上手なキスには共通点があった!知らなきゃヤバいキスの秘訣!

パートナーの男性との仲がうまくいかないという悩みは多くあるでしょう。その原因は、キスにあるかもしれません。女性にとってキスは、男性からしてくるものというイメージが強いかもしれませんが、女性からしてみてもよいものです。
上手なキスをすることができれば、より親密な関係へと進むことができる可能性が広がります。上手なキスのテクニックやおすすめのシチュエーションについて紹介します。

テクニックその1 体を密着させる

キスは、唇と唇同士だけで行うものではありません。うまいキスをするためには、口や唇の動き以外にも、様々なテクニックを使用していくことが勧められます。そして、そのテクニックのひとつが、体を密着させるというものです。
キスの際、当たり前ですが、顔と顔が近づきます。しかし、キスは唇だけでするものではなく、その場の雰囲気から始まり、唇以外の体のふれあいによっても行うものです。

精神的な安心と興奮

キスの最中に密着していると、身体的な気持ちのよさも得られるうえに、精神的に安心でき、興奮へともつながります。キスをする際には、半歩でも前に踏み込んで、相手の体へと密着してみると、それだけで気持ちの良いキスになるでしょう。
また、安心感という観点からおすすめのキススポットは、家の中や家の近く、特に人目につかない場所などとなります。

テクニックその2 相手の気持ちを気にする

女性や男性といった性別にこだわらずに、嫌なキスというものがあります。それは、キスをしたときに嫌な味がしたというものです。キスは唇と唇で行うものです。当然ながら何らかの味を感じることになるでしょう。
そして、それは相手の口の味ということになります。

においで不衛生と判断されることも

もし、キスをしたときに、タバコのやに臭さを感じたり、きつい香辛料の香りがしたり、あるいはなんだかよくわからない味がしたとしたら、非常に不快であるばかりか、相手が不衛生であると感じる可能性が高いです。
ガムをかむという方法がありますが、あまりかみ過ぎるとガムの味というよりも、唾液の味になってしまうので、ほどほどにしなければなりません。また、甘い味のリキュールなどを飲んでもおいしいキスになるでしょう。

テクニックその3 呼吸を合わせる

キスのテクニックの代表としては、声を出したり、呼吸を合わせるということも挙げられます。キスは、唇の感覚や味覚ばかりで行うものではありません。体全体の感覚でもって行われるものです。そのため、キスの最中に漏れ出てしまったような声を出せば、聴覚から興奮を引き出すことが可能となります。喉の奥から響かせるように声を出すとよいでしょう。

相性は呼吸で測る

また、呼吸も大切です。キスのしやすさというものに、呼吸が合うかどうかというものがあります。キスの最中に荒い鼻息がかかるようでは台無しです。キスがうまくかみ合わなければ、次のキスをしたくなくなってしまいます。
相手の呼吸と合わせて、心地の良い、相性の良いキスをすることがひとつのテクニックです。

テクニックその4 舌を上手に動かす

キスのテクニックで大きな位置を占めるものが、舌の動きとなります。キスは唇同士を触れ合わせるものですが、もっと言えば舌でもって行うものです。この際、相手の舌の動きをただ受容しているだけの受け身の態勢では、相手もつまらなく感じてしまうでしょう。自分からも舌で積極的に相手を刺激することが興奮へとつながります。

ゆっくり、かつ大きく

しかし、ただ舌を動かせばよいというものでもありません。舌をチロチロと細かく動かしていると、蛇のような印象を与えるほか、くすぐったく感じる場合もあるようです。
舌を動かすのならば、ゆっくり、かつ大きく動かすのがポイントです。ゆっくり、大きな動きは相手をリラックスさせることにつながります。

テクニックその5 タイミングと駆け引き

キスをするうえで、唇や舌の動きといったテクニック、そして口の状態をおいしく保つこと、呼吸を合わせることも重要ですが、タイミングや駆け引きというものも大切になります。
キスをする雰囲気でもないのにいきなりキスをするということは、不意を衝くことにもなりますが、場合によって不快に感じるかもしれません。

じらすことも効果的

また、キスをする寸前の、唇と唇が触れるか触れないかといった場面で、なかなか唇をつけないでおくことや舌を絡ませるように見せて唇をなぞるなどといった行為は、相手を焦らし、精神的な興奮を引き出します。
そのようにして焦らされた後、ようやくキスをできたとなると満足感も大きくなるでしょう。夜景の美しい場所や落ち着ける公園などといったおすすめスポットで、試してみてもよいかもしれません。

最高のシチュエーション

気持ちの良いキス、印象的なキスをするためには、キスのテクニックというものも重要ですが、キスにいたるまでのシチュエーションも重要です。キスのシチュエーションにあこがれるのは女性ばかりではありません。男性にもキスをしたいシチュエーションというものがあります。それぞれ異なるので一概には言えませんが参考にはなるでしょう。

自然とキスをしたくなるシチュエーションとは

女性と同じように好むシチュエーションとしては、雰囲気の良い野外や女性がそれまでとは異なる意外な一面を見せてギャップを感じた時なども当てはまります。自然とキスをしたくなるシチュエーションです。
また、女性からのキスも男性にはあこがれのシチュエーションでもあります。帰り際にさりげなく、あるいは強引に女性からキスをすると、男性の方でもうれしいと感じる人が多いです。
いずれのシチュエーションであっても、男性は人目に付く場所でのキスは恥ずかしがることが多いでしょう。安心して落ち着けるキスのスポットを日ごろから探しておくとよいかもしれません。

キスひとつで関係良好へ

キスのうまい下手というものは、パートナーとの相性を図るための重要な判断材料です。キスの下手な人とはなるべく、付き合いたくないものです。
キスのテクニックとして、呼吸や密着度、あるいはシチュエーションなどを工夫するというものがあります。これらはすべてのパートナーに合致するわけではありませんが、キスのうまさだけで相手との関係を良好に保つこともできるので、好みを分析して頑張ってみてはいかがでしょうか。