【脳まで感じる】女性のオーガズムの種類を知ろう!

GLITTER編集部です。
人間の最高の快楽は、体で感じたものを脳でも感じることなんです!
最高のSEXは脳までをとろけさせてしまうんです♡
今回は、一般的なオーガズムの種類をご紹介します。体のオーガズムも脳のオーガズムもリラックスした状態から生まれる快感です。アナタの好奇心が心を絶頂に導きますよ☆

クリトリスオーガズム

オーガズム
いわゆる外イキと呼ばれるもので、クリトリスのオーガズムのことです。女性にとって、いちばんオーガズムを感じやすい部位です。男性のペニスと同じく、興奮や快感によおって赤く膨らみ勃起するのが特徴です。一人エッチで感じる人もいれば、パートナーのハンドやリップ、騎乗位などの体位によってなど、人によって感じ方はさまざまです。

Gスポットオーガズム

こちらは中イキと呼ばれるもので=ヴァギナのオーガズムです。いわゆるGスポットと呼ばれる、膣内に中指をいれて第二関節を曲げた当たりにある膨らみを指します。この部位を刺激できるタイプのラブトイや、自分のハンド、パートナーへのペニスやハンドなどで快感へ導きます。ただし映像の影響などによる高速ピストンで導くものではありません。

マルチプルオーガズム

オーガズムが連続的に体感できるのが、マルチプル・オーガズム。クリトリスやGスポットのどちらかで感じたあと、幾度も快感の波が押し寄せてくる状態になります。人によっては、体のどこが触られても敏感になる複数のオーガズムを連続で感じることができます。

サイマルタルニアスオーガズム

クリトリスとGスポットがともに快感に達したときに起こる同時オーガズムです。ハンド&リップ、ハンド&ペニス、ラブトイ&ペニスなどの組み合わせによるもので技術と経験、そして完璧なタイミングが必要だと言われます。このためのサポートを促すラブトイを活用しての探求を重ねる楽しみもあるそうです。

スワーディングオーガズム

1〜3のオーガズムに見られる反応(痙攣・鳥肌・発汗など)とは異なり、オーガズムを感じる前もしくは最中に尿道から液体が排出される現象(別名女の射精)を指します。俗に言う=潮ふきのことです。1〜4のようなハッキリした快感に比べると、派手なパフォーマンスだけが目立つとも経験者の感想はさまざまです。

オーガズム

まとめ

全てのオーガズムの指令を出すのは、脳の興奮です。
良いオーガズムは「心の抑制を解き放った結果」ともいわれます。米国のドキュメンタリー番組によると、体で感じるのではなく、五感から得る情報で脳に信号を送り、脳の興奮により体の神経細胞にGOサインを送るからです。つまり鍵を握るのはパートナーではなく「あなた自身のオーガズム」を考えることがまず必要ということ。セックスの目的は「イク=オーガズム」に限りませんが、心の抑制を解放したことで得るエクスタシーとすれば、オーガズムでストレスが減る、解消されるといわれるのもすごく納得しませんか?まずは、心身のリラックス後、ラブトイを使って自分だけのオーガズムを体験してみてはいかがですか?

ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
メル友も恋人も探しちゃおう~★
運命のお相手との出会いもきっとある
簡単無料登録