る舞えなくなります。

気持ちがバレるのが怖い…

好き避けしてしまう場合の具体例としては、好きな人からせっかくメールが届いてもすぐに返せません。
本当はすぐに返事をしたい気持ちでいっぱいですが、「好きな気持ちがバレてしまわないか」と考えて返さない訳です。
例え会話が続きそうな時も、敢えて無視してしまったり既読スルーしてしまうことも少なくありません。

職場ではこんな好き避けも…

また、職場に好きな人がいる場合は、朝に挨拶をされても笑顔で挨拶を返すことができなかったり、短く挨拶するだけで足早に去ってしまったりすることも。
特に職場に好きな相手がいる場合、周囲からの視線を気にして素っ気ない態度を取ってしまいがちです。
好き避けをしてしまう人の中には、好きな異性にわざと憎まれ口を聞いてしまうことがあります。さらに、好きな異性と会話している際に、他の人を勧めてしまうことも。
本心ではないのに、「あなたには興味がないです」と思われてしまうことをしてしまうのです。

「好き避け」してしまう女性の心理

「好き避け」してしまう女性の心理としては、好意を相手に自分から伝えられない女性ほど、好き避けをするケースが多く見られます。
意中の異性への気持ちに「気づいて欲しい」からこそ、避けて気を引こうとする心理も。好き避けをする女性は基本的にシャイな性格なので、友達と会話する時のように「いつも通りの自分で話したい」と思っても、反対の感情が出てしまいます。

心の底では、好き避けしてしまう女性は好きな男性と上手く話したいと感じています。
しかし、好きな人を前にするとどうしても本当の気持ちを表現するのが恥ずかしいので、自分からは積極的に行動することができません。相手との会話を避ければ、相手が抱く自分の評価に変化はないので、少なくとも嫌われてしまう確率は下がります。

「好き避け」してしまう女性の心理

男性が好き避けをする時の心理は、自分では無意識に好き避けをしてしまっているケースが多いです。
意中の女性のことを考えてしまうあまり、自分の考えが上手くまとまらなくなって、結果として咄嗟に避けてしまいます。

女性としては「逃げないで自分に向き合って欲しい」と感じるかもしれませんが、男性はいつも強い訳ではありません。
男性は「強くて完璧な男でいたい」と考えているために、よく考えながら自分の理想像になろうとします。
しかし、これは自分自身に余裕がある場合にしかできません。意中の女性が目の前にいると、誰でも普段と比べて余裕がなくなります。すると、男性は理想的な自分を保つことが難しくなります。

気持ちの整理がつかないまま避けてしまう

考えが上手くまとまらないまま、好きな女性に近づいてしまうと、失敗した時のダメージも相当大きいはず。それなら、「ここは避けておこう」と瞬時に判断して、つい素っ気ない態度を取るのです。
忘れていけないのは、こんな行為は誰に対しても取る行動ではないことです。好き避けは、男性に余裕がなくなった時についしてしまう行動。何とも思っていない女性の前では、敢えて避けるということは一般的に起こりません。
逆に言えば、いつも自分のことを避ける男性がいるとすれば、それは脈ありでる可能性があります。

噂を利用する?好き避けへの対処法!

「好き避け」への対処法としては、噂を利用する方法があります。
例えば、気になっている男性がいるとしましょう。友人や職場であれば同僚に、その男性のことを自分が好きだと思っていることを伝えます。この時のポイントは、なるべく多くの人に伝えること。すると、その噂を聞いた人が本人に伝える可能性が高くなります。
一般的に、好意を寄せられていると感じると、人間はその相手に対して好意を感じると言われています。そのため、自分の気持ちを相手に知ってもらうことが第一歩になります。その後はしばらく様子を見ましょう。

あらかじめ準備することも重要!

また、好き避けをしてしまう人は、好きな相手の方から話かけてきた時のために、楽しく話せそうな話題を考えておいて、シミュレーションしておくのも一つの方法です。
こうすることで、好きな男性と会話する時も、よく話す友人と同じように話せる可能性がアップします。
また、話す際は二人きりよりも、友達や同僚などと大勢で会話することから始めましょう。そうすれば、自然体で相手と話すことができます。