ネガティブになる必要ナシ!高齢処女の魅力を解説

高齢処女という言葉、その現実にネガティブな印象を抱いているのであればそれは正しくありません。なぜなら何も悪いことではありませんし、むしろより良い人生を生きていく為の武器になり得るからです。
この記事では、そんな高齢処女の魅力やネガティブにならなくて良い理由を紹介していきます。考え方を少し変えるだけでも、道は開けてくるのです。

そもそも高齢処女とは

高齢処女とは、文字通りある程度の年齢を重ねたにも関わらず男性との性体験がゼロの女性を意味します。この場合の高齢は還暦ではなく30歳を超えた年齢です。
30歳なのに高齢という表現は妙かもしれませんが、女性は35歳頃から妊娠や出産が難しくなってくるので、妊娠や出産のリミットを迎えつつあるという点では高齢という表現も間違いではありません。

時代によって微妙に変化するニュアンス

ただ、高齢処女というのは国が定めたものではなく俗称のようなものです。なので明確な定義はなく、例えば40代での出産事例が今後増加するのであれば30歳の処女というのは全く不思議ではなくなります。時代の風潮によって微妙に意味合いが変わってくるのが高齢処女です。

高齢処女の原因とは

高齢処女になった原因は多岐に渡りますが、まず第一に挙げるとすると出会いの機会が乏しかったという点です。街に出れば多くの男女が歩いていますが、もちろんそれだけでは全く出会いになりません。時にはナンパという形でいきなり会話が発生することもありますが、それでも出会いというのは保証されたものではないです。

慌ただしく過ごしていたら…

そんな日常の中で、慌ただしく過ごしていたら何年も経過していた…というパターンで多くの高齢処女が増えていきます。婚活にほとんど時間を使うことなく、いつか良い出会いがあるだろうと根拠のない自信が根底にあると更に行動が抑制されてしまいます。時間は有限であるという事実を再確認したいですね。

貞操観念がしっかりしている

時間は戻せないので、高齢処女という現実がそこにあるのであればポジティブに受け入れるしかありません。まずアピールできるのはしっかりした貞操観念です。
結婚まで一度も男性を受け入れたことがないというのは、何らおかしなことではありません。メディアの大袈裟な表現によって、30歳を過ぎて処女なのは売れ残りなど過激な情報が日々あなたを苦しめるかもしれません。初めての男性経験が婚約者というのは、貞操観念がしっかりしているという紛れもない証拠です。
男性側も、初めて体を許してくれるという事実は名誉なことですし責任感も増します。逆を言えば、処女であることに嫌悪感を示す男性はその程度の器と判断しても間違いではありません。

仕事一筋で頑張ってきた

女性の社会進出はもはや当たり前になり、男性中心の仕事場でも女性が活躍するようになりました。一昔前と比べて確実に女性が働きやすい社会環境になっているので、恋愛そっちのけで仕事に打ち込むことは珍しくありません。
仕事が忙しいとなると夜遅くに帰宅となりますし、夜勤であれば更に他人と時間を合わせるのが難しくなります。第一線で活躍し続けるには休日も出勤したり、資格取得の為の勉強をするなど自己鍛錬は欠かせないです。
このような生活の中で恋愛をするのは、困難です。完全に不可能ではありませんが、仕事と恋愛を両立させることでエネルギーが消費されます。高齢処女という言葉で、これまでの頑張ってきた人生を否定しないようにしたいですね。

男性選びに失敗していない

若いうちに結婚して出産することが完全なる正解で、所謂人生の勝ち組ではありません。ずっと良い関係が続いていて、毎日幸せなのであれば良いですが、残念ながら約三組に一組は離婚しているのです。性格の不一致、不倫など離婚原因は様々ですが、バツがついてしまうのは決してポジティブに捉えられないです。離婚が、そのまま人生の終わりに繋がる訳ではありませんが子どもを別々に育てたり両親がいない悲しさを与えてしまいます。
その点では、高齢処女は全く経歴に傷がついていません。高齢処女よりも、バツが多ければ多いほど再婚も難しくなります。余計なストレスが無く、初めての結婚への希望だけが膨らむ毎日を過ごせます。

自立できている

女性の社会進出は当たり前になりましたが、それでも社会で活躍しているのは男性が中心です。結婚をすれば夫の扶養となり、家事に専念するかパートタイムで働くケースがほとんどです。
ただ、高齢処女の方は実家暮らしの場合を除いて正社員として働かないととても暮らしていけません。家賃や光熱費などが引かれると、アルバイトでは厳しいからです。正社員はより重たい仕事を担うので、良い仕事を続けないと信頼を勝ち取ることができません。このような状況で働き続けていられるのは、自立している証拠とも言えます。
実家に引き籠って高齢処女になってしまったのであれば改善点は多いですが、自立している状況での高齢処女は何ら憂うことはありません。

まとめ

高齢処女は価値ある女性です。もはや性体験は学生時代に約半数が済ませるものではありますが、他人は他人です。性体験の時期が早まれば早まるほど、高齢処女が希少な存在になると言えます。
近年、男性経験が多い女性も目立ちますが、男性目線で考えると複雑なものです。男女が交わるのは子どもを作る為であるという基本に立ち返ってみると、高齢処女は絶対に悪ではないと再確認できます。

ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
メル友も恋人も探しちゃおう~★
運命のお相手との出会いもきっとある
簡単無料登録